fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VIG
月次分配金歴

前年同期比で株式ETFは微増が多く、REITは微減。2023年9月度配当報告

tukiijibunpaikin.jpg

最近「ゴースト・ワーク」という本を読みました。


Amazon、Google、Microsoft、Uberなど大企業が提供する自動化されたサービスの裏側に潜む、多くの見えない労働者の存在と実情が書かれた一冊です。

で、どういう仕事かというとAmazonのレビューのチェックとか、画像に対してのラベル付けやら、字幕の確認など。

割と時間やらインドのカーストの関係で、そういう仕事をする必要がある人たちの状況を書いてありました。

ギグワークができれば理想だけど・・という感じですが、実態は組合もないので、ちょっと意思疎通がうまくいかないとアカウント停止とかも起こるということでどの世界も厳しいなと思う物でした。

ただ、10年近く前の事例っぽいものもあり、ここから進展していた場合、こういう仕事は減ってる可能性もあるんじゃなかろうかと。

その意味で組合とかの結成は難しい面もあるのでは?という疑問は持ちました。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
海外ETF

2023年7月終了時点の海外ETFポートフォリオのセクター別比率を計算してみたら、ヘルスケアセクター1強状態に

27403025_s.jpg

毎年7月が終わった後、投資資産のコア部分になっている海外ETFのポートフォリオの構成を年1回確認しているのですが、去年から計算に用いてたサイトやバンガードのHPの仕様が変ったせいでセクター別の比率が計算できない状態でした。

その後調べてyahoo financeならなんとか計算できるとなりました。

ヘルスケアセクターと生活必需品セクターを重視していて意図的にセクターの比率を高めになるようにポートフォリオを組んでいます。

1年経ってどう変化しているか確認してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

改造着手から4年経過した2023年7月終了時点の海外ETFのポートフォリオ公開するよ

27112110_s.jpg

4年前にサクソバンク証券での投資や配当再投資を開始したわけですが、そのタイミングでちょっと相場が過熱気味な感じはあったので、「アセットアロケーションの最適化」などの本を読んだりしながら、海外ETFで新興国債券やらREITなどにも投資をするようになりました。


そこから4年以上が経ち、昨年サクソバンク証券で買えなくなるなど色々とあったのですが、積立投資以外のボーナス+配当再投資枠だけで見るとポートフォリオどうなってるのかを毎年この時期にチェックしています。

夏冬のボーナス分の投資を行った後ポートフォリオの比率が変動しますので、例年8月初めに行ってるんですね。
1年前と比べて、債券ETFへの投資が増えていますが、現状はどうなっているのか?

現状の海外ETFのポートフォリオを整理してみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。