FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VDC
バンガードETF

BND、BLVの債券ETFと米国セクター株式ETF(VDC,VHT)に投資をして、2019年の投資は終了です

road-to-2020.jpg

11月末に計画を立てて意味があるとはあまり思えないけど、一括で買ってもなということでタイミングを地味にずらしながらボーナス枠の投資分を購入していっていましたが、すべての投資を終わりました。

2019冬のボーナス枠の投資で新たに新興国債券ETFに投資します - 関東在住福岡人のまったり投資日記

明日から12月ということで、海外ETFを使った冬のボーナスの投資をどうしようかと今週検討をしました。ちょっと円安方向なので、やや高めに見積もって1ドル110円で計算しているんですけど、債券も株式も6月と比較して上昇している状況。...

去年のように12月に株価急落ということを経験しますと、12月前半に買ってそのあと株価急落とかになってしまいますので、タイミングを3週間ぐらいにわたってずらしたものの株価は上がる上がる。

債券ETFも横倍の状況ですが、さすがに債券高・株式高が並行して進む時期が長いとは思えませんので、来年は状況を見てどちらかの比率を増やす局面は来るんじゃないかと予測しています。

去年最後にさえなかった分、2019年は恵まれた相場だったと思います。

2018年の再来となりそうな予感もありますので、いろいろと投資対象も含めて分析していこうと思います。

ということで、最後に投資した4本を紹介します。

スポンサードリンク
月次分配金歴

地味にボルシア・ドルトムント(BVB)からの配当もありました。2019年12月度配当報告

tukiijibunpaikin.jpg

M1など年末年始は漫才を見る機会も多くなるのですけど、今年は芸人絡みの炎上事件もありました。

そんな中、ナイツ塙の記事を読みました。

ナイツ塙「今の芸人がSNSで炎上繰り返す理由」 | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

――昨年の『M-1』では、上沼恵美子さんに対する芸人の暴言騒動が話題になっていましたが、塙さんは審査員の1人としてあの件をどういうふうに見ていたんでしょうか?なるほど。まあ、何個かあるんですけど、1つはSN…

炎上芸人もそうですけど、副業やってるぜの芸人増えましたよねぇ。

あと、キンコン西野が成功したせいで、インフルエンサーになりたい系が増えていて、オリラジ中田なんか間違った情報含めて垂れ流していて、信者ビジネスやってるの見るとなんだかなと。

NewsPicks系芸人ともいうべきか、注目を集めるための発言も多いの見てますと、タモリやたけしあたりが一線を退いた後テレビの衰退は5Gと合わさって加速するんじゃなかろうか?と思うんですよね。

といてもいまのyoutubeはイナゴが集まった状態なのが、年金と地上波中継削減が苦しいせいでプロ野球選手が参入しまくってるのも明らかにバブル。

質の悪いコンテンツが増えていくとyoutubeの天下もそこまで続かず、AmazonとかNetflix、ディズニーあたりにテレビ含めて結構な部分が吸収されていくんじゃないかと思う今日この頃です。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
海外ETF

2019年冬のボーナスの株式部分はVIG:HDV:サテライト枠=4:4:2で行きます

bornus-HDV-VIG-20191207.jpg

ボーナスの評価に関してはまだですけど、大まかな金額は判断がつくようになったので(成績的に悪い方がないのは部の業績的にも確定)、投資用の口座に予測金額の9割分移管しました。

ということで今週木曜金曜とぼちぼちですが投資を始めています。

先週時点で金額は1ドル109.5円で計算していましたけど、今週入って108円台に逆戻り。ドルで配当再投資するぶぶんもありますけど、想定よりも余ったら余分に買うかもしれません。

さて、債券部分は適格社債→新興国債券に変えることにしましたが、株式部分は今週考えました。

2019冬のボーナス枠の投資で新たに新興国債券ETFに投資します - 関東在住福岡人のまったり投資日記

明日から12月ということで、海外ETFを使った冬のボーナスの投資をどうしようかと今週検討をしました。ちょっと円安方向なので、やや高めに見積もって1ドル110円で計算しているんですけど、債券も株式も6月と比較して上昇している状況。...

これだけ株価が上がっていると怖さがありますけど、タイミング当てれるなら雇用統計が発表される前に買ってるでしょうから、ルール通りにした方がいいかなと。

ということで株式部分に関してはコア部分はいじらず、実験枠でいろいろと試すことにしました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。