fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: QCOM
米国株

GAFAに続く5番目の騎士候補のNVIDIAと半導体メーカーの相関性を調べてみた

nvidia-GPU-20180912.jpg

先日GAFAに続く5番の騎士となりそうな米国企業はどこ?ということで、GAFAに取り上げられてる企業を中心に見ていきました。

GAFAに続く5番目の騎士となりそうな米国企業はどこか? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

Google、Apple、Facebook、AmazonのGAFAを4騎士に見立てた「GAFA 4騎士が創り変えた世界」を読みましたが、本の中では各社のリスクについても言及されています。とはいえ4社のなかでもAmazonはリスクが小さいんじゃないかという印象を持ちましたが。...

現実的にはマイクロソフトが5番目の騎士だと思いますが、どういうわけかGAFAの著者が入れてなかったNVIDIAも可能性があるのではないかと書きました。

twitterで以下のように回答したりしたんですけど、CPUよりも分散して計算処理できる(何十億という信号の並列処理が可能)ので、自動運転の車に搭載したりAI関連向きという話になります。

大学時代から研究やらでこのジャンルを追っかけたので、投資しておけよという話ではありますが・・


とはいえ半導体関連の企業を深く分析したり、株式を買ったりしているわけでもないですので、ちょうどいい機会なので他の半導体メーカーとの相関性とか調べてみようかなと。

というこでNVIDIAと他の半導体メーカーの株価の相関性や、半導体市場について調べてみました。

スポンサードリンク
米国株

バロンズが割安で増配も見込めると評価している米国企業10社の株価を調べてみた

barrons.png

1921年に創刊の週刊投資専門誌バロンズは金融市場や関係者へのインタビュー等の情報が載っているのですが、このバロンズはSBI証券の口座を持っていれば、バロンズが要約された「バロンズ拾い読み」を毎週見ることができます。他にも楽天証券やマネックス証券でも無料で見れるようです。

関連記事:2016年 米国投資のはじめ方 米国株式・ETFセミナーに行ってきました

編集されているのは4月のモーニングスターのセミナーのパネルディスカッションに出演されていた川田重信氏です。このセミナーに参加したおかげで、『バロンズ拾い読み』のことを初めて知りまして、今では毎週読んでいます。

そんなバロンズ拾い読みに興味深い記事が載っていました。タイトルは「The 10 Best Dividend Stoc 配当銘柄トップ10」で、セクター別に最高の配当成長が見込まれる銘柄に焦点を当てて10社選別しています。

この記事を読んでおりますと選別された10社とその株価はどうなっているのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。