関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > タグ: VHT
レラティブ・ストレングス

強気相場に戻った。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2017年9月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です

概要と検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

前回の結果は以下の通りです。

先月の記事 >> 弱気な人が増えているのか債券ETFの価格上昇。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2017年8月度編

ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
海外ETF

株価が好調な今だからこそ、あえてリーマンショック時に強かったETFがないか探してみた

difensive-ETF-20171009.jpg

米国株も日本株も1か月前の北朝鮮情勢の緊迫がうそのように好調ですね。

指標的にみるとバブル的な感じはまだない状況ではあるのですが、このままバブル状態に突入の可能性はありそうな気配はあります。その前に大きな調整になるかもしれませんけど。

仮にその状態に陥った場合でも、全力株式投資で耐え忍ぶというのもありとは思うのですが、客先での説明でも出番まではきそうな状態で緊張しているチキンの私は耐えれないでしょうね。

私のような人間はやはり分散しておいた方が精神衛生上いいと考えます。

個人的には①株式で比較的ディフェンシブなものを組み入れて下落幅を下げることと、②逆相関で動くものを一部組み入れてクッションにするの2点をやって、堅固な城とまではいかないまでも塀を作って守備を固めておきたいです。

その意味で、過去のようにうまくいくとは限らないものの、リーマンショックの前後で①と②の役割ができてたETFがないか探しておいて損はないかと。

ということで、2007~2009年の間にS&P500比較で下落耐性および逆相関性のある海外ETFを探してみました。

スポンサードリンク
月次分配金歴

今月分で前年の分配金総額を超えそう。2017年9月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

毎度おなじみ毎月の海外ETFの分配金の記事です。

仕事のスタイルの話になるのですが、私は残業代で収入的に許容範囲の一定時間毎月やってれば、それ以上はプライベートな時間削られるのでなるべく早く帰りたいという風に考える人間です。

まぁ、結局許容範囲以上残業しないと仕事が終わらないので残業しているわけですが。

これに対して、まったく違う考えのタイプの人間がいるのですね。

時間概念が全くなく残業ジャンキーな人です。みなの会議の時間抑えてるのに、その時間を全く気にせず時間オーバー。皆がダレた状態になっているのに話を修正もしない。

さらに残業ジャンキーのようで、意図的なのか明らかに作業を背負いすぎてる状況で仕事を追加して周りも巻き込むのです。残業時間の上限が制度的に厳しくなると、上司に残業時間減らさないでくれと泣きついたらしいのです。

働き方の価値観も多様でいいとは考えますが、結果的に周りを巻き込んで時間を浪費していってますからねぇ。

日本人のいいところって周りに気を使える人が多いことだと思うのですが、それができないとここまで社畜サイドになるのかと。こういう人たちが効率化を阻害してるから、生産性上がんないんでしょう。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。