fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 遠藤真美
米国株

ヘイミシュ・マクレイ著「2050年の世界」で予測されていた2050年のアメリカ

28280933_s.jpg

先週、ヘイミシュ・マクレイの「2050年の世界」について紹介しました。

欧州、とくに旧イギリス圏の記載は中々興味深い予測をしてる印象はありました。

で、個人的に気になったのはアメリカに関する指摘です。

こういう可能性があるという記載ではあるのですが、個人的に中国が伸び悩んだ場合に、よりアメリカ突き抜けるもありえるのかなと。

スポンサードリンク
投資関連本

ヘイミシュ・マクレイ著「2050年の世界」

The-world-in-2050.png

予測計の本はぶっ飛んだ本やら、書き手がハイテク関連の技術をちゃんと理解していない事例も見受けられますが、読んでいて面白い物が多いです。

そんな中、見た感じよさげと思いましてヘイミシュ・マクレイの「2050年の世界」を読みました。

著者のヘイミシュ・マクレイは英インディペンデント紙経済コメンテーターで、ガーディアン紙、インディペンデント紙の金融面エディターを歴任した人物です。

アメリカや中国、日本など大国の未来を予想している本は多い中、アフリカや南米、アジアの小国まで網羅していて、歴史とデータから俯瞰的に2050年を考えている一冊です。

個人的に印象に残った点は以下ですね。

スポンサードリンク
投資関連本

想定よりも世界の人口は増えない?「Slowdown 減速する素晴らしき世界」

24523582_s.jpg

ダニー・ドーリングの「Slowdown 減速する素晴らしき世界」を読みました。


タイトルに惹かれて読んだというのがありますが、実際のところどれだけ減速してるのか?

著者のダニー・ドーリングはオックスフォードハルフォード・マッキンダー地理学教授で、他にも著者がある人物です。

全般的に増加が止まっていたり、増加のスピードが落ちていたりと、人口の減少、出産数の減少など進歩発展の限界点を超えているので今後は減っていく時代に生きているという点を指摘しています。

やや強引な議論の部分もありますが、個人的に人口が思ったより増えないとなった場合にどうなるかを考える上で有意義な一冊だと思うんですね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。