FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: QQQ
海外ETF

直近1カ月のアメリカ市場のETFの流出入を調べてみたが、バリュー株とグロース株の潮目が変わりつつあるように見える

4086545_m.jpg

国内でコロナの感染者数が増えていますが、同時にワクチンの有効性に関してポジティブなニュースが複数でてきているので株価も下がらない状況です。

そんな中、コロナショック後、QQQとかが牽引してきた状況とはちょっと変わってきてるような印象を持ったんですね。

アメリカの上場ETFの流出流入のランキングを見ているのですが、過去1年で見ると金(GLD)やNASDAQ(QQQ)は流入でトップ10に入ってます。

top10-creations-1y-20201121.png
新興国株式(EEM,VWO)や日本株(EWJ)の流出が目立っています。

ただ、これを半年や直近1カ月もどうなのかと調べてみたのですが、ちょっと傾向が変わってきていないか?と思えるんですね。

スポンサードリンク
海外ETF

2020年上半期の米国市場のETFの動向を見ると、適格社債(LQD)や金(GLD)が目立つが流入トップはVOO

2431387_s.jpg

相場が冴えないといろいろと状況を整理したいということで、上半期はETFの流出入を見る機会も多かったのですが、ひとまず7月になったので一区切りで今年の前半をまとめてみようかなと。

ということで半期に1回の米国市場のETFの流出入の動向を整理しました。

2019年の米国市場のETFの動向見ると、債券ETFや低ボラティリティETF(USMV)に資金が流入していて強気相場には思えない - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2019年の年間パフォーマンスは年末から言われておりますが、株式や債券だけでなくREITや金、コモディティまで上昇する珍しい状況だったと思います。その中で、さすがに2020年になってなにかしらの資産は下がるんじゃないかと。...

3月から月1で見てきましたが、4月以降は米国の社債ETFや原油ETFへの流入が目立っていました。

また、債券ETFはかなり割高なレベルまで最高値を更新していて、NASDAQ100指数のQQQは絶好調だったという印象です。

ところが2020年上半期の流入を見てみるとトップは意外にも、4月~5月上位に顔を出さなかったVOOでした。

スポンサードリンク
海外ETF

直近1ヶ月の米国市場ではQQQ(NASDAQ100)に資金が流入しているが、それ以外で流入が目立っているのは債券ETFばかり

dollar-1362243_1920.jpg

ナスダック総合指数が10000ポイントの節目を突破したわけですが、NASDAQ指数を構成するFANGなどの企業の株価も好調な傾向が続いています。

先月、米国市場でのETFの動向を調べましたが、NASDAQのヘルスケアへの資金の流入が目立っていました。

直近1ヶ月の米国市場のETFの動向を調べてみたが、4月とは異なりヘルスケア(XLV)への流入、新興国株からの流出が目立つ - 関東在住福岡人のまったり投資日記

NYダウの最高値が2/12ですからそこから3ヶ月近くが経過しました。コロナに関しては韓国や台湾だけでなく日本も含めて東アジアでは収束傾向が見られますので、ここから経済が再開される過程においてどれだけ影響が顕在化してくるかが今後の鍵となるでしょうね。...

NASDAQの好調な状況が1ヶ月経っても好調なまま6月になりましたが、米国市場の動向はどう変化したのか?

ということで直近1ヶ月の動向と、NYダウが最高値つけた後からの4カ月の米国市場のETFの動向をまとめてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。