FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: BNDX
EXE-i(SBI)

全世界株式と全世界債券に投資するSBIグローバル・バランス・ファンドが設定へ。初期のポートフォリオの過去のパフォーマンスを調べてみた

SBI-global-balance-20180915.png

楽天証券が7月にバランス型ファンドを設定した後を追うようにSBI証券もバランス型ファンドを新規に設定します。

参考記事 >> SBIアセットから全世界株式+債券のバランスファンド登場。このタイプも競争激化か

昨年も楽天証券が楽天バンガードを発表したあとに、かぶせるようにSBI証券のEXE-iつみたて(現SBIインデックスファンド)を設定しましたので、完全に後手後手の印象を受けますが。

気になるのは7月に設定された楽天バンガードのバランスファンドの状況なんですよね。


rakuten-vanguard-balance-20180915.png

運用開始2ヶ月程度で資産規模が1億程度のレベルです。バランス型ファンドの需要もいきつくところまでいってる印象ですが。

日本でそれなりに知名度のあるバンガードがセミナーなんかでもオススメしていた株式と債券の配分のバランスファンドなんですけどね。

EXE-iつみたてシリーズはeMAXIS Slimシリーズに近い?SBI証券、EXE-iシリーズで新たに先進国株式のファンドを設定へ。 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

楽天バンガードから要望も大きかった米国高配当株式インデックス・ファンドが登場した際に、次に出てくるファンドは何か?という話になりました。...

販路の拡大がいまひとつ進んでいない印象がありますが、SBIインデックスファンドブランドとして競争激化しそうなバランス型ファンドに撃ってできたのは意外でした。

調べてみるとこのファンド、バランスの比率は変動させる方針ですのでちょっと他のファンドとは経路が異なる印象を持ちました。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガードがグローバル債券ETFを設定する模様

BND-BNDX-20180527.jpg

日本の大手ネット証券での海外ETFの取引量ベスト10を見ておりますと、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(ティッカー:VT)がとくに人気の印象です。

楽天証券とSBI証券の米国株式のランキングを見ると、ランキング外の企業に注目したくなる - 関東在住福岡人のまったり投資日記F

だいたい半年に1回のペースで投資関連のセミナーに参加しているわけですが、その中には証券会社の人気銘柄的なものが載った広告が入ってることが結構あります。...


ところがこれが米国だとVTって総資産額もそこまで大きくないですし、資金の流入でみても米国株、米国外先進国株、新興国株式のほうが多い状況が続いています。

2017年アメリカにおけるETF資金流出入ランキングトップ10 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

昨年は国内のインデックスファンドが大きくコストダウンし、新規ファンドも多く登場しましたが、一方で大手ネット証券の海外ETFの取り扱いが増えることはなかったですね。...


この傾向を見るとグローバルREITとかグローバル債券といったETFはつくられないんだろうなと考えていたのですが、バンガードがどうやらグローバル債券ETFをアメリカで申請したようです。

Vanguard、グローバル債券 ETF を申請

Vanguard Total World Bond ETF が申請されました。
Bloomberg Barclays Global Aggregate Float Adjusted Composite Index に連動し、世界中の債券に投資します。
が、実態は Vanguard Total Bond Market ETF (NYSEArca: BND) と Vanguard Total International Bond ETF (NasdaqGM: BNDX) を保有する ETF of ETFs です。 BND と BNDX の割合についての情報はありません。

日本ではVTが人気ですのでもしからしたら日本の大手ネット証券でも取り扱いは早いかもしれません。

米国債券ETFのBNDと米国外債券ETFのBNDXを保有するETFのようですけど、新興国が数%程度の組み入れですのでそれでグローバルなのか?という気もしますが・・

このニュースを見ていて思ったのですが、BNDXをポートフォリオに組み入れるとどの程度分散効果があるのだろうか?と気になりましたでの調べてみました。

スポンサードリンク
楽天バンガード

楽天・インデックス・バランス(DC年金)が新規設定されるので、世界の株式15%:債券85%のパフォーマンスを検証してみた

rakuten-vanguard-20180511.png

楽天・バンガード・ファンドに楽天・インデックス・バランス(DC年金)という全世界株式と全世界債券(15:85)のバランスファンドが登場するようです。

関連記事

楽天投信投資顧問、バンガード米国高配当株式ETF(VYM)に投資する楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドを新規設定へ
バンガードが投資信託の直販を検討中。バンガードがアメリカで販売している投資信託を調べてみました。

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド以来の新しいファンドです。

最近バンガードが投資信託の直販を検討中という話も出ているだけに、楽天・バンガード・ファンドの今後の動向が気になっている中で、新しいファンドを設定してきました。

楽天・インデックス・バランス(DC年金)はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(ティッカー:VT)を15%、アイルランド籍のバンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンドに85%投資するファンド・オブ・ファンズになります。

アイルランド籍のバンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンドは、日本を含む全世界の債券に円建で投資し、為替ヘッジありです。

信託報酬は税込みで0.2078%程度になります。

DC年金とありますので、いまのところiDeCo専用ファンドとなるんでしょうかね?

ともあれ、世界の株式15%:債券(為替ヘッジ)85%ってかなりディフェンシブやなという印象ですので、このポートフォリオだとパフォーマンスはどんなもんよ?ということで調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。