fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: AT&T
米国株

ソフトバンクの決算で話題になっていたので、アメリカの携帯電話会社の株価を見てみた。

孫社長が語った「スプリント反転」は本当か

ソフトバンクグループは2月10日に2016年3月期第3四半期(2015年4~12月期。IFRSベース)決算を発表。当日の会見で、孫正義社長は傘下の米携帯大手スプリントが改善していることを強調し、「反転への兆しが見えてきた」と明るく語った。

孫社長が真っ先に挙げたのは、スプリントのEBITDA(税引き前利益に支払利息や減価償却費を足したもので、どれだけキャッシュを生み出しているかに着目した利益概念)の大きさだ。

連結ベースで1.9兆円のEBITDAのうち、最も貢献したのは国内通信の9302億円だが、スプリントは国内通信に次ぐ7448億円のEBITDAだったことを強調した。孫社長はスプリントについて、「これから稼ぎ頭の一つになる」とまで語っている。


ソフトバンクは決算があまり良くないんじゃないかと考えていたんですが、そういう報道ではないようです。むしろこれだけスプリントに強気ですと実際の株価はどうなっているのか気になるものです。

アメリカの携帯市場は以下の4社が主力のようです。

  • Verizon(VZ)
  • AT&T(T)
  • Sprint(S)
  • T-Mobile(TMUS)

この中でTMUSは2015年10月16日上場のようです。ということで、高配当株として有名なAT&T、Verizonと、スプリントを比較してみました。

スポンサードリンク
HDV

iシェアーズ米国高配当株ETF(HDV)定点観測 2016年1月

私のNISA枠使用の際に株式では肝になっております、iシェアーズ米国高配当株ETF(HDV:1598)。

以下のように過去数回構成上位企業やセクター別比率を見てきました。

高配当ETFの違いを調べてみよう
iシェアーズ 米国高配当株ETF(HDV)の構成銘柄変遷
HDVのポートフォリオに変更有?
iシェアーズ米国高配当株ETF(HDV)定点観測

昨年1月と7月に確認しておりましたが、ちょうど半年経過したので再度確認しようと思います。突然エネルギーセクターの比率が増えて昨年のパフォーマンスは今一つでしたし。

前回は以下の組入上位でしたが今はどうなっているのでしょうか?

XOM EXXON MOBIL CORP 8.59 エネルギー
T AT&T INC 7.15 電気通信
GE GENERAL ELECTRIC 6.56 資本財・サービス
VZ VERIZON COMMUNICATIONS INC 6.54 電気通信
JNJ JOHNSON & JOHNSON 6.15 ヘルスケア
CVX CHEVRON CORP 5.40 エネルギー
PG PROCTER & GAMBLE 5.38 生活必需品
PFE PFIZER INC 5.10 ヘルスケア
PM PHILIP MORRIS INTERNATIONAL INC 4.65 生活必需品
KO COCA-COLA 3.85 生活必需品
※2015年7月

スポンサードリンク
HDV

iシェアーズ 米国高配当株ETF(HDV)の構成銘柄変遷

私のNISA枠の中心となっているETFである、iシェアーズ 米国高配当株ETF(HDV)。

最近でも色々といじって検証したりしましたし、かつては経費率が0.4%→0.12%に下がったというのを記事にしました。

ETFでポートフォリオ錬成テスト
i シェアーズHigh Dividend ETF(HDV) まさかの経費率大幅値下げ

高配当という基準で財務の健全性が高く、かつ持続的に平均以上の配当を支払うことができると認められた銘柄をチョイスしてるところが魅力であります。その点に惹かれて投資してますけど、リーマンショックは経験してない点は注意すべき出る。

このETF、JDRとして国内市場でも買えるようになって、ちょうど1年が経過しました。正直税金面で不利がなければ定期積み立てをしてもよいと思っているのですけど、税金面の不利は否めないため国内の方は投資してません。

さて、最近は原油価格の下落でエネルギーセクターが影響を受けてます。高配当系にエネルギーセクターは多いですから構成銘柄上位の推移が気になりました。昨年11月ごろの上位10銘柄は以下の通りでした。

AT&T INC 8.87%
JOHNSON & JOHNSON 6.98%
CHEVRON CORP 6.73%
PFIZER INC 6.36%
PROCTER & GAMBLE CO/THE 6.25%
VERIZON COMMUNICATIONS INC 5.59%
PHILIP MORRIS INTERNATIONAL 5.18%
MERCK & CO. INC. 4.63%
INTEL CORP 4.32%
COCA-COLA CO/THE 3.99%
Total 58.91%

では、1年経った現状はどうなっていのでしょうか?

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。