関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > サッカー
サッカー

ロシアワールドカップ総括 欧州の中心は政治もサッカーもドイツからフランスへ?

eiffel-tower-1156146_1280.jpg

1ヶ月間にわたったロシアワールドカップが終わり、ようやく通常の規則正しい生活に戻った感があります。

しかし、Jリーグ所属の選手は大変でわたしは今週末から再会と思ってたんですけど、昨日から再開だったんですね。ワールドカップ出た選手も出場してましたし大変やなと。

日本人期待の若手については先日記事にしましたが、決勝まで終わっていろいろと勢力図の変化や傾向も見えてきましたので、記事にまとめてみます。

4年後や8年後に日本代表で活躍してそうな有望株を国内組中心に18人ピックアップしてみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

サッカーの日本代表は3度目のベスト8挑戦となりましたが、決勝トーナメント初得点&2点差リードの状況から一転、ロスタイムに決勝点という残念な結果になりました。火曜朝3時開始という社会人にとっては地獄のような日程でしたが、今大会って競合がなにかしら問題点を抱えていて差がない印象ですし、ベルギーの基本フォーメーション見たら守備が弱そうに見えたんですね。...

ちなみに4年前のブラジルワールドカップのときにも総括の記事書いてるんですね。

当時はブログ書き始めて半年ぐらいの時期なのですが、予想してたことは結構当たってたんですね。

W杯総括 ~経済とCL成績から必然だったドイツの優勝~

  • スペインなんかは無敵艦隊(笑)と言われてた万年ベスト8くらいになるかもしれません。
  • 一方今回の主力が24とかのドイツは今後覇権を取る可能性大と言えるでしょう。それに続くのはロッベン、ファン・ペルシーが30歳のオランダよりは、若手有望株がいるフランスになるのではないかと考えます。
  • 南米の代名詞だったアルゼンチンとブラジルは今後欧州に対抗できるのか?という疑問も抱きました。

イングランドに関しても大丈夫?と書いたのですが、今大会復調しました。とはいえ、若手が順調に育たないケースもあるため一概に次の大会でいいかというと疑問です。

南米勢は懸念したとおりベスト4に一チームも残りませんでした。

4年ありますので投資でもそうですが投資の考え方も変わってくるように、サッカーもトレンドが変わるとは思いますが、4年後に向けて今後の展望と日本が同様の成績を残すための条件について考えてみました。

スポンサードリンク
サッカー

4年後や8年後に日本代表で活躍してそうな有望株を国内組中心に18人ピックアップしてみた

child-613199_1280.jpg

サッカーの日本代表は3度目のベスト8挑戦となりましたが、決勝トーナメント初得点&2点差リードの状況から一転、ロスタイムに決勝点という残念な結果になりました。

火曜朝3時開始という社会人にとっては地獄のような日程でしたが、今大会って競合がなにかしら問題点を抱えていて差がない印象ですし、ベルギーの基本フォーメーション見たら守備が弱そうに見えたんですね。

日本代表の攻撃の肝である柴崎-香川-乾のところにプレスかけないので点取れる可能性があるなと。ベルギーとは対戦成績も悪くないですし、ベルギーが今のチームの面子となった直近2回の対戦では善戦してたので、案外打ち合いでもやれるかなと思ったんですよね。

最後は控えで使えるのが本田しかいない状況だった日本との差が見られましたし、そういう面はベルギーとの総合力の差ともいえますが、一方で2010年の南アフリカと今回とで、日本がW杯で善戦するために必要な要素というものはだいたい見えてきたと思うんですね。

大会1ヶ月前からの上積み、コンディション調整、スカウティング、CBは高さ重視のチョイス。この4つが必須になっていくのがわかったのは次の大会でも活きてくるのではないかと。

一方で、ゴールキーパーに関しては現状Jリーグでも外国人キーパーが増加している現状、育成を根本から見直していく必要があるでしょう。

さて、今大会の日本代表の平均年齢は高めということで、今後世代交代が必要となります。

東京オリンピックがあるため、とくに21歳以下の世代は強化に力をいれている世代で、W杯に帯同させたりしています。

世代交代が必要な中、じゃあ4年後日本代表になってそうな選手はいるかということで、ベルギーの監督の顔を中継で見てウィガンのマルチネスやんと気づくぐらいの知識をもってる私なりに、各ポジションで今回代表に呼ばれなかった有望株をチョイスしてみました。

スポンサードリンク
サッカー

投稿日時的に1試合開幕しておりますが展望します。2018年Jリーグ展望(J1編)

J1-2018-tenbou.png

投稿時間的に1試合ほど終わっておりますが(書いてるのは週初め)、J2に続いてJ1も2018年の展望したいと思います。

昨年は鹿島、川崎、柏あたりは適切な予想ができたと思ったのですが、磐田に関しては降格争いと予想したら、守備が堅くなるは、川又が復活するわで完全想定外。セレッソは監督がまともになったものの中位ぐらいと予想でコメントなしだったのにも関わらずまさかタイトルまで取るとは。

昨年の記事 >> 2017年Jリーグ展望(J1編)
J2展望の記事 >> ブログのテーマからそれるけど今年もやるよ。2018年Jリーグ展望(J2編)

今年はW杯の年であり25周年となるわけですが、海外リーグしか見ないという人がいるかもしれません。しかし、5大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランス)ともに優勝争いするチームはカップ戦含めて固定化している状況。

ドイツのブンデスリーガなんか1番手のバイエルンが2番手以降の主力引き抜きまくって、逆にリーグ全体の他国との戦績が低下傾向といびつな状態となっています。

それと比較するとどこが優勝するかわからないJリーグって見てて面白いリーグの一つだと考えます。

そういえば、今年のマスコット総選挙でリーグ開始時からいるグランパスくんが優勝したわけですが、25年の月日のせいかクラブのロゴも以下の変更される状況に。

C2MImZ0VIAY2oPN.jpg
なお、本人は昨年ダイエットしていた模様・・


まぁ、同じ名古屋のマスコットであるドアラも25年前とは顔が全然違うんですけどね。

さて、本題に戻りまして2018年シーズンの展望です。

なお、ここで名前あげてないチームは中位以下との予測です。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。