関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: VDC
レラティブ・ストレングス

生活必需品の比率が高いHDVも不調です。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2018年3月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

概要と検証記事


レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

前回の結果は以下の通りです。

先月の記事 >> 生活必需品セクターが不調です。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2018年2月度編

ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
月次分配金歴

米国高配当株式ETFは増えて、米国セクター株式ETFは減る。2018年3月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

今週桜が満開になりそうな温かさになってきましたが、今年の冬は例年と比較して寒かったという実感です。

その影響で暖房をつけっぱなしじゃないと風邪ひくレベルだったので電気代が1月2月とえらいことになってました。

前住んでたとこのエアコンと違って、23度設定だと電気使用量が上昇するということに気づいて、20度に下げたら省エネ運転することが発覚。

その後、風量自動にすると電気代節約と真偽不明な情報を試してみたら今月の電気代は先月比40%減。

人間の睡眠時の質問は15~20度が適切という研究があるそうですので、20度設定で寒かったら厚着するっていうのが多少なりとも電気代の節約になるんじゃないかと引っ越しして半年以上経過してようやく気づけたのは収穫です。

関連記事 >> SLEEP 最高の脳と体を作る睡眠の技術を読んだ後、実践して気づいたマインドフルネスの重要性

しかし、1月2月の電気代は痛い授業料でした。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
米国株

アマゾンエフェクトが原因?生活必需品セクターの不調の要因を個別株で探ってみる

VDC-vonsumer-staples-20180321.jpg

米国株や海外ETFで株式のETFに投資しておりますと、3月、6月、9月、12月というのは分配金の季節でして、多少なりとも仕事の繁忙さの気休めにはなります。

ぼちぼち今月の株式ETFの分配金の金額が判明してきているのですけど、バンガード米国生活必需品セクターETF(ティッカー:VDC)を見ていてちょっと気になったことが。

VDC-distributions-20180321.png
参照:バンガード公式

もともと3月と9月は少ない傾向があるのですけど、前年同期比でもかなり減ってます。

たしかに予兆的なものはありますけど、そこまで悪いのかと。

関連記事 >> 生活必需品セクターが不調です。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2018年2月度編

S&P500のセクター別の過去1年のパフォーマンスを見てみましたが、黒の生活必需品セクターは数年前の原油価格の下落以来冴えないエネルギーセクターと最下位を争っていました。

SPsector-1y-20180321.png

生活必需品セクターの不調で特定の業種別などで傾向がわかるのか?

生活必需品セクターETFのおもな組み入れ上位の米国企業の最近の動向について気になったので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。