FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > バンガードETF
バンガードETF

バンガードからのお年玉?VTやVWOなどETFやファンド56本の経費率削減を発表

vanguard-costdown-20200102.jpg

バンガードが年末に公式サイトでVTやVWOなどVanguardのETFやファンド56本の経費率削減を発表しました。

バンガードジャパンには一切ニュースは載っていなくて、12/26の記事のようですけど、以下のtweetみるまで気づきませんでした。


ちなみに記事中にいつ実施されるのかを探してみましたが、とくに期日は1/1時点では載っていません。

Expense ratio cuts on 56 Vanguard funds mean more savings for you | Vanguard

Vanguard announces expense ratio reductions on more than 56 ETFs and mutual funds. See which funds are affected.

例えばVTの公式を見ても改定前のまま(1/1昼時点)ですので、来月実施とかの可能性もあるかもしれません(例年2月にコストダウンの発表が多い)。

VT-facts-20200101.png

ただ、それ以外のETFの中には既に値下げされいてるETFもありまして改定後のコストが反映されてるもの20本くらいありました。日本語サイトのニュースを見返してもとくに発表されてないのですが。

日本での需要という意味ではVT、VWO、VSSあたりが大きいかなという印象。今回のコストダウンの恩恵を受けれるETFはわたしがホールドしている銘柄も4本。

しかも大幅にコストダウンしてくれたのが3本もあって非常に助かります。

56本中20本くらいはファンドが含まれていましたので、大手ネット証券で取り扱いがあるものとそうでないものも含めてまとめてみました。

スポンサードリンク
バンガードETF

BND、BLVの債券ETFと米国セクター株式ETF(VDC,VHT)に投資をして、2019年の投資は終了です

road-to-2020.jpg

11月末に計画を立てて意味があるとはあまり思えないけど、一括で買ってもなということでタイミングを地味にずらしながらボーナス枠の投資分を購入していっていましたが、すべての投資を終わりました。

2019冬のボーナス枠の投資で新たに新興国債券ETFに投資します - 関東在住福岡人のまったり投資日記

明日から12月ということで、海外ETFを使った冬のボーナスの投資をどうしようかと今週検討をしました。ちょっと円安方向なので、やや高めに見積もって1ドル110円で計算しているんですけど、債券も株式も6月と比較して上昇している状況。...

去年のように12月に株価急落ということを経験しますと、12月前半に買ってそのあと株価急落とかになってしまいますので、タイミングを3週間ぐらいにわたってずらしたものの株価は上がる上がる。

債券ETFも横倍の状況ですが、さすがに債券高・株式高が並行して進む時期が長いとは思えませんので、来年は状況を見てどちらかの比率を増やす局面は来るんじゃないかと予測しています。

去年最後にさえなかった分、2019年は恵まれた相場だったと思います。

2018年の再来となりそうな予感もありますので、いろいろと投資対象も含めて分析していこうと思います。

ということで、最後に投資した4本を紹介します。

スポンサードリンク
バンガードETF

新たに投資を始めたバンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)の現状を確認

VWOB-vanguard-emergingbond-20191222.jpg

今年は配当再投資を開始したり、サクソバンク証券での投資を開始したりと投資方針をここ数年で一番変えた年となりました。
当初は配当再投資とサクソバンク証券のコンボだけの予定でした。

しかし、アセットアロケーションの最適化を読んだのと、1年前は割安じゃないか?と考えていた債券が割高に一気に転換したため、これまでと同じ米国債偏重でいいのかなと。


なので分散を考えて新たにグローバルREITと新興国債券への投資を行うことにしました。

これがどう転ぶかわかりませんが、資産を分散したほうがいい時期かなと思うんですよね。

ということで、水曜日にバンガード・米ドル建て新興国政府債券ETF(VWOB)に初めて投資しました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。