関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > バンガードETF
バンガードETF

ニューヨークダウが600ドル以上下落したが、気になるのは金利上昇と80ドルを切ったBND

BND-80doll-20180204.jpg

ニューヨークダウが久々に665ドルマイナスという大きな下落になりました。

昨年後半は上昇が続きましたから、あぁ下がったなぁ程度にしか思わないような投資スタイルの人間ですし、665ドル下がっても3%以下の下落ですから、パーセントで見ると下がったなぁという感じにもならない。

もちろんこれは26000ドルいってるからであって、これが15000ドルとかだと結構な下げ幅になりますからね。現状ではDOW30000ドルのキャップ被ったおっさんが取引所に現れる方が近い状況ですし。

個人的に20%下落したら貯まってきた分配金使って再投資を行おうかと検討しているところではありますが、20%下がっても20000ドル割らないんですよね・・

ただ、今回の下落は金利の上昇が絡んでいてちょっと気になるところです。

以前S&P500以外の資産の長期的な動向を調べたことがありましたが、その際債券で使えそうな指数として以下の3つがありました。

米13週国債:IRX
米10年国債:TNX
米30年国債:TYX

関連記事 >> NYダウが2万ドルを突破したので、S&P500や他の資産(債券、REIT、原油、金)と比較してみた

この3つの指数を過去1年で見てみますと・・

IRX-TNX-TYX-1y-20180204.png

赤の13週国債急激の上昇し続けているんですね。もちろん青の10年債もここ2カ月ぐらいで一気に上昇しているので、この事象が気になって株が売られたということでしょうね。

ちなみに債券ETFをみると、私の先進国債券のコアであるバンガード米国トータル債券市場ETF(ティッカー:BND)が、先月末の総資産集計時は80.5ドル超えてたのに、昨日で80ドル切りました。

80ドル切るとなりますと、夏のボーナスまで海外ETFを使った投資をしない予定でふとんの中にくるまっていても、ふとんから顔を出すレベルにはなってきたかなと。

ということで金利と債券ETFについて更に詳細に調べてみました。

スポンサードリンク
バンガードETF

2017年冬のボーナス分の投資を開始。バンガードの米国増配株式ETF(VIG)と米国長期債券ETF(BLV)を購入

fuyuno-NISA2017-start-20171212.jpg

アメリカやヨーロッパだとサマータイムがあるわけですが、これが結構曲者なわけでして、例えば海外サッカーのドイツリーグ(ブンデスリーガ)の試合は夏場ですと日本時間の22時半開始とかなんですが、冬場だと23時半開始。

同様にアメリカ市場が開くのも1時間遅れて23時半になりますので、冬場に米国株を買おうとすると、平日の月曜とかに24時に買おうとはならないわけです。だから金曜に買うことがどうしても多くなってしまいます。

年末は忘年会で帰りが遅い時もありますが、流石に酒が入っている時に購入ボタンは押せないです。

という感じですっかり寒くなる季節に遅くまで起きるのは辛いのですが、ボーナスの金額が判明したことですし、あらかじめ証券口座に移しておいたので冬のボーナス枠での投資を6か月ぶりに開始しました。

前回のNISA枠の投資の記事 >> 2017年夏のボーナスの投資を完了。iシェアーズ米国高配当株ETF(HDV)と米国債券ETF(BND,LQD,BLV)に投資しました。

投資方針は先月書いたとおり、カウンター狙いの守り重視です。

関連記事 >> カウンター狙いの体勢はとりつつ守り重視な2017年冬のNISA戦略

投資予定の金額はNISA枠をはみ出ますが、まずはNISA枠を埋めるということで以下の2本のETFに投資しました。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガードが提案するバランス型ポートフォリオ構築案を検証してみた

vanguard-balance-portfolio-20171210.jpg

昨日のモーニングスターのETFカンファレンス2017の中で、ポートフォリオ戦略も話題になっておりましたが、商品が揃っているのと長期の運用実績があるだけに、バンガードは具体的なETFを使ったポートフォリオを提案していました。

ETFカンファレンスの記事 >> 4年連続で参加となった六本木開催のモーニングスターETFカンファレンス2017

ただ、こういうセミナーってどうしても高齢者に偏ってますから(ただ昨日は前年と比較しても平均年齢は若かった気がします)、来年の相場という話になるもの。バンガードは一切話をしないそうですので、その分自分の強みを出してた気がしました。

そんなバンガードが提案していたバランス型ポートフォリオの構築案が以下の通りです。

IMG_0715.jpg

バンガード・米国トータル債券市場ETF(ティッカー:BND)は2%ぐらいは分配があるのですが、バンガード・トータル・インターナショナル債券ETF(米ドルヘッジあり)(ティッカー:BNDX)は0.7%ぐらいなので、インカム型と言われても昨日のセミナーに出席している高齢者向けなのか微妙ではないかとも思いましたが・・

では、実際のパフォーマンスはどうなのか?株式50%+債券50%のバランス型ポートフォリオを検証してみました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。