FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 連続増配株
バンガードETF

米国外での連続増配の効果はあるのか?バンガードの米国外連続増配株ETF(VIGI)を調べてみた

VIGI-check-20170304.jpg

先週バンガードのETFがバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)を筆頭に10本以上コストダウンとなりました。

関連記事:バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)や新興国株(VWO)、欧州株(VGK)も経費率を値下げへ

2015年2月に大手ネット証券で購入可能なETFの本数が大きく増えた後、新規ETFの大手ネット証券解禁的な大きな動きはありません。個人的に大手ネット証券でも取り扱い開始にならないかと注目しているバンガードのETFがちょうど運用開始から1年経過しました。

参考記事:日本でも購入できるようにしてほしい。Vanguardが米国外高配当系株 ETF を公開

Nasdaq International Dividend Achievers Select Index に連動し、クオリティと配当が高く、増配の意向が明らかになっている米国外株式 (新興国に含む) に完全法で投資します。コストは0.25%。※銘柄数は2017年2月時点で201。

※バンガードが販売開始後需要があると見たのか、iシェアーズも同じようなETFを設定しています。(関連記事:iSharesも米国外増配株ETFを公開)

NISA枠でバンガード米国増配株式ETF(VIG)に投資しているんですけど、米国外の連続増配株に関してボラティリティが低く指数を上回る効果があるんじゃないかと注目しています。

ちょうど運用開始から1年経過していいタイミングでVanguard International Dividend Appreciation ETF (VIGI)について国別、セクター別、構成上位企業10社等調べたことをまとめます。

スポンサードリンク
バンガードETF

日本でも購入できるようにしてほしい。Vanguardが米国外高配当系株 ETF を公開

Vanguard、米国外高配当株 ETF をローンチ

Vanguard International Dividend Appreciation ETF (VIGI)

Nasdaq International Dividend Achievers Select Index に連動し、クオリティと配当が高く、増配の意向が明らかになっている米国外株式 (新興国に含む) に完全法で投資します。コストは0.25%。

Vanguard International High Dividend Yield ETF (VYMI)

FTSE All-World ex US High Dividend Yield Index に連動し、配当利回りが平均より高い米国外株式 (新興国を含む) にサンプリング法で投資します。コストは0.30%。


元記事:Daily ETF Watch: Vanguard Debuts 2 Funds

Vanguard today is launching two ETFs that will target a space where it has not yet launched any funds—international dividend-paying equities. The Vanguard International Dividend Appreciation ETF (VIGI) and Vanguard International High Dividend Yield ETF (VYMI), as with most Vanguard ETFs, are both share classes of mutual funds; in this case, the mutual funds are being launched simultaneously.


ネットを徘徊しておりましたら上記の記事を発見いたしました。

Vanguardは米国関連のETFに関しては種類も豊富でiSharesを圧倒している感がありますが、逆に米国と日本(JDR)を除くとそれほど種類がないという印象ですね。欧州とか新興国とかざっくりとした単位のETFはありますけど。逆にiSharesは米国外の単体のETF(例:ロシアとか東南アジア各国)は揃っている印象です。

今回米国外(しかも新興国含む)の増配株と高配当株をアメリカで出すようです。ティッカーからしてVIG(米国連続増配株ETF)とVYM(米国高配当株ETF)の米国除く世界株式版のようです。

個人的には今後数十年と現状の経済状況を考慮してアメリカ中心の投資で問題ないと考えておりますが、仮にこれが買えるようになるとすればちょっとは買ってみたくなるものです。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。