FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: CSCO
米国株

2017年ダウの犬投資法の投資対象10銘柄のパフォーマンスを調べてみた

daunoinu-170113.jpg

ダウの犬というNYダウ構成銘柄30種のうち、配当利回りが高い銘柄を10種類選んで投資する方法があります。

関連記事:ダウの犬について

2014年までのデータですが、2001年からの年間平均では犬が8.9%、ダウ平均が7.65、S&P500が7.25%。2014年1年間、2010年~2014年の区切りでも犬がダウ平均に勝っていました。ただし、暴落時は負けることもあります。

NYダウの構成銘柄は入れ替えがありますし、配当利回りが高い銘柄も毎年変わるわけですから、それでもダウ平均に勝っているというのは実に興味深いですね。

では、2016年の結果はどうだったかというと、ダウの犬は2016年+16.1%でNYダウよりもパフォーマンスが良かったようです。

参考記事:ダウの犬投資法の2016年のパフォーマンス

では、2016年のデータを基に2017年ダウの犬のポートフォリオに組み込まれる10銘柄はというと以下の通りです。


    ベライゾン VZ
    ファイザー PFE
    シェブロン CVX
    ボーイング BA
    シスコ CSCO
    コカコーラ KO
    IBM IBM
    エクソン・モービル XOM
    キャタピラー CAT
    メルク MRK

これらの企業の過去のパフォーマンスってどうなんだろということで、S&P500と比較してみました。

スポンサードリンク
米国株

バロンズが割安で増配も見込めると評価している米国企業10社の株価を調べてみた

barrons.png

1921年に創刊の週刊投資専門誌バロンズは金融市場や関係者へのインタビュー等の情報が載っているのですが、このバロンズはSBI証券の口座を持っていれば、バロンズが要約された「バロンズ拾い読み」を毎週見ることができます。他にも楽天証券やマネックス証券でも無料で見れるようです。

関連記事:2016年 米国投資のはじめ方 米国株式・ETFセミナーに行ってきました

編集されているのは4月のモーニングスターのセミナーのパネルディスカッションに出演されていた川田重信氏です。このセミナーに参加したおかげで、『バロンズ拾い読み』のことを初めて知りまして、今では毎週読んでいます。

そんなバロンズ拾い読みに興味深い記事が載っていました。タイトルは「The 10 Best Dividend Stoc 配当銘柄トップ10」で、セクター別に最高の配当成長が見込まれる銘柄に焦点を当てて10社選別しています。

この記事を読んでおりますと選別された10社とその株価はどうなっているのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。