FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VIG
海外ETF

コロナショック前最高値から1年経ったが、小型株やエネルギー、金融の巻き返しが目立つ

4090367_s.jpg

NYダウが3万ドルを超えたのに続いて日経平均も3万円に乗ったわけですが、コロナショックの後にここまで上がるとはと思う人は多いでしょう。

ちなみにコロナショック前の高値はいつだったかというとNYダウが2/12、S&P500が2/19だったりします。

そこから1ヶ月で大底に向かっていったわけですが、ちょうどS&P500の最高値から1年経ちました。

当初は下落に強いという銘柄も多かったものの、結局グロース株が強いまま1年経った印象があります。

では、実態や巻き返しているカテゴリがあるのか?米国株で調べてみました。

スポンサードリンク
海外ETF

流石にコロナショックの影響が見える米国株配当系株式ETF(DVY,VIG,VYM,HDV,SPYD)の分配金変遷まとめ 2021年度版

4153957_s.jpg

自分が持っている海外ETFの配当関連のデータをこの時期に整理しているのですが、コロナショックの影響って1年経ってどんなものかなと調べておりました。

米国株配当系株式ETF(DVY,VIG,VYM,HDV,SPYD)の分配金変遷まとめ 2020年度版 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

確定申告の季節が近づいてきますので、配当の集計を完了しました。昨年からサクソバンク証券で投資を始めたため、そちらの集計も色々と面倒なことになりそうです。今年特定口座に対応するようですが、3月か4月開始の時期のずれによっては結構な差がでそうな予感がしています。...

見えてくるのはやっぱり3月とか6月には顕著に見えているものの、下半期は基本的に回復傾向だったということ。

で、それが今年続くのかどうかというのは3月になってみないとわからいませんが、9月12月の結果を見るとそこまで悲観する必要はないかなと調べていて考えました。

ということで、昨年同様に主な配当系ETFを中心に分配金の推移をまとめてみました。

スポンサードリンク
海外ETF

2016年度NISAは配当込み+33.1%で、2021年度NISAの投資可能枠がゼロで確定しました

NISA2016-20210116.jpg

2016年度NISAのロールオーバーが完了して、2021年度のNISAの投資可能枠はゼロで確定しました。

秋頃は配当抜きで+14%でしたが、さらにそこから年末までに上積みがありました。

ですので、NISAの投資可能枠はゼロ。株価が上がったおかげでこの水準なら2017年、2018年分も同じことになりそうですが、果たしてどうなるでしょうか?

2015年度NISAは配当込み+22.4%で、2020年度NISAの投資可能枠が確定しました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2015年度NISAのロールオーバーが完了して、2020年度のNISAの投資可能枠が確定しました。11月頃確認したときは2020年度の投資枠10万もないんじゃないかという状況でしたが、年末やや円高が進んだおかげか投資枠は10万ちょっとになりました。...

ロールオーバーも残り2回となってきて、NISA制度の今後の動向も気になるところではあります。

ただ、コロナで金融庁もそれどころではないでしょうから、動きがあるとしたら2022年かなという気がします。

ということで配当部分も含めたパフォーマンスを整理してみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。