FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VTI
バンガードETF

バンガード、BND、VOO、VTI、VEA、VTVなどETF9本を値下げ

vangaurd-costdown-20190427.jpg

バンガードが先月、VOO、VTI、BNDに関して以下のコストダウンを行うと発表してから1ヶ月以上経過しました。


    バンガード・S&P500 ETF(ティッカー:VOO) 0.04%→0.03%
    バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカー:VTI) 0.04%→0.03%
    バンガード・米国トータル債券市場ETF(ティッカー:BND) 0.05%→0.035%

例年バンガードのETFは4月末にコストダウンが発表されていますので、そろそろ発表かと待ち構えておりました。

バンガード、VTIとVOOを0.03%、BNDを0.035%に値下げへ - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2月末にバンガードが10本のETFの経費率値下げに動きましたが、1週間後さらに3本のETFの引き下げる方針を示しました。値下げ対象になるのは日本でも所有している人も多い以下の3本です。...

ようやくバンガードのサイトでそれらしき記事がでたので、コストダウンされたETFの英語版のページをみると経費率が変わっているのが確認できました。

Lower expense ratios on 21 Vanguard ETFs means more savings for you

上記のページは2月にコストダウンしたETFとごちゃ混ぜになっていますが、整理しますと今回コストダウンした大手ネット証券で取り扱いのあるETFは以下の8本です。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガード、VTIとVOOを0.03%、BNDを0.035%に値下げへ

vanguard-VTI-VOO-BND-cost-down-20190309.jpg

2月末にバンガードが10本のETFの経費率値下げに動きましたが、1週間後さらに3本のETFの引き下げる方針を示しました。

値下げ対象になるのは日本でも所有している人も多い以下の3本です。


  • バンガード・S&P500 ETF(ティッカー:VOO) 0.04%→0.03%
  • バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカー:VTI) 0.04%→0.03%
  • バンガード・米国トータル債券市場ETF(ティッカー:BND) 0.05%→0.035%

バンガード、VSSとVWOを0.12%、VTやVGK、BNDXなどを0.09%、VYMを0.06%に値下げ - 関東在住福岡人のまったり投資日記

バンガードのETFは定期的に経費率の値下げが行われているわけですが、2月と4月はだいたい毎年経費率改定のお知らせが発表されています。...

まだ方針を示した程度で、バンガード・インベストメンツ・ジャパンのHPには3/9午前中時点でまだでていません。原文の翻訳記事は以下の通りです。

バンガード、ETF手数料引き下げへ-価格競争さらに激化か - Bloomberg

当局への届け出によると、バンガードは「バンガード・トータル・ボンド・マーケットETF」の手数料を引き下げる。 これにより同ETFの手数料は米国の債券ファンドで最低となる。「バンガード・S&P500ETF」の手数料も下げる計画で、同じくS&P500種株価指数に連動するブラックロックとステート・ストリートのETFの手数料を下回る水準となる。また、「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」の手数料も引き下げる。

SPDRとiシェアーズの同じカテゴリのETFと比較すると同じかやや高いという状況でしたが、最低コストを目指して動いてきました。

基本的な方針としては他社とコスト差が開くと1年以内に対抗的な戦略を持ってるのかなと思いました。SPDRのETFが出てきて1年経ってませんし。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガードの米国株ETFのPERやROEを調べていて見えてくるVIGの異質さ

vanguard-etf-PER-ROE.jpg

ティリングハストの株式投資の原則を読んで、最近は個別銘柄やらS&P500や単一国のETFのPERなどを調べています。

国別のPERなんかはまとめたのですけど、米国株でも細かく見てみようかなと思いました。

1年単位で見ると、市場指数のPERはわずかながら予想が可能であるが、間違いが多く、わたしはそれを用いて市場のタイミングを計る勇気は持てない。平均回帰には時間がかかるので、長期的な資産配分に用いるのがよかろう

ティリングハストは市場指数のPERについて上記のように言及しているので、この先を考える上では参考値になるかなと。

ちょうど大英帝国に属した先進国に関して調べたタイミングでもありますので、同様に米国株の小型株から配当株、バリュー株、グロース株あたりが気になりました。

かつての大英帝国に属した先進国から始めるのが最良?該当する国をピックアップしてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

米国株がポートフォリオの中心になっていますが、個人的にこれはと思ういくつかの国に投資をしたいと考えています。サクソバンクに口座開設して投資できるETFの数は増えましたので、上半期中には投資をしようかなと。その上で、じゃあアメリカ以外でどんな国がいいかということでいろいろと調べているところです。...

ティリングハストはPER意外にはROEを重視してるようで、この2つはバンガードの各ETFのページで確認することができますので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。