関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 投資関連本
投資関連本

つみたてNISA、iDeCoで参考になるKISSポートフォリオの9つのルールとは?投資の大原則第2版を読んで

THE_ELEMENTS_of_INVESTING_20180720.jpg

ブログを始めて4年ですが、投資はもうすぐ7年が経過しようとしています。

ブログを始めるまでの数年の間も投資関連の本を図書館で借りたり、購入したりして読んでいました。当然当時の情報はインデックスファンドのコストなんか比べものにならないレベルになっていて古くなっています。

現在の投資環境を反映してか、読んだ当時は最新の情報だった書籍の改版版も出てくるようになりました。

その一つに投資の大原則という本があって、読んだのは投資を始めた直後で6年近く前だと思うのですが、当時は表紙が赤い本でした。

今回その2版が出たので内容の復習ということで購入して読み直してみました。


著者はウォール街のランダム・ウォーカーのバートン・マルキールと敗者のゲームのチャールズ・エリスの共著です。

ウォール街のランダム・ウォーカー〈原著第11版〉を読んで - 関東在住福岡人のまったり投資日記

投資の啓蒙書として非常に評価の高いウォール街のランダム・ウォーカー(著者:バートン・マルキール)という本があります。最初に発行されたのは実に40年以上前で、バンガードがインデックスファンドを生み出す前の話にもなります。...


ウォール街のランダム・ウォーカーよりも簡潔でコンパクトにまとまった本になっています。

内容的には①貯金、②分散、③低コスト、④リバランスの重要性を説いた本になっています。

個人的に気になった点は以下の2点ですね。

スポンサードリンク
投資関連本

お金の意味から金融政策まで一通りわかるMONEY もう一度学ぶお金のしくみを読んで

ruble-1370418_1920.jpg

先月はボーナス月で総資産が大きく増えたわけですが、なんどボーナスを経験してもお金を増やして早く楽をできるようにしたいというモチベーションをあがります。

どうやってお金を増やしていくかを考える上で、お金ってなんぞやとか、どういう歴史を経て今の金融政策になった経緯などを知りたいなと考えています。

将来的にお金はどう変わるか?という本は昨年読みましたが、いまは過去からの流れを知りたいなと。

お金2.0を読んで、資本主義から価値主義へ変わる新しい経済のルールと生き方について考えてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

わたしがCDを聞き始め、Mステなどのランキングも意識してみるようになったのが20年数前になるわけですが、そのころは100万枚売れるシングルCDが多くありました。...


そういった本を探していたところ、お金の意味から金融政策まで一通り網羅したMONEY もう一度学ぶお金のしくみという本を見つけたので購入して読みました。

ダートマス大学で公共政策と経済学を教えていて、経済学関連の本のベストセラー作家であるチャールズ・ウィーランの460ページにわたる大作ですが、本の厚さ分だけのわかりやすく丁寧な説明且つウィットに富んでいて読んでよかったです。

お金の起源からインフレ/デフレや中央銀行の金融政策について詳細に書かれているのも個人的に高評価です。

個人的に印象に残ったことをあげると次の3点ですね。

スポンサードリンク
投資関連本

ジョブズ、ザッカーバーグを超える反逆の起業家の実像とは?ピーター・ティールを読んで

peter-thiel-20180615.jpg

投資をやってる人で世界的な企業になるベンチャー企業を見つけることができれば・・と考える人は結構いるんじゃないでしょうか?

ただ、自分の専門分野ならば見つける確率も多少は上がるかもしれませんけど、そう簡単には見つかるものではないでしょうし、ベンチャー企業も操業当初は自転車操業のところも多く、うまくいくとは限りませんからね。

となると注目されるのは起業家ですね。

いま、ペイパルの創業者であり、フェイスブックの取締役やヘッジファンドの会長も兼務しているピーター・ティールの本が話題になっています。


反逆の起業家のキャッチコピーで本の表紙がこれです。ジョジョ立ちをほうふつとさせますし、反逆つながり且つ本が黒の配色なのでルルーシュと同じポーズでもありますw
ruru.jpeg
出典:Amazon

この本は2017年9月にティールの出身地ドイツで刊行された本の翻訳になります。

ピーター・ティールは起業以外にも2016年のアメリカ大統領選挙でトランプの支持を打ち出し、トランプ政権の要職に関係者を送り込んでいます。

シリコンバレーにも大きな影響力を持つピーター・ティールですが、その生い立ちと独自戦略、破壊的思考法を読みますと非常に興味深い人間であると同時に、動向を追いかける必要があるなと思いました。

個人的に感想をまとめると長くなりましたが、以下の7点ですね。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。