FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 米国株
米国株

日本のアニメコンテンツを拾うNetflix、閉店しまくるTSUTAYA

netflix-2705725_1280.jpg

ダイヤモンドでマネタイズ戦略という本が記事になっていて、面白そうだなと思って読んでみたのですが、本の中で言及されていてこれまでとは認識が変わるなと思ったのがNetflixです。


もちろん買い物もあわせてできるので動画に関してもAmazonが優位だという考えは変わらないのですが、思ったよりNetflixは強いんじゃないかとここ2週くらいのニュースも併せて思ったんですね。

テレビは8年くらい買い直していないのですが、Netflixのボタンのついたリモコンがあるんですね。家電量販店は定期的に除いてた方が投資に役立つかなと思いました。

で、そのNetflixですがなぜ設立されたかというと、『アポロ13』のビデオテープをレンタルした際、返却期限に間に合わず40ドルの延滞料金を支払った経験がきっかけで、オンラインでのDVDレンタルサービスを事業とすることを思いついたのがきっかけです。

当時のレンタルビデオチェーンが実は延滞料金で儲けてるのに怒ったのが起因でいまに至ってるんですね。

そのレンタルビデオチェーンですが、日本ではTSUTAYAの閉店する店舗が目に見えて増えています。

TSUTAYAの閉店っぷりが容赦ないこと

昨年小田急商事がTSUTAYAフランチャイジーから一気に手を引いたことで、小田急沿線の駅近店舗がすごい勢いでスカスカになったりとか、大阪府豊中市のTSUTAYAが、4店舗あったのが昨年1年の間に一気に3店舗閉店してロードサイドの1店舗だけ残ったりとか、というのもそういう感じで。
CCCの思惑、フランチャイジーの経営状況によっては、今後もっとすごくなるような感じで。ていうか、昨年六本木駅そばのTSUTAYAが消えて、この3月にはミッドタウンの店も消え、六本木ヒルズの店に完全に集約する状況を見るにつけ、聖域などない感がひしひしと。多分今年は100店舗以上死ぬ。

TSUTAYAの店舗数減と売り場の総面積の増加の傾向は続いていますが、Tポイントも頭打ちの状況で、蔦屋書店増やしてもAmazonのリアル書店が日本に進出してきたらどうなるのかなと思いますが。

久々に近所のTSUTAYAに行ってセルフレジを使って思うこと - 関東在住福岡人のまったり投資日記

歳を取るにつれて流行の音楽を追わなくなるという話ですが、5年ぐらい前まではそんなことないだろうなと思ってました。ところがここ数年ほんと音楽は固定されたものばかり聞くようになって、古い曲が多くなったんですね。...

レンタルチェーンの終わりが近づいてきたと思う一方、Netflixはさらに気になる動きをしてるのですよね。

スポンサードリンク
米国株

ジム・ロジャースやバフェット、ソロスといった米国の著名投資家の年齢を調べてみた

09c6ecd339eb51d5579d3f262ca3bf9b_s.jpg

最近ジム・ロジャースのインタビュー記事が経済雑誌のWEBやら日経に載ってるなと思ったら本がでてるんですね。

一応東洋経済の経済本絡みのランキングでは上位に来てましたね。

ただ、個人的に信用しちゃいけないタイプの人間だと思うんですよね。日本株に関して発言がコロコロ変わるという印象があったのですが、まとめを見ると以下の通りでした。

世界的投資家のジム・ロジャーズさん、適当発言を繰り返した結果つじつまが合わなくなる

日本株の上昇は始まった(2013/05/30)
日本株をすべて売り払った(2013/06/10)
日本株を買い増し(2014/01/20)
日本株を買い続ける(2015/03/20)
日本株を買い増し(2015/08/24)
日本株をすべて投げ売った(2015/09/14)
日本株は買いに転換(2016/11/28)

インタビューは日経と現代ビジネスですけど、これ以外でも日本株は二度と買わない的な発言をダイヤモンド、東洋経済あたりでも見かけた記憶があるのですけど・・

なお中国の時代が来るといって香港ならまだしもシンガポールに住んでいたり、娘に中国語を学習させているといいながら、嫁が中国系という話も見たことがありなんだかなと。

そんな中、以下の記事を読みました。

世界景気はどこまで不安含みなのか? – アゴラ

氏は投資リターンという観点から社会を見ていると思います。ただし、76歳の氏がみるその視点はやや古いスタンダードをベースにしているように感じます。88歳のウォーレンバフェット氏の投資リターンも最近は華やかしいものではありません。昨年末の株式相場の下落でアメリカの著名ファンドマネージャー達もずいぶん店をたたみました。ニューノーマルは確かに存在し、基準点が変わったことを認識しないと世の中を判断するのは難しい時代になったということでしょう。

バフェットのリターンが○○という話が出るとフラグな予感もするのですけど、書いてあることは一理あるかなと(ただしバークシャーの運営は後継者がかなりやってると思いますけど)。

一概に年齢で判別すべきものではありませんが、米国の著名投資家の年齢ってあまり意識したことがなかったので調べてみました。

スポンサードリンク
米国株

ディズニーとの事業統合を進めている21世紀フォックスについて調べてみた

fox21th-20190226.jpg

J-COMと契約して月5000円ほど使っているのですけど、スポーツ中継を見るのとNHKの料金をまとめて払えるのは楽ではあります。

で、J-COMと契約した主な目的はBSを見るとCSのスポーツ中継を見るというのが当初の目的でした。DAZNが登場しましたけど、それでも重複しない番組があるので、CSの価値はありますし。

スポーツ中継ではホークス戦の中継をFOXスポーツエンターテイメントをみることが多いです。

今の時期は昼間宮崎のキャンプ中継、更によるは実況解説なしの球場内音声のみの再放送やってます。

ある意味ニッチだけど確実に需要のあるコンテンツを持ってる強みの例と言えるでしょう。

で、個人的に親元のアメリカのFOXはどうなってるんだろうなと思いました。

ディズニーが買収しようとしているという話もありますけど、それなりにコンテンツを持ってるからじゃないかと推測されますし。

ティリングハストのファンドも21世紀FOXには投資をしているんですよね。

保険事業は強い?ティリングハストのフィデリティ・ロープライスト・ストック・ファンドが投資をしている米国株の分析 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ジョエル・ティリングハストがファンドマネージャーを務めている、フィデリティ・ロープライスト・ストック・ファンドについていろいろと調べています。...

ということで21世紀FOXの現状について調べてみました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。