FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: HDV
海外ETF

HDVに多めに投資しようかと考えたけど、結局VIGと均等に買うことに決めました。

men-1276384_1920.jpg

今月は半期に一度の大きく投資する月になりますが、大まかな投資方針は昨日記事にしたとおり決めました。

株価は最高値更新、他の資産も割高な状況下での2020年冬のボーナス枠の投資 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ようやく繁忙期を抜けた感じがしてきて、来週からめでたく残業規制となりました。今年既に2回目なのですが、一番働いた月より若干下回ったので強制年休発生まではいきませんでした。...

ただ、細かいところまで詰めれてないのは株式の部分。

個人的に株式部分のコアにしてるのは以下の2本のETF。

    iシェアーズ・コア米国高配当株 ETF(ティッカー:HDV)
    バンガード米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)

このうちVIGは1年前から+16%以上でS&P500と遜色なく上昇しているのに対して、HDVは1年前を越えていない状況。

競馬のオッズを毎週見てる人間からするとHDV多めもありなんじゃないかと思えてきて仕方ないのですが、HDVの中身見るとシェブロン&エクソンモービルは相変わらず比率高いとかネックな面もある。

両方とも愛着のあるETFですのでどうしようか迷ったんですが、結論は偏らない方がいいのかなと。

スポンサードリンク
月次分配金歴

HDV、VIGといったポートフォリオのコア部分に減配の影響はほぼ見られない。2020年9月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

株式ETFの配当があるので、いつもよりも配当収入が多い3ヶ月1回の月にあたるわけですが、色々とETFによって傾向があったりします。

例えばバンガードの株式ETFは3月9月よりも6月12月の分配金の方が多くなる傾向がありますし。

そして、自分が所有しているETFで傾向がありそうなのはiシェアーズの株式ETF。IEMGとかはそこまでないんですが、権利落ち日が何故か3月9月は6月12月より月末に近い(HDVは9/22昼時点で権利落ち日表示されておらず)。
HDV-dividend-date-20200922.png
MTUMやグローバルREITのREETも同じ傾向なんですよね。

暦の関係もあるのでしょうけど、不思議だなと。

ただ、考え方によっては12月の年末は権利落ち日が早いほど、年内に収まりますので確定申告とかを考えるとありがたいともいえます。

SBI証券は報告書でなんとかなりますけど、サクソバンク証券は色々と面倒なのが今年経験済ですからねぇ。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
海外ETF

減配したSPYDの組入れ上位10社を、同じ米国高配当株のVYMやHDVと比較すると、投資する気にはならない

SPYD-HDV-VYM-20200920.jpg

米国高配当株ETFの中で後発になるSPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(ティッカー:SPYD)の人気が高いらしく、とくに20代30代とかでも米国上場ETFの中で人気なようです。

そんなSPYDが減配になったとの話題をtwitterで昨日あたりはよく見かけたのですが、そらそうなるよなと思いますし、個人的に投資する気にならなかった懸念事項が顕在化した感があります。

米国高配当株はここ数年不調で、前年同期比だとバンガードのVYMも9月は配当減ってはいますけど、2019年の推移と見るとそこまで変わりない状況です。というかETFに減配というのもなんかおかしな気もしますが。

VYM-dividend-20200920.png
バンガードほど分散して折らず、均等に投資してるのが影響が出たのもあるでしょうし、ronaldreadさんの以下の指摘は一理あるとは思います(ただし、銘柄入替えが激しいと上昇している株を入れ替えてしまうリスクあり)。

一時的に悪い可能性もあると思うので、一概にこの後ダメだとはいいませんが、個人的な意見として同じ米国高配当株ETFのVYMやHDVと組入れ上位10社を見比べるととても投資をする気にはなれないんですよね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。