FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: TLT
海外ETF

イェール大学財団最高責任者がおすすめするポートフォリオを再検証

yale-university-1604156_1920.jpg

長期投資を行う上で、投資をする心構えから投資資金の確保、参考になるポートフォリオまで網羅している「世界のエリート投資家は何を考えているのか」は投資初心者向け本としてもオススメしたい本です。


とくにレイ・ダリオの黄金ポートフォリオに関しては、株価が冴えなくなりつつある中で参考になるポートフォリオだと考えます。

レイ・ダリオの「黄金ポートフォリオ」について海外ETFを使って検証してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先日、世界のエリート投資家は何を考えているのか: 「黄金のポートフォリオ」のつくり方の感想の記事を書きましたが、その中で特に気になっていたのが、レイ・ダリオが紹介していたオール・シーズンズ戦略の「黄金ポートフォリオ」についてです。...

ただし、黄金ポートフォリオはいかにもアメリカ人向けに書かれた感じで、アメリカの長期債へ投資するような形になってたんですよね。

その意味で本の中でもう1つ紹介されいたポートフォリオはより分散が効いたものになっています。

そのポートフォリオとはイェール大学の大学財団最高責任者ディビッド・スウェンセンが考えたものです。

株式に関しては激しい値動きをする発展途上国の株にいくらかは投資することを好み、新興国への投資も行う形になっていました。勧める各資産への資産配分は以下の通りです。

    ①米国内株 20%
    ②外国株(米国外先進国) 20%
    ③エマージング・マーケット 10%
    ④不動産投資信託(REIT) 20%
    ⑤長期米国債 15%
    ⑥米国物価連動国債(TIPS) 15%

REITや物価連動国債にも15%~20%投資しているのも特徴といえます。

イェール大学財団最高責任者デイビッド・スウェンセンのおすすめポートフォリオを検証 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先日、世界のエリート投資家は何を考えているのか: 「黄金のポートフォリオ」のつくり方の感想の記事を書きましたが、上巻的存在でもっとも興味深かったのがレイ・ダリオの「黄金ポートフォリオ」でした。...

昨年検証したんですが、当時使っているツールが5銘柄以上のポートフォリオに対応していませんでした。

1年経ちましたし、黄金ポートフォリオとも比較するために再検証してみました。

スポンサードリンク
バンガードETF

ここまで下がるとBND、LQD、BLV、TLTあたりの債券ETFに手を出したくなる

another-way-BND-20181104.png

月が変わりまして先月末時点の総資産の集計を行いました。

自動化可能ではあるのですが、各資産の状況を確認してインプットしておくために手動でやる部分も残しています。

そこで所有しているインデックスファンドや海外ETFを見ても前月比で下がってるファンドばかりでしたね。

10月の株価大幅下落のときに調べた傾向から変わっていなかったですね。

久々に日米の株価が大幅に下落したので、10月の米国株や米国債のパフォーマンスを調べてみました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先月米国小型株が8月末から下がっていたりとやや気になる兆候が出ていましたが、今週世界中の株価が大きく下がりましたね。...

株式だけではなくて債券も冴えない状況が続いています。

現状からさらに金利が上昇する可能性もありますので、価格が下がるのはわかるのですが、一時から結構下がったのを見ると逆に投資の機会では?と思えてくるんですよね。

性格的にひねくれ要素がある上に、競馬の予想も人気薄を拾うという意味で人気が下がった馬を狙う傾向があるので、個人的に投資してもよいかなと。

冬のボーナスも近づいてきてますので、いずれにせよ来月投資をする予定ですが、比率を増やしても良いかなと考え始めているので、過去の債券ETFの水準を確認してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

一部売却して4年経過したSPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK)は、金利上昇期にどうなってるのか?

JNK-20181103.jpg

運用を開始して7年が経過しましたが、基本的にはバイ&ホールドで行ってきました。

インデックスファンドで毎月積立投資をしている部分は、運用開始時からコストが下がってないファンドもあって、売却を今後行う可能性もありますが、海外ETFで投資をしている部分は今後も長期にわたって売却しない予定です。

ただ、例外的に1度半数以上を売却したETFがあります。「SPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(ティッカー:JNK)」です。

当時は利回りに釣られた面もあってハイイールド債(ジャンク債)を購入してみたものの、なにか合わないなぁと思っていたので、半数以上を売却して個人向け国債の変動10に移しました。

ある意味売却後の確定申告の大変さを知ることができましたので貴重な経験を得ることができたともいえます。

一応そこから1部は所有したままではありますが、売却して4年が経過しました。

SPDRバークレイズ・ハイ・イールド債券ETF(JNK)を売却して3年経過。はたしてその後どうなった? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

私の運用方針は別に株価が上がり続けている状況だからというわけではなく、基本的にはバイ&ホールドです。その方針で6年間運用してきました。...

ここ1年くらい金利の上昇で債券ETFは軒並み価格が下落している状況ですが、ハイイールド債の現状はどうなっているのか?

一部所有したままの状況ですので、現状を確認してみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。