関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: BLV
月次分配金歴

BNDでQII (Qualified Interest Income)の還付金がありました。2018年6月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

3,6,9,12月は株式ETFの分配金がある月ですので、SBI証券の分配金の報告書もPDFのページが増えます。

とはいえ6月の最終週前に妙にドルが増えているとなると何かあったのか?となります。

株式ETFの分配金は月末から7月頭に集中しているはずなので、ここまで増えるはずはないと思っていたら、外国源泉徴収税の還付金が発生していました。

バンガードの債券ETF(BND,BLV)でよくわからない分配金が出たのでなんなのか調べてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

だいたい毎月10日ぐらいに海外ETFで投資している以下の債券系ETFの分配金の報告書がSBI証券のサイト上で見ることができます。...

昨年夏に米国のQII(Qualified Interest Income)という税率調整の制度に基づく外国源泉徴収税の還付金があって昨年は2つのバンガードの債券ETF(BND,BLV)でありました。

今回はバンガード米国トータル債券市場ETF(ティッカー:BND)でした。例によって報告書の中ではNISAの各年度分とNISA口座外分の記載があって、かなりの量の報告書になってます。

予想外の分配金になりましたが、あったら悪い気持ちのないものです。将来のドルでの投資の資金として大切に使いたいと思います。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
バンガードETF

2018年夏のボーナス枠の投資を完了。VIG,VDC,VHT,BLVに投資しました。

VIG-VDC-VHT-BLV-20180625.jpg

先週はW杯で生活リズムがやや夜型に傾いたため、これをいい機会に夏のボーナス枠の投資を進めて、夏のボーナス分の投資はすべて完了しました。

夏のボーナスによる2018年NISA枠の投資をBNDで開始しました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

6月も1週目が終わりましてボーナスの支給も徐々にですが近づいてきています。...


2018年NISA枠で、HDVとLQDに投資しました。 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先々週、BNDを購入して2018年のNISA枠への投資を開始しましたが(2017年の余りを埋めようとして投資信託で5000円くらい使ってしまっていますw)、先週も2本ほどETFを購入しました。...

数日の違いはそこまで投資に影響はないかと思いますが、気休め程度に日を変えて投資しています。

NISA枠の5年目も半分以上を埋めたわけですが、税制的な優遇の恩恵の大きさを実感できるようになってきました。

ですので引き続きロールオーバーを行う予定ですが、来年からはNISA以外の部分を大きくしていくことになります。

NISAを埋めることを優先していたので、感覚的に麻痺している部分を直して行ければなと。順調にいくと来年には配当再投資行えるだけの総資産に達する可能性があるので、調整があった場合は投資できる体制を作れればなと。

とはいえいまの状況が続くならば、前のめりで投資をする時期ではないと考えますので、まずは投資用の資金を増やすことを優先していきたいです。

さて、先週購入したETFは以下の4本です。

スポンサードリンク
海外ETF

2018年夏のボーナスの投資計画を策定しました。

plan-NISA2018-20180610.jpg

先週、夏のボーナス枠の投資は債券ETFを多めにするという記事を書いたのですが、細部についてはまだ決めていなかったんですね。

夏のボーナス枠の投資は株式ETFよりも債券ETFを多めにします。 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

6月になりまして夏のボーナスが近くなってきました。景気の良さが実感できない的な記事をたま~にみかけるわけですけど、明らかに5年ぐらい前と違ってよくなっている実感があるのはサラリーマンだからなのでしょうかね?...


とりあえず買おうと思ってる対象の価格をメモして、Excelで口数を調整しながら詳細をじっくり考えました。

週初めの価格で考えていたら、投資対象のETFで2ドル上昇しているものもありましたけど、当初の計画は変えずに購入したいと思います。

投資対象のETFに関してはすでに投資しいているETFの中から選びました。

パワーシェアーズQQQナスダック100(ティッカー:QQQ)とか気になるETFは結構あるのですけど、1月末のピークを越えていないとはいえ好調な相場のなかで、投資していないETFに投資するタイミングではないかなと。

逆に大きな調整があった場合は思い切って投資をしたい対象はいくつかあるので、それまではこれまでの投資を継続したいと思います。

さて、債券と株式で投資する比率は異なるのでそれぞれまとめました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。