FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VTIP
バンガードETF

バンガードが3本のETF(VT,BNDX,VTIP)の経費率をダウン。VTはとうとう0.10%に。

vanguard-ETF-costdown-20180227.jpg

バンガードのETFというと毎年コストダウンしていく印象がありまして、だいたい2月末とか4月末とか年末とかに発表されています。

2016年年末の記事 >> バンガードが去年同様クリスマスの時期にETF11本の経費率をコストダウン。しかし米国ヘルスケアセクターETF(VHT)は・・
昨年4月の記事 >> バンガードBND等債券ETF4本、小型株(VB)、グロース株(VUG)、バリュー株(VTV)、S&P500(VOO)等株式ETF13本経費率値下げ

ところがですね、どういうわけか2017年5月末にバンガード・米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)のコストダウンがあった後、昨年はコストダウンのニュースなし。

2017年のバンガードETFコストダウン公式発表 >> 2017年バンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせ

まぁ、iシェアーズのコアシリーズだけでなく、シュワブやSPDRなんかをアメリカでは相手にしているのですけど、コストはかなり低くなっているので、経費率を下げづらいレベルにはなりつつあるのは否めないわけですが。

すると久々にコストダウンのニュースがバンガードの公式に出ていました。

バンガード公式ニュース >> 2018年バンガードETF®経費率改定のお知らせ

今のところ3本だけですが、例年かなりの数を一気にコストダウンしていたので、続報が来るかもしれません(書いているのは週の初め)。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガード、米国高配当株式ETF(VYM)等ETF4本の経費率を値下げ

vanguard-170225.jpg

例年この時期に発表されている印象がありますが、バンガードよりバンガードETF4本の経費率値下げが発表されました。

2017年バンガードETF™・米国籍投信経費率改定のお知らせ

ただ、いつもと違うのはバンガードから速報メールが届いていません。twitter上で情報を知りました。最後にバンガードからメール来たのいつだろと見てみるとVTのFund of the year 2016の受賞以来1カ月以上来ていません。

バンガードの公式HP見るとどうやらニュースレター配信システム入れ替えのため配信一時停止中のようです。

バンガード・ニュースレター配信一時停止のお知らせ

さて、今回経費率がコストダウンになったのは以下の4本のETFです。


    バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり) (BNDX) 0.15% → 0.12%
    バンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF (VWOB) 0.34% → 0.32%
    バンガード・米国高配当株式ETF (VYM) 経費率 0.09% → 0.08%
    バンガード・トータル・インターナショナル・ストック(除く米国)ETF(VXUS) 0.13% → 0.11%

バンガードから速報メールが来ないのでひそかに以下のETFとファンドに関しても1月末に経費率を改定していたようです。

    バンガード・米国短期インフレ連動債ETF (VTIP) 0.08% → 0.07%
    バンガード・ウェルズリー・インカム・ファンド (VWINX) 0.23% → 0.22%

多くのETFの経費率が改定される時に記事にしているのですが、2016年の改定だけでも6回程度は行われています。何故かバンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(VHT)は0.01%とはいえ経費率が上昇するという不思議な事象もありましたけど。

2016年のバンガードETFコストダウンの記事一覧

Vanguard VYM、BNDX、VXUSの経費率値下げ
追加でVanguard ETF3本(VT、VEU、VSS)経費率値下げ
バンガード債券ETF4本の(BIV、BLV、BSV、BND)経費率改定。BNDは2年で0.04%コストダウン!
バンガード大型、中型、小型株、バリュー株、グロース株ETF合計10本の経費率を改定!
バンガード米国増配株式ETF(VIG)の経費率がとうとう0.1%を切った
バンガードが去年同様クリスマスの時期にETF11本の経費率をコストダウン。しかし米国ヘルスケアセクターETF(VHT)は・・

今回経費率が改定になった4本のうちVYM、BNDX、VXUSに関しては昨年の同じ時期に経費率の値下げを行ってますので、1年1回はコストダウンしていっていることになります。

このペースで行くと10年後半分くらいになってそうな気がしますね・・

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。