FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 資産状況
ポートフォリオ

円安の恩恵でリスク資産が前月比+5.5%と大きく増加。2021年3月終了時点ポートフォリオ&資産状況

4011460_s.jpg

1月期のアニメはのんのんびより3期やゆるキャン2期も見ておりましたが、その中でも大ブレイクになったのは1期より話題になったのが「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」でしょう。

そもそもウマ娘プロジェクトは2016年に始まり、当初は2018年冬にリリースされる予定だったものの、アニメ1期が好評なのにその後アプリのリリースが結果的に2021年2月まで伸びたり、プロジェクトの中心メンバーが退任したりと難産でした。

youtubeなどでつないできて今の成功につながるわけですから、よくリリースにこぎ着けたと思いますね。

ゲームの売上もそうですが、2期のDVDは1期より売れそうですし、1期の頃から出ていた音源も売上伸びてるんですよね。

1期は98年~99年のレースが舞台で、これはわたしのような30代中~40代前半の世代がダビスタやマキバオー絡みで競馬に入ってきた世代にドストライクな感じでした。この頃が中央競馬の売上のピークの時期でもありました。

2期はそこから遡って91年~93年のレース。個性的な馬が多い(メジロを除くと有力馬主に偏りがない)上に、オグリキャップの競馬ブームから右肩上がりだった時期。

1期よりも上の世代を取り込んだのも成功かもしれません。

ちなみに漫画版は2期よりさらに前の88年からで、主人公はオグリキャップ。


漫画版は2巻も重版かかってるようですし、この勢いならば3期としてはシンデレラグレイになるかなと思います。

馬主的にメジロ出まくりになってるので、サクラ、ヒシ、シンボリなど一部の馬しか出ないのはわかるのですが、一部の馬は仮名や登場しない馬がいるのは残念でもあります。

奇行が目立って人気なゴールドシップの祖父はメジロマックイーンなのですが、父親らしき馬はアニメ1期、大叔父(父の叔父)は漫画版でいずれも仮名。

そこ辺はJRAと社台グループ(特に黄色と黒の縦縞の社台HR)と話つけれないのかと思いますが。

さて、長くなりましたが、本題に戻りまして2021年3月終了時点の資産状況を確認します。

スポンサードリンク
ポートフォリオ

最後の2日で株価は大きく下げたが2月はプラスだった。2021年2月終了時点ポートフォリオ&資産状況

4438802_s.jpg

先週初めに夜中というか日付変わった深夜に吐き気と寒気がしまして、吐いたあと寝てても顔がほてるのでどう見ても熱あってやばいなということがありました。

で、そのまま寝ようとして10分くらい横になっても不安で寝れない上に身体がほてってるわけで、とりあえずアクエリアス飲んで味覚や嗅覚はおかしくないを確認後、発熱相談センターに電話。

電話の応対は丁寧で去年の6月くらいに体調崩したときよりも丁寧だったと思います。深夜だからこそ丁寧な人に当たったかもしれませんが。

翌朝起きたときは汗かいてましたが、明らかに熱がある感じはなくなったものの熱は吐いたときとほとんど変わらず。

通院したことのある内科にまず連絡という指示だったので、そのまま行って色々と検査をやってもコロナの症状もないし風邪ということで薬もらって療養。

当日夕方には熱が下がり翌日には普通に1日過ごせるレベルになりました。

結局胃腸の不調は数日続いたのでそれが原因だったと思いますが(仕事のストレスも)、定期的に体調が崩れるかアレルギーで突発的症状悪化が起きてしまう人間にとっては辛い時期が続きます。

それにしても発熱相談センター対応は丁寧なのですが、指定の病院も教えてくれたものの、3つの内1つはどう考えても公共の交通機関ないといけないだろという場所ですし、残りの2つも1つが小児科でほんとに診てもらえるのかはわからないとのこと。

小児科は大人でも診てもらえるのか事前にはっきりしておいた方がいいと思いますけどね。地元自治体というよりは医師会の問題かもしれませんけど。

ちなみにコロナ以来亜鉛のサプリ飲むようになったのですが、熱がすぐ下がったのもその効果が現れてると見ていいんでしょうかね・・

はたらく細胞を見ているせいで顔がほてって熱があるときは細胞が頑張ってんのかなぁというのを考えながら寝てました。

さて、本題に戻りまして2021年2月終了時点の資産状況を確認します。

スポンサードリンク
ポートフォリオ

2日連続株価が大きく下がったが前月比プラス。2021年1月終了時点ポートフォリオ&資産状況

4328674_s.jpg

1月の日程的に資産の集計を1/30に行ったわけですが、その2日前からダウも日経平均も下がる下がる。

急上昇していたゲームストップの株式購入を規制すると発表したのが起因と見られてますが、「ヘッジファンドには自由な取引が許されておきながら、ロビンフッドが個人投資家の購入をブロックした」という批判は正しいかと。

ただ、視点を変えるとコロナで家にいる機会が多い、行動が制限されていたとはいえ、それだけ素人が投資をしていることの証左。

「新訳バブルの歴史」はITバブルがはじける前までを描いているとはいえ、チューリップバブルやニュートンも損した南海バブルも含めて、一般層が投資を語り始めてバブルがはじけたわけです。


リーマンショックもその住宅ローン版といえますが、靴磨きの少年が株について語り始めてる状況に近いものがあるのは怖さがあります。

そして2月になったわけですが、3年前は急落して国内外の小型株がかなり長引くダメージを喰らい、去年はコロナショックの始まりでもありました。

今年も2月が始まりだったというケースも想定されるので、配当再投資予定の3月に投資する準備を進めたいと思います。

さて、本題に戻りまして2021年1月終了時点の資産状況を確認します。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。