FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: AGG
海外ETF

iシェアーズやバンガードよりも低コストなSPDRの米国債券ETF(SPAB,SPTS,SPTL)

dollar-1974692_1920.jpg

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)からあらたに低コストのETFの取扱いが大手ネット証券でも始まったわけですが、株式ETFだけではなく債券のETFでもiシェアーズやバンガードのETFをコストで上回っています。

ステート・ストリート(SPDR)から超低コストETF18本が登場したので、iシェアーズやバンガードのETFとコストを比較してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ここ数年バンガードやiシェアーズの米国籍のETFで、新規取り扱いの開始がない状況が続いていますが、第3勢力的な立ち位置であったステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社(SSGA)が動いてきました。..


ただし、米国株のSPTMや米国外先進国株SPDWをバンガードのETFと比較してみましても、コストは安いく価格変動もほぼバンガードと同じとはいえるものの、資産規模や1日あたりの取引量は小さい点はネックとなりそうです。

SPDRの米国株(SPTM)や米国外先進国株(SPDW)をバンガードのETF(VTI、VEA)と比較してみました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

SPDR S&P500 ETF(ティッカー:SPY)などでおなじみのステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)からあらたに低コストのETFの取扱いが大手ネット証券でも始まりました。...


では、債券のETFはどうなっているのか?

コスト面で見ると米国社債ETFはバンガードとコストも同じなのですが、米国債券総合、米国短期国債、米国長期国債に関してはコストで上回っています。

ということで今回は以下のETFをiシェアーズやバンガードのETFと比較してみました。

  • SPDRポートフォリオ米国総合債券ETF(ティッカー:SPAB)
  • SPDRポートフォリオ米国短期国債ETF(ティッカー:SPTS)
  • SPDRポートフォリオ米国長期国債ETF(ティッカー:SPTL)

スポンサードリンク
海外ETF

株価が好調な今だからこそ、あえてリーマンショック時に強かったETFがないか探してみた

difensive-ETF-20171009.jpg

米国株も日本株も1か月前の北朝鮮情勢の緊迫がうそのように好調ですね。

指標的にみるとバブル的な感じはまだない状況ではあるのですが、このままバブル状態に突入の可能性はありそうな気配はあります。その前に大きな調整になるかもしれませんけど。

仮にその状態に陥った場合でも、全力株式投資で耐え忍ぶというのもありとは思うのですが、客先での説明でも出番まではきそうな状態で緊張しているチキンの私は耐えれないでしょうね。

私のような人間はやはり分散しておいた方が精神衛生上いいと考えます。

個人的には①株式で比較的ディフェンシブなものを組み入れて下落幅を下げることと、②逆相関で動くものを一部組み入れてクッションにするの2点をやって、堅固な城とまではいかないまでも塀を作って守備を固めておきたいです。

その意味で、過去のようにうまくいくとは限らないものの、リーマンショックの前後で①と②の役割ができてたETFがないか探しておいて損はないかと。

ということで、2007~2009年の間にS&P500比較で下落耐性および逆相関性のある海外ETFを探してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

2017年上半期アメリカにおけるETF流出入ランキングトップ10

rank-top10.png

上半期が終わったわけですが、JCOM加入後、次第に地上波のテレビ番組をスポーツ系以外の見る頻度が少なくなり、地上波のニュースもNHK以外みなくなりました。

そんな感じですので上半期のランキング的なものも全く触れないまま下半期に突入。全く気にならないのでこういうのが歳をとったということなんでしょうね。

昨日から福岡に出張しているわけなんですが、豪雨の被害があるためNHKは昨日もL字で被害状況や気象状況を出しているわけです。でも、他の局は避難勧告解除の速報は見ましたけど、それ以外は普通に番組流している。確かに受信料を払っているとはいえ、地元民放は何が求められているのかすらわからない状況見ますと、このままテレビ離れ(特に民放)が進むんじゃないかと思うものです。

さて、上半期のCDの売上やら映画の興行収入は気になりませんが、投資に関わることとなると自分の資産運用に関わってくるので重要なのでちゃんと調べております。

私の資産運用において海外ETFがコアの一つとなっておりますので、今回はアメリカにおける2017年上半期のETFの流出入ランキングを昨年同様見ていきたいと思います。

関連記事

アメリカにおける2016年上半期のETF流出入のランキングを見てみた
イギリスのEU離脱で揺れる時期にアメリカにおけるETF流出入のランキングを見てみた
アメリカにおける2016年ETF流出入ランキングトップ10

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。