FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: VYM
バンガードETF

株価が暴落したときに配当系ETF(VYM、DVY、VIG)も配当が年間で20%~30%下がることは意識しておきたい

vanguard-vym-dividend.jpg

ようやく今週、株式ETFの配当金がどんどん入金されてきておりますが、配当率下がったというのをtwitter上でも見かけたりしますね。

例えばバンガードのVYMなんかで見ますと、一番下落が大きかったのは0.652 →0.554に下がった今年の3月で、6月と9月はさほど下がってないんですよね。

VYM-dividend-20201003.png

これもひとえに株価がV字回復したというのが大きく、仮に長期低迷となると6月や9月の分配金も少なかったでしょうね。

で、減配という話がありますけど、仮にリーマンショック級の暴落があったときにどうなるかというと、バンガードのVYMやVIGは当時の記録が残ってるんですね。

その記録から見ると、暴落があって株式市場が数年沈んだ場合、配当が20%~30%下がることは意識しておいた方がいいと思うんですよね。

スポンサードリンク
海外ETF

減配したSPYDの組入れ上位10社を、同じ米国高配当株のVYMやHDVと比較すると、投資する気にはならない

SPYD-HDV-VYM-20200920.jpg

米国高配当株ETFの中で後発になるSPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(ティッカー:SPYD)の人気が高いらしく、とくに20代30代とかでも米国上場ETFの中で人気なようです。

そんなSPYDが減配になったとの話題をtwitterで昨日あたりはよく見かけたのですが、そらそうなるよなと思いますし、個人的に投資する気にならなかった懸念事項が顕在化した感があります。

米国高配当株はここ数年不調で、前年同期比だとバンガードのVYMも9月は配当減ってはいますけど、2019年の推移と見るとそこまで変わりない状況です。というかETFに減配というのもなんかおかしな気もしますが。

VYM-dividend-20200920.png
バンガードほど分散して折らず、均等に投資してるのが影響が出たのもあるでしょうし、ronaldreadさんの以下の指摘は一理あるとは思います(ただし、銘柄入替えが激しいと上昇している株を入れ替えてしまうリスクあり)。

一時的に悪い可能性もあると思うので、一概にこの後ダメだとはいいませんが、個人的な意見として同じ米国高配当株ETFのVYMやHDVと組入れ上位10社を見比べるととても投資をする気にはなれないんですよね。

スポンサードリンク
ポートフォリオ

2020年7月終了時点の海外ETFのポートフォリオ公開と今後の方針

2245787_s.jpg

今年は日程的にお盆に休む人が多く、激務過ぎて体調もメンタルも崩しかけましたが、なんとか踏ん張って3連休+アルファとなりました。

為替もとりあえず落ち着いた状況になってますが、仕事が辛いとリタイアをどうしようと考えたくなります。

これに関してはお盆期間中に別記事にしたいと思います。

さて、ボーナスで夏冬大きな金額を投資してポートフォリオのリバランスを兼ねてやっていますが、夏のボーナス分の投資を行った後ポートフォリオの比率が変動しますので、毎年この時期にETFのみのポートフォリオを確認しています。

2019年7月終了時点の海外ETFのポートフォリオ公開と今後の方針 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

資産の集計は忙しくなければ毎月1日に行っているのですが、1日夜に色々あって円高と株安が進行。8月になって夏枯れ相場になるでしょうから、来月は資産が減少した結果になりそうですね。...

1年間と比べて、サクソバンク証券で投資をする割合も増えてきていますが、現状はどうなっているのか?

現状の海外ETFのポートフォリオを算出、分析と今後の方針・展望について考えることをまとめてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。