FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VIG
月次分配金歴

前年同期比で増えている株式ETFが目立つ。2021年3月度配当報告

tukiijibunpaikin.jpg

2015年に1ドル120円台のことがありましたけど、その後は1ドル103~114円くらいを行ったり来たりという感じですね。

その後5年以上積立投資してきただけに、もしいま120円になったら・・ということは想像はしていました。

ただ、トランプ政権下ではそれは絶対ないなと思ってたのですが、コロナで景色一変。

アメリカはコロナワクチンの接種もかなりのスピードで進んでいますし、元々金利が先進国の中でまともだった中で、金利正常化も早そうな印象。

となると金利の状況を考えると日米の金利差が広がると円安方向に行きやすいかと。


もちろん金利が上昇して2018年12月のような感じで株価急落もあるので一概に円安が進むと言えない面もあるでしょうけど、可能性としてはあるかなと。

一概に円安がいいかというと1口価格が株高で上がってる中、さらに円が必要になりますけど、そこは配当金のドルが貯まってきているので、投資するときもどちらを優先するかも含めて考えたいと思います。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
海外ETF

コロナショックの底から1年。小型株やエネルギー、資本財がハイテク株を上回る

4460279_s.jpg

テレワークが開始されて1年になりまして、ローテーションで出社からほぼ不定期に出社までなっており、出社=出張扱いになるとは1年前思いませんでした。

で、当時の株価もこれはしばらく下がると言われていたのに、その後コロナの感染者は世界的に1波よりも倍増したにも関わらず株価は回復。

NYダウも日経平均も3万台に乗るとは考えた人もほとんどいなかったでしょう。

NYダウやS&P500の大底は去年の3/23でした。

そこから1年経過したわけですが、米国株で見るとどの業種やファクターに投資をしているとよかったのか?

3/23起点で見るとハイテクではなく意外にもエネルギー、素材、資本財や小型株という結果でした。

スポンサードリンク
海外ETF

エル式VDC:VHT:QQQ=4:3:3のポートフォリオをいじってバックテストしてみた

QQQ-VDC-VHT-portfolio-20210307.jpg

【エル式】 米国株投資で1億円を読んでいて米国株投資のケーススタディのうち、バンガードS&P500ETF(VOO)1択をプランAとプランBが紹介されていました。

このうち興味を持ったのはプランBの方。

エル氏著:英語力・知識ゼロから始める! 【エル式】 米国株投資で1億円を読んで - 関東在住福岡人のまったり投資日記

来月に配当再投資を行うにあたってどういう投資をしようかと考えるために投資関連の本を今月に入って4冊購入しました(1冊届くのが遅れて月末の見込み)。Amazonの投資関連本のランキング見ても上位はうさんくさいインフルエンサーもどきの投資ウェーイウェーイみたいな本が多くて、それらを避けて購入しています。...

ポートフォリオとしては海外ETFを使って生活必需品(VDC)、ヘルスケア(VHT)、NASDAQ100(QQQ)をVDC:VHT:QQQ=4:3:3という比率。

個人的に生活必需品セクターとヘルスケアセクターを重視していて、VDCとVHTに投資してセクター別の中でも比率を上げるようにしているのでこのポートフォリオは惹かれるものがありました。

で、この比率を見てちょっといじってみたらパフォーマンスとかシャープレシオはどうなるのか見てみたくていじってみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。