FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > タグ: iシェアーズ
海外ETF

配当再投資枠でiシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ITA)に投資をすることにしました。

iShares-ITA-20210228.jpg

ARK社のETFがアメリカだけでなく日本でも人気で、購入するためにサクソバンク証券の口座を開設している人が結構いるようですし、eMAXIS Neoシリーズも当初大丈夫か?と思われていた中でそれなりに資金が流入している状況になってます。

eMAXIS Neoシリーズの中の1つに「宇宙開発」があるように今後有望な産業の1つと言えるでしょう。

ガンダムシリーズをそこまで見てる方ではないですが、プラネテスとか宇宙のステルヴィアとか好きでしたし、ああいう世界が30年後くらいにはありえるのかなという気がしてますし。

で、その産業に投資をするという意味で、以前から注目していたETFとして「iシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ITA)」があります。

コロナショックの影響大なiシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ITA)の現状を確認してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

SBI証券で買えないものをサクソバンク証券でサテライト枠として買う形で運用をしていますが、マイ・ウオッチリストに入れてて買ってないETFは数本あります。DGROなんかはVIGと被ってるのでとりあえずウオッチ対象にしてるんですけど、買おうかと思ってたETFの一つにiシェアーズ・米国航空宇宙・防衛ETF (ティッカー:ITA)があります。...

コロナ前はパフォーマンスが良かったのですが、航空業界がコロナで大打撃を受けてる状況です。

かなりその煽りを受けてるわけですが、色々と長期的に考えてみると宇宙航空業界がこれから伸びる可能性は高いなら投資をするには悪くないタイミングかなと。

スポンサードリンク
海外ETF

ここのところ好調なバンガード(VFMO)とiシェアーズ(MTUM)の米国株モメンタムETFの現状を比較

MTUM-VFMO-20210227.jpg

水曜に3年前設定されたバンガードのスマートベータETF6本についての現状を確認しました。

設定から3年経過したバンガードの米国株スマートベータETF(VFMO,VFLQ,VFMV,VFQY,VFVA,VFMF)の状況を確認 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ウォール街のモメンタムウォーカーを読んで以来、モメンタムなどのスマートベータに注目しておりまして、サクソバンク証券でiシェアーズの米国株モメンタムETF(ティッカー:MTUM)に投資をしています。過去1年で見ますとMTUMが+29.07%に対し、S&P500が22.28%、今年のパフォーマンスは+4.40%対+3.52%でS&P500を上回っている状況。ここ6年くらい定点観測していますが、過去3年、5年でS&P500を上回ってますし、モメンタム効果は面白い...

スマートベータの6つのファクターのうち、とくにモメンタムには注目していて、資産規模が順調に伸びていないとはいえ、モメンタムETF(ティッカー:VFMO)に関しては注目しています。

現状サクソバンク証券でiシェアーズのモメンタムETF(ティッカー:MTUM)に投資してますが、比較してバンガードの方が良さそうだったらそちらに投資するというアイデアも持ってます。

バンガード(VFMO)とiシェアーズ(MTUM)の米国株モメンタムETFの現状を比較 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

土曜は一昨年新規に設定されたバンガードのスマートベータETF6本についての現状を確認しました。...

ちょうど設定から3年経ちましたし、コロナショックを乗り越えてV字回復。MTUMとの比較を行うにはいい時期かなと。

ということでVFMOとMTUMの現状を比較してみました。

スポンサードリンク
海外ETF

米国よりも欧州や日本の方が評価は高い?iシェアーズETFのサステナビリティ特性でESGの評価を調べてみた

4202711_s.jpg

ESGあるいはSDGsという単語がここ数年語られるようになってきて、投資の面でもMSCIのESG絡みの指数は米国株だけでなく、米国外先進国株、新興国株でも通常の指数を上回っていました。

野村インデックスファンド・先進国ESG株式がFunds-iシリーズ最低レベルのコストで新規設定。確かに先進国ESG投資のパフォーマンスは好調ではある。 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

野村インデックスファンド・先進国ESG株式(愛称:Funds-i 先進国ESG株式)が、1/21に新規設定されました。野村インデックスファンド・先進国ESG株式(愛称:Funds-i 先進国ESG株式)信託報酬が年0.27%と外国株式のインデックスファンドだと0.5%台が並ぶ野村のFunds-iシリーズの中では頭抜けて安いコストになっています。...

で、ESGが注目されてる中、ESGの指数を出しているMSCIの指数を採用しているiシェアーズのETFでは「サステナビリティ特性」という項目が追加されていました。

例えばiシェアーズのS&P500 ETF(ティッカー:IVV)だと以下の通り。

IVV-SDGs-20210214.png

格付やスコアなど出てきているわけですが、じゃあ高配当株とか小型株だとどれくらい違うのかな?と気になりましたので調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。