FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: SHY
海外ETF

VTIが資金流入年間トップ、下半期にARKK大躍進。2020年の米国市場のETFの動向

ETF-ranking-2020-202010109.jpg

2019年は株式や債券だけでなくREITや金、コモディティまで上昇する珍しい状況でしたが、2020年はなんだかんだで株式、債券、金が上昇という年になりました。

逆にREITはコロナショックが大きかった印象があります。

債券高株式高の状況がいつまで続くのやら・・と心配になってきますが。

では、その兆候を見るのに指標になるのではないかということで、半期に一度世界最大の株式市場であるアメリカのETFの資金の流れを見てます。

2020年上半期の米国市場のETFの動向を見ると、適格社債(LQD)や金(GLD)が目立つが流入トップはVOO - 関東在住福岡人のまったり投資日記

相場が冴えないといろいろと状況を整理したいということで、上半期はETFの流出入を見る機会も多かったのですが、ひとまず7月になったので一区切りで今年の前半をまとめてみようかなと。ということで半期に1回の米国市場のETFの流出入の動向を整理しました。...

上半期は流入したETFを見る限り回復途上だった影響で、金と適格社債ETFが目立ってましたが、結局トップはバンガードのS&P500ETF(VOO)でした。

では、半年経過して株式が上昇続ける中2020年はどうなったのか?

スポンサードリンク
海外ETF

いつの間にかBNDが80ドル台まで下がっている!落ち着いてる米国債券ETFはSHYくらい

BND-BSV-BIV-BLV-LQD-TLT-EDV-SHY.jpg

株価が大きく下がりますと、色々な資産の状況がどうなっているかということを調べたくなります。

調べることによって、ポートフォリオにちょこっとこれ加えるとスパイスになるんじゃね?というのを見つけれる可能性もありますし。

で、日曜日に債券、金、REITも含めて調べたわけですが、どうも3月入ってから債券も下落しているように見える。

NYダウ最高値更新から1ヶ月経過したが、債券や金、REITもマイナスで、グロース株や新興国株式がそこまで下がってない状況 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先週NYダウが1日1000ドル単位で動く状況下では、SBI証券が米国市場が開いてる最中に障害発生するのも仕方ないと思いますが、土曜にメンテナンスするよりは日曜にやれよと思うところもあります。紛いなりにもブログを6年続けておりますが、こういう下落相場のときに各資産がどう動いたかは短期的なものでもある程度残しておくのは有意義じゃないのかということでやってます。...

先週からこのことが引っかかってる上に、どういうわけか株式が下がり続けているにもかかわらず、ドル円の為替は101円から急反発して110円台に戻ったりしています。

BNDの価格を調べてみたら、いつの間にか81ドル切ってる状況。今月初めは86ドル超えてる状況でしたが。

BND-price-20200321.png

流石に下がりすぎていると思うレベルなので、他の米国債ETFを含めて直近1カ月くらいの動向を調べてみました。

スポンサードリンク
海外ETF

2019年の米国市場のETFの動向見ると、債券ETFや低ボラティリティETF(USMV)に資金が流入していて強気相場には思えない

ETF-ranking-2019-20200108.jpg

2019年の年間パフォーマンスは年末から言われておりますが、株式や債券だけでなくREITや金、コモディティまで上昇する珍しい状況だったと思います。

その中で、さすがに2020年になってなにかしらの資産は下がるんじゃないかと。

個人的には債券高株式高がそろう状況はそう長くないと考えるのですけど。

では、その兆候を見るのに指標になるのではないかということで、世界最大の株式市場であるアメリカのETFの資金の流れを見てみようかなと。

ニューヨークダウが過去最高値を更新しても、SPYから資金が流出している - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ニューヨークダウが最高値を更新して、一つの大きな壁となっていて27000ドルを突破しました。そろそろアメリカ市場の記事の写真に映り込んでいることの多い、ブライっぽい頭の3万ドルキャップを被ったおじさんが現れそうです。...

ちなみに上半期は流入したETFを見る限り平穏で、景気後退感がなくなったせいかコストが高い既存のETFと短期債のETFから資金が流出している状況でした。

では、半年経過して株式が上昇続ける中どうなったのか?

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。