fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VTV
海外ETF

コロナショックの底から4年経過したが、過去4年の米国株で一番パフォーマンスがいいのはグロース株、次点はクオリティ?

29252790_s.jpg

コロナショックの底が3/23頃でしたから、そこから4年が経過しました。

セクター別で見ると当初優勢だったハイテク株ではなくエネルギー株がトップとなりました。

では、小型株やグロース等の区分で見るとどうなのか?

去年あたりからグロース株が復活傾向で、傾向が去年調べたときと変わってそうですし。

というわけでグロースやバリューなどのファクター別で見てみました。

スポンサードリンク
海外ETF

2023年米国株のスマートベータ(バリュー、グロース、低ボラティリティ、モメンタム、サイズ、配当)のパフォーマンスを調べてみた

27795538_s.jpg

色々と2023年のパフォーマンスについて年明けから見てきましたが、個人的に重視しているファクターに関しても調べておこうかなと。

わたしの場合、少しでもマイナス幅を下げるとか、下落耐性があるというのを好んでいて、普通にS&P500に投資とはちょっと違った運用方針ですし。

ちなみに2023年上半期はグロース株復活という結果でした。

というわけで資金規模も大きい米国株で見てみます。

対象としたETFは以下の通りです。

クオリティ:iShares MSCI USA Quality Factor ETF (ティッカー:QUAL)
サイズ:iShares MSCI USA Size Factor ETF (ティッカー:SIZE)
モメンタム:iShares MSCI USA Momentum Factor ETF (ティッカー:MTUM)
低ボラティリティ:iShares MSCI USA Minimum Volatility ETF (ティッカー:USMV)
バンガード・米国増配株式ETF(ティッカー:VIG)
バンガード・米国高配当株式ETF (ティッカー:VYM)
バンガード・スモールキャップETF(ティッカー:VB)
バンガード・米国バリューETF(ティッカー:VTV)
バンガード・米国グロースETF(ティッカー:VUG)
ゴールドマン・サックス・アクティブベータ米国大型株ETF(ティッカー:GSLC)
※iSharesとゴールドマンサックスのETFは日本の大手ネット証券では買えません。
これらのETFの2023年のパフォーマンスはどうなのか確認してみました。

スポンサードリンク
バンガードETF

昨年はS&P500を10%上回っていたが、今年は10%下回っている、バンガード米国バリューETF(VTV)の現状

26093514_s.jpg

9年前にバンガードのバリュー株のETF(VTV)とグロース株のETF(VUG)が日本の大手ネット証券3社でも購入可能になりました。

1年おきのタイミングでこの時期毎年中身とかパフォーマンスを定期的に確認しています。

というわけで2回に渡って現状をまとめる回の1回目はバンガード 米国バリューETF(VTV)。

一昨年の今頃からバリュー株ETFがS&P500を上回るようになっていました。

1年経って株価も債券も下がる状況ですが、現状はどうなってるのでしょうか?

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。