fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: SBIアセットマネジメント
海外ETF

SBI・i シェアーズ・インド株式インデックス・ファンドが設定されるが、インドはBRICSの中ではまともだがネックもある

27364692_s.jpg

SBIアセットマネジメントが9/22に国内最安の信託報酬のインド株式インデックスファンド「SBI・i シェアーズ・インド株式インデ
ックス・ファンド『愛称:サクっとインド株式』」を設定します。
国内最安の信託報酬のインド株式インデックスファンドの募集・設定のお知らせ
代表取締役社長がインデックスファンドが低コストになるまでETFで投資する本を多数出してた前モーニングスターの朝倉氏になってるので、こういうETFに投資するファンド増えてくんだろうなと思いますね。

ブルームバーグの記事では長期債のファンドも記事になってましたし。

気になる点があるとすれば、主要投資対象 (ティッカー)がi シェアーズ・コアS&P BSE SENSEX インディア ETF(9836.HK)になってて、このご時世に香港上場ETFという点ですが(インド株ETFはそれなりにありますし)。

で、インドに関しては当然新興国の中で有望という認識は変わらないのですけど、ネックはあると考えてるんですね。

スポンサードリンク
EXE-i(SBI)

SBIのETFに投資するファンドはバンガードだけでなくiシェアーズも?SBI・i シェアーズ・米国バランス(2資産均等型)(愛称:まるっと米国)が設定へ

22812156_s.jpg

EXE-iシリーズから始まったSBIのETFに投資するインデックスファンドですが、ここのところはSBI・Vシリーズと銘打って、バンガードのETF一本に投資するファンドを設定するようになっていました。

雪だるま(全世界株式)に競合しているが、SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(SBI・V・全世界株式)が新規設定 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2年前コロナが問題化する前に六本木開催のSBIアセットマネジメント ブロガー交流会に参加したのですが、その時既存のファンド含めて再編とかもやるのかなぁという印象を持ってました。...

ところが昨日以下のプレリリースが出ていました。

「SBI・i シェアーズ・米国バランス(2 資産均等型)(愛称:まるっと米国)」募集のお知らせ

なんとブラックロックのiシェアーズシリーズに投資するファンドを来月設定するようです。

SBI・Vシリーズに対応しないので、SBI・iシェアーズという名称がついています。

しかも、バンガードのETFに投資するファンドと違って、米国債と米国株に均等に投資をするバランス・ファンドで、このタイプは国内公募投資信託の設定では国内初だそうです。

実質的な負担年 0.0978%~年 0.0998%程度らしいので、バランス型ファンドで0.1%切ってるのは多分ないでしょう。

こういうところに目をつけてきたのかという感じがします。

ただ、これを見て2点考えたことがあるんですよね。

スポンサードリンク
EXE-i(SBI)

雪だるま(全世界株式)に競合しているが、SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(SBI・V・全世界株式)が新規設定

22786764_s.jpg

2年前コロナが問題化する前に六本木開催のSBIアセットマネジメント ブロガー交流会に参加したのですが、その時既存のファンド含めて再編とかもやるのかなぁという印象を持ってました。

六本木開催のSBIアセットマネジメント ブロガー交流会に参加してきました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

SBIアセットマネジメントがSBI・バンガード・S&P500販売記念に、eMAXISシリーズの三菱UFJ国際投信と同様のブロガー交流会を開催ということで、年末に参加者の募集をしてました。ダメ元で申し込んだら当選してしました(抽選だった模様)。...

そしたらこの度SBIアセットマネジメントが「SBI・Vシリーズ」全体の純資産残高が5,000億円を突破の発表と同時に来年1月にSBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(SBI・V・全世界株式)が新規設定することを発表しました。

「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:SBI・V・全世界株式)」募集開始のお知らせ
新たに「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」の募集開始のお知らせ

SBIアセットマネジメントが先行して順調に総資産が増えている雪だるま(全世界株式)と投資対象が丸被りですけど、SBI・バンガードシリーズとしてVTが競合上等で追加されました。

で、現状の情報を見ていくとコストを意識したものではなさそうなんですよね。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。