FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のみそじ~福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: GAFA
投資関連本

年末年始の読書に推奨したい、2018年下半期オススメ本10選

library-2616960_1920.jpg

2018年も下半期は残業時間の延びて繁忙だなぁと感じているのですが、図書館でもそれなりに本を借りているせいか読んだ冊数はかなり伸びました。

上半期で60冊超えでしたが、年末の帰省時の読書分を含めずに年間では130冊超えてます。

ブログに紹介してるものはまともと思う本ですが、なかには酷いなと思う本もあるんでしょね。

さすがにそういうのはブログには載せない主義です。とくに陰謀論的なものとか酷いモノありますし、科学的な検証がおざなりな本がダイヤモンド社などの経済雑誌の会社からもでてますからね。

基本は歴史、経済、テクノロジー系を好みますが、下半期は割と投資・経済関連が中心とはいえ他のジャンルも扱えたかなと思ってます。

2018年上半期に読んだ本の中でオススメの10冊を紹介するよ - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2018年上半期もあっという間に終わってしまい今週から下半期となります。歳をとったせいか最近は時間が経つのが早い気もしますが、個人的には体調の悪さに足を引っ張られた半年だったかなという印象。...

下半期は70冊程度読みましたが、その中から特によかった10冊を紹介します。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

GAFA以後の世界で生き残るための武器で重要なのは、「好奇心」と「平均回帰」ではないかと思う

medieval-1753740_1920.jpg

3連休中にマイクロソフト関連の本を読んでいたのですが、マイクロソフトが実施している働き方改革のアップデート版みたいな内容が書かれてたんですね。

これを読むと会社の評価や働き方はどんどん変わっていく流れであることは間違いなく、適応するのも結構大変じゃなかろうかという印象を持ちました。

まぁ、可能であるならばさっさと仕事なんかやめてセミリタイアしたいものですが、それは現実的ではないわけで。

セミリタイアしたいといっても現実的に考えて、あと10年はいやいやながらも働かなければならない想定ぐらいでいたほうがよいかと思います。

そのヒントになる項目としてはGAFAの10章に書かれていたことが参考になるかと思います。

GAFAに続く5番目の騎士となりそうな米国企業はどこか? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

Google、Apple、Facebook、AmazonのGAFAを4騎士に見立てた「GAFA 4騎士が創り変えた世界」を読みましたが、本の中では各社のリスクについても言及されています。とはいえ4社のなかでもAmazonはリスクが小さいんじゃないかという印象を持ちましたが。...

著者のスコット・ギャロウェイ氏はこれまで9社ほど起業していて起業家マインドが強く、自身も30代までに最初の結婚、髪、20代は犠牲にしたと書いてます。

とはいえむしろその20代の反省も含めて、大学生含めた20代向けにGAFA以後の世界で生き残るための武器としてあげられている項目は、30代以降でも耳を傾ける必要があるんじゃないかと。

スポンサードリンク
米国株

GAFAに続く5番目の騎士候補のNVIDIAと半導体メーカーの相関性を調べてみた

nvidia-GPU-20180912.jpg

先日GAFAに続く5番の騎士となりそうな米国企業はどこ?ということで、GAFAに取り上げられてる企業を中心に見ていきました。

GAFAに続く5番目の騎士となりそうな米国企業はどこか? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

Google、Apple、Facebook、AmazonのGAFAを4騎士に見立てた「GAFA 4騎士が創り変えた世界」を読みましたが、本の中では各社のリスクについても言及されています。とはいえ4社のなかでもAmazonはリスクが小さいんじゃないかという印象を持ちましたが。...

現実的にはマイクロソフトが5番目の騎士だと思いますが、どういうわけかGAFAの著者が入れてなかったNVIDIAも可能性があるのではないかと書きました。

twitterで以下のように回答したりしたんですけど、CPUよりも分散して計算処理できる(何十億という信号の並列処理が可能)ので、自動運転の車に搭載したりAI関連向きという話になります。

大学時代から研究やらでこのジャンルを追っかけたので、投資しておけよという話ではありますが・・


とはいえ半導体関連の企業を深く分析したり、株式を買ったりしているわけでもないですので、ちょうどいい機会なので他の半導体メーカーとの相関性とか調べてみようかなと。

というこでNVIDIAと他の半導体メーカーの株価の相関性や、半導体市場について調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。