関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: MSFT
米国株

グロース株が好調なので、ハイテク企業のITバブル前後の株価をあえて調べてみた

ITbubble-20171114.jpg

バリュー株とグロース株の議論で、実際のところITバブルやリーマンショックの前はどういう状況だったのかということで、バリュー株とグロース株の状況を見ました。

関連記事 >> グロース株>バリュー株の状況は何かの予兆なのか?ITバブルやリーマンショック時の状況と比較

ITバブルの前はグロース>S&P500>バリューという感じでしたが、リーマンショック前はバリュー>S&P500>グロースという順番のパフォーマンスでした。

調べていて、現状はグロース株がバリュー株よりもパフォーマンスがいい状況ですので、ITバブル前の状況に近い感じはしましたね。

ITバブルの再現はなかなかないとは思いますが、ハイテク株が大きく上昇している状況では、ITバブル時ほどではないものの大きな下落があるかもしれませんので、ハイテク株のITバブル時の値動きを今回は調べてみました。

確認対象としては情報技術セクターの主要銘柄とAmazonの以下の5社です。


    Amazon(AMZN)
    インテル(INTL)
    マイクロソフト(MSFT)
    アップル(APPL)
    シスコ(CSCO)

ITバブル発生の2000年から2004年までの5年の各企業の株価を調べてみました。

スポンサードリンク
米国株

好調な米国株のバリュー株銘柄について確認してみた

beikokukabu-value-20171015.jpg

週が明けて、定数が10削減された衆議院選挙でも自民公明与党で3分の2を占めるという結果になりましたので、日経平均も大きく上昇しました。

15連騰とか16連騰とかになってますね。連騰と聞くと連投に置き換わり、酷使で数回故障してフェードアウトしていった中継ぎピッチャーが思い浮かぶものです(例:篠原、岡本)。

さて、アメリカも同様に好調で、欧州も経済指標が好調に転じてきておりますが、じゃあこの状況下で割安なバリュー株もパフォーマンスってどうなのかと気になりました。

関連記事 >> NYダウが最高値更新中のこの時期に米国バリュー株ETF(VTV)をグロース株ETFと比較してみた

先日はバンガードのバリュー株ETFであるVTVの現状について確認しました。

CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックスに連動するETFですので、構成上位の銘柄=バリュー株といっていいでしょう。

現状の構成上位10社の銘柄は以下の通りです。


    マイクロソフト(MSFT)
    ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
    エクソン・モービル(XOM)
    バークシャー・ハサウェイ(BRK.A)
    JPモルガン(JPM)
    ウェルズ・ファーゴ(WFC)
    バンク・オブ・アメリカ(BAC)
    AT&T(T)
    P&G(PG)
    ゼネラル・エレクトリック(GE)

昨年と比較すると、ベライゾンがバンク・オブ・アメリカと入れ替わっています。

昨年の記事 >> バンガードのバリュー株ETF(VTV)構成上位10社の値動きについて調べてみた

では、現状はどうなのかS&P500と上位銘柄を比較してみました。

スポンサードリンク
米国株

ひふみ投信が投資した米国株はAmazonとマイクロソフトだった

hifumi-beikokukabu-20170706.jpg

先週、ひふみ投信が米国株への投資を開始したと記事に書きましたが、ひふみ投信の運用レポートの動画が公開されて投資した2銘柄が明らかになりました。

参考動画:ひふみアカデミー

関連記事:ひふみ投信が米国株への投資を開始。大きな転換点となりそう。

組入れ銘柄はまだ公表されていないようですが、これが米国大型株なのか、日本同様中小型株なのかは気になるところです。6月に買ったということはGoogleとかAmazonの可能性もありそうです。


ハイテク株が下がった直後だったのでGoogleとかAmazonじゃないかと予想しましたが、アマゾン(AMZN)は当たってました。そしてもう一つはハイテク株に分類されるとはいえちょっと意外なマイクロソフト(MSFT)でした。

それぞれ理由が割と明確で、Amazonは日本のECと比較しても競争力が強く、マイクロソフトに関してはGoogleなどと比較してつまらない会社に見えるがクラウド化等で他を追い上げているからだそうです。納得できる理由ではないでしょうかね?

気になったので2社(Amazon、マイクロソフト)の直近の株価を調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。