fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: GAFA
米国株

GAFAはインテル製品を脱して半導体チップやスーパーコンピューターを自主開発するようになりつつある

4053580_s.jpg

個人的に半導体関連の動向は学生時代にちょっと嚙んだことがあってアンテナを張り続けています。

で、そんな中興味深い記事を先週読みました。

AI×スパコン GoogleやMicrosoftが先手: 日本経済新聞

米グーグルや米マイクロソフトは人工知能(AI)の計算に特化した高性能のスーパーコンピューターの自社開発に乗り出した。最先端のAIの研究などに活用するのが目的だ。クラウドを通じて外部企業にも技術を提供する。日本の「富岳(ふがく)」が性能で世界首位になるなど国家の科学技術力の象徴だったスパコンだが、米テック企業が急速に存在感を高めている。「グーグルにとって最速のシステムで、歴史上のマイルストーンだ


国家の科学技術力の象徴だったスパコンをアメリカのハイテク企業が力入れ始めてるという話です。

ちょうどこのタイミングで「スパコン富岳」後の日本でもその内容は触れられていて、AI処理用の独自プロセッサ開発に励んでいる動向が書かれていました。


これまでの基本としては研究機関や大学がスーパーコンピューターを設置し、民間企業はそれを必要に応じて活用する立場。このため民間が多額の費用を投じて自社で整備するハードルは高かった。

ところがAIが出てきて、従来の計算よりもAIの開発に膨大な計算が必要になってしまって、毎年の予算を基に開発を進める国のスパコンでは足元の技術スピードに追いつかなくなってきたわけです。

AIブームが起きた12年以降、最新の成果を出すためにAIの学習に必要な計算量は3~4カ月ごとに2倍になっているので、それに対処する必要がGAFA側にも出てきたということなんですね。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

アップルの米国債や社債の保有額は10年前の7倍。無形資産が金利を下押ししている?

4379479_s.jpg

株価が好調なのでリバランスをどうしようかと考えているのですが、株式以外だとREITを除けばどうも割高に見えていて、色々と投資や経済関連の本を読みながら考えを練っています。

その中で「NEO ECONOMY(ネオエコノミー)」に書かれていた部分は非常に気になりました。


内容としては3章の「姿なき富を探る」に書かれてあった売上高7割を5社で取る勝者総取りの状況が金利を下押ししているという点ですね。

結局勝者総取り側にいるデジタル企業は、知識や人材をかき集めて、未上場企業などへの出資は多い反面、向上など巨額の設備投資とは縁遠く手元に資金が積み上がる訳です。

で、その資金でどうなるかというと巡り巡って金利を下押ししているのではないかと。

スポンサードリンク
米国株

ビッグテックがオフショア口座で管理している1兆ドルの企業貯蓄の4割は社債だった

2115341_s.jpg

わたしのポートフォリオは債券の比率が他の人と比べて高めですし、債券も細かくわけていて米国長期債や米国の適格社債にもそれなりの比率を投資してます。

ただ、適格社債に関してはここ2年くらい比率減らして今年は投資してません。

その理由は以下のグラフでして、格付BBBの適格社債でも低めの格付けの発行規模は拡大を続けてる状況。
c0b51591fe65ef6d9b0bc2bfcdd4cc39.png
流石にちょっと不気味だと思いますし、債券のコアになってるBNDといったETFも社債込みですから減らしていってます。

個人的にこの動向は気にしているのですが、「邪悪に堕ちたGAFA ビッグテックは素晴らしい理念と私たちを裏切った」を読んでいて社債とはあまり関係なさそうなGAFAに関しての記載が気になりました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。