FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: EIS
海外ETF

株式配当のある9月の配当再投資は、サテライト投資枠を利用することに決めました。

3598990_s.jpg

投資方針として6月と12月のボーナス月の投資金額が突出しているのを許容している状況ではありますが、そのせいで投資した後に2016年のイギリスEU離脱、2018年12月の株価急落喰らったということもありました。

そういう事象も含めて許容して投資をしているわけですが、配当再投資できるくらい金額が大きくなったのと、非常時のドルも貯めるだけ貯めれたというところまで来たので、株式ETFの配当のある3月と9月に配当再投資を行ってます。

今年の夏のボーナスがまさかの高評価で、夏枯れ相場になるようなら投資するかぐらいで構えてたら、株価は世界的に上がる上がる。

で、とうとうそのまま9月になってしまいました。

「Sell in May, and go away. Don’t come back until St Leger day.(5月に売って立ち去れ、セント・レジャー・デイ(9月第2土曜日)まで戻ってくるな)」なわけですが、セント・レジャー・デイ開催されるイギリスのセントレジャーステークス(日本の菊花賞的長距離レース)は今年9/12開催でもう来週。

確かに秋口から年末にかけて株価は上がることが多いのですけど、今年はアメリカ大統領選挙があるので不確定要素ありという印象もあります。

個人的には12月くらいまで様子を見たいので、株式配当のある9月の配当再投資は、サテライト投資枠を利用することに決めました。

スポンサードリンク
海外ETF

年代別で見ると日本株、米国株、新興国株と違って50年以上日の目を見てない欧州株

europe-63026_1920.jpg

5月と比べて7月は仕事面でのストレスが相当たまってはいるんですけど、それでもメンタル的になんとかなってるのは、個人的に趣味の1つのスポーツ観戦が行えるっていうのが大きいかなと思ってます。

日本国内だけでなく、F1や欧州サッカーといったところも正常化しつつあるのもいいですね。

シーズンが打ち切りになったリーグも来シーズンは開始できそうな情勢ですし。

あらためてスポーツ界にとって欧州は大きいと思うのですが、こと株式で見るとピクテが出してた以下のtweet見ると直近50年で日の目を見ておりません。

もちろんドイツとかイギリスって国単位で見るといい時代もあるかもしれませんが。

こういうデータを見ますと、ひねくれ者なわたしは逆張りをしたくなりますし、米国外の先進国は評価が低いものの、日本株や欧州株も捨てたもんじゃないと考えてます。

スポンサードリンク
海外ETF

サテライト枠でスイス株ETFのEWL、イスラエル株ETFのEISに投資しました。

view-1844110_1920.jpg

いよいよ夏のボーナスまでカウントダウンが始まりました。

自分の会社の業績も警戒はしていましたが、少なくとも2019年度の後半は問題なさそうですので、一安心といったところです。

で、今回の投資はサテライト枠という名の実験的に自分の気になる投資対象の枠を拡大しています。

2020夏のボーナスの株式部分はVIG:HDV:サテライト枠=1:1:1で米国外の比率を高めます - 関東在住福岡人のまったり投資日記

コロナショックの影響でボーナスや会社業績にどれだけ影響でるか?というのは先月中旬から先週にかけて注意深く見守っておりましたが、前年比較の4月度の業績では想像していたよりも軽そうという印象。...

先週VIG分は投資しちゃいましたが、サテライト枠もぼちぼち投資してます。

ということでアメリカ以外の国で期待している以下の2カ国のETFに投資しました。

    iシェアーズMSCIスイスETF(ティッカー:EWL)
    iシェアーズMSCIイスラエルETF(ティッカー:EIS)

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。