FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 月次分配金歴
月次分配金歴

嵐の予兆かHDVの分配金が大きく減少・・2018年12月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

12月に入りまして世界的に株価が下落し始めています。

すべてが悪い数値ではなくいい数字も出ている点もあるのですが、流れが変わるとちょっとした悪いことに目が行って売られるという形になってるかなと。

運用してもう7年になりますが、12月はいつも悪くて横倍という感じでだいたい上昇してることが多かった印象。

たいたい冬のボーナス枠で投資したときは年明けから株価が下落して高値つかみということがちらほらありましたし。

なにかの記事で見たのですが、12月株価が下がると翌年の株価は良くないことが多いそうです。

かねてから来年は相場が怪しいという話は各所で見かけただけに、2015年後半から2016年夏ぐらいまでの相場の空気を最低でも意識しておいた方がいいでしょうね。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
月次分配金歴

BLVとLQDでQII (Qualified Interest Income)の還付金をいただきました。

BLV-LQD-qualified-interest-income-20181123.jpg

わたしのポートフォリオはインデックスファンドと海外ETF中心に運用をしていますが、分配金や配当という意味では海外ETFと国債の変動10ぐらいしかありません。

だいたい国債の変動10とBNDやBLV、LQDといった債券ETFは月の前半なので、月の後半にSBI証券から「外国株式等配当金のご案内兼支払い通知書」のメールが来るのは3,6,9,12月の株式ETFの配当のときだけなんですね。

ただ、ほんとうに月末が支払い日なため結局月を超えて支払われることも多々ありますが・・

今週、通常は配当金の支払い通知書のメールが来るはずもない11月後半のタイミングでSBI証券から連絡がありました。

支払い通知書を見てみると、バンガード米国長期債券ETF(ティッカー:BLV)とiシェアーズ米ドル建て投資適格社債(ティッカー:LQD)からなのですが今月分の分配金は既に支払い済。

BND筆頭に債券ETFの分配金が大幅増。2018年11月度分配金報告 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

Jリーグをよく見るようになったのは海外リーグのように頭抜けたチームがなく混戦模様で、降格争いやJ2の昇格争いが面白いのがあるからだと思います。...


LT Cap GainやST Cap GainといったキャピタルゲインならばiシェアーズのLQDやバンガードのBLVのページの分配金一覧に出てくるはずなのですが、出てきてないのでこれは「QII (Qualified Interest Income)」の還付金だなと。

バンガードの債券ETF(BND,BLV)でよくわからない分配金が出たのでなんなのか調べてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

だいたい毎月10日ぐらいに海外ETFで投資している以下の債券系ETFの分配金の報告書がSBI証券のサイト上で見ることができます。...

どういうわけか昨年から発生しているので、なぜ一昨年は発生しなかったのかが不思議ではあります(見落としてた可能性はあるが、BNDに関しては一昨年時点で結構な規模になってる)。

個人的にLT Cap GainやST Cap Gainとなにが違うんだろと思いましたので、調べたことなどをまとめてみました。

スポンサードリンク
月次分配金歴

BND筆頭に債券ETFの分配金が大幅増。2018年11月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

Jリーグをよく見るようになったのは海外リーグのように頭抜けたチームがなく混戦模様で、降格争いやJ2の昇格争いが面白いのがあるからだと思います。

とくにJ2降格とJ1昇格は選手生命やチームの経営に多大な影響を与えるため、スタジアムの雰囲気はすさまじいものがあります。

今年のJ2は最終節で優勝の可能性ありのチームが4チーム(松本、大分、町田、横浜FC)で、最大4枠の昇格プレーオフ圏内である6位以内を争っていたのが3チーム(東京V、福岡、大宮)という状況。

おまけにスタジアムの環境整備などでJ1の昇格の資格がない町田が上位に食い込んでいて且つ、最終戦が負ければプレーオフ圏外7位の可能性がある東京Vということで複雑な情勢でした。

地元のチームが絡んでいることもあり、BS1とDAZN2元の3元中継(途中競馬中継をテレビ2元やってたので4元)の状況でした。

各試合すべて1点差以内の決着で、残り5分から試合が動く状況で最後は優勝も自動昇格も引き分けのチームが昇格という結果に。

そしてJ1昇格の夢を絶たれたのが地元のチームというのがなんともいえない結末に・・

まぁ、シーズン後半からずるずる6位に落ちて最後に7位ですから覚悟はできていたわけですが。

これもサッカーという話ではありますが、J2に落ちてくるチームも含めて戦力の引き抜きにも怯えながらのオフシーズン入りなのは本当に冬になったとしかいえない状況です。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。