FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: 野村
インデックスファンド

野村インデックスファンド・先進国ESG株式がFunds-iシリーズ最低レベルのコストで新規設定。確かに先進国ESG投資のパフォーマンスは好調ではある。

Funds-i-ESG.jpg

野村インデックスファンド・先進国ESG株式(愛称:Funds-i 先進国ESG株式)が、1/21に新規設定されました。

野村インデックスファンド・先進国ESG株式(愛称:Funds-i 先進国ESG株式)

信託報酬が年0.27%と外国株式のインデックスファンドだと0.5%台が並ぶ野村のFunds-iシリーズの中では頭抜けて安いコストになっています。

加えてeMAXIS Slimを意識したのか純資産500億円以上1000億円未満部分は年0.25%、1000億円以上の部分は年0.23%になっています。

ESG投資だからそうなったとも言えそうな気もしないこともないですが。

これをやるなら野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型あたりの資産規模がFunds-iシリーズの中でも大きいファンドのコストも多少は下げれないのか?とも思えてきます。

で、こういうファンドができるってことはESG投資が好調なのかということなのですが、確かに指数は上回ってるんですよね。

スポンサードリンク
国内ETF

今後の動向が気になる三菱UFJと野村の国内新規上場ETF

kokunaijyoujyouETF-20171221.jpg

国内上場ETFといいますと、出来高が少ないという問題がありますし、ブラックロックが上場した外国株のETFでも上場廃止になったりしています。

野村や三菱UFJも売買代金が増加しつつあるとはいえ、品揃えと流動性が課題とモーニングスターのセミナーでも言及していましたので、なかなかバンガードやiシェアーズなどの海外ETFのように普及していないのが現状です。

関連記事 >> 4年連続で参加となった六本木開催のモーニングスターETFカンファレンス2017

そんな中、モーニングスターのETFカンファレンスで野村と三菱UFJが、先週新たにETFを上場しました。

ETF名称銘柄コード経費率
(NEXT FUNDS)国内債券・NOMURA-BPI総合25100.0756%
(NEXT FUNDS)外国債券・シティ世界国債(除く日本・H無)25110.1296%
(NEXT FUNDS)外国債券・シティ世界国債(除く日本・H有)25120.1296%
(NEXT FUNDS)外国株式・MSCI-KOKUSAI(H無)25130.1836%
(NEXT FUNDS)外国株式・MSCI-KOKUSAI(H有)25140.1836%
(NEXT FUNDS)外国REIT・S&P先進国REIT(除く日本・H無)25150.1836%
MAXIS 日本株高配当70マーケットニュートラル14990.432%

野村と三菱UFJの国内上場ETFをなんとかしようという熱意は伝わってきました。野村のETFは経費率的にも既存のインデックスファンドよりも低コストです。

特に外国債券は低コストですし、ETFでの長期資産形成を目的にETFを上場してきた感がありました。また、1499の方は配当は欲しいが値動きが激しいのは嫌だという要望をくみ取ったものでした。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。