FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 米国株
米国株

二重課税の回避及び脱税の防止のための日本とアメリカとの間の条約を改正する議定書が発効ということで期待したが・・

c68a0ec4d3f3f61090d691556053b749_s.jpg

9月になりまして消費税増税も話もニュースになってきました。

個人的にはお客さんで8%は計算しにくいという人もいますし、スーパーとかの税抜きが続くのであるならば10%ならねという気もします。

冷静に考えて医療費増大で如何に高齢者から納税してもらうかを考えると、景気や消費の冷え込みが起きるとはいえ、施策としては仕方ないのかなと思いますね。

そんな中、日曜に湘南ベルマーレ圧勝おじさんとして有名な河野外務大臣が以下のtweetをしておりました。

この文言みると仮にNISAを使っても米国株やアメリカ上場ETFの配当金から源泉徴収課税で米国で10%引かれてる分に関することなのか?と思えてきます。

個人的にはサクソバンク証券でW-8BEN(米国軽減税率)提出前にアメリカ10%、日本で20%課税されたので少しでも楽になればと思いましたし。

発表が外務大臣でしたが、財務省がこの件に関して資料を出しているので読んでみました。

スポンサードリンク
米国株

医療機器メーカー大手のメドトロニック(MDT)

Medtronic-20190807.jpg

個人的にヘルスケアセクターを重視していて、実際海外ETFでセクター別の比率を集計するとヘルスケアセクターがトップです。

2019年7月終了時点の海外ETFのポートフォリオ公開と今後の方針 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

資産の集計は忙しくなければ毎月1日に行っているのですが、1日夜に色々あって円高と株安が進行。8月になって夏枯れ相場になるでしょうから、来月は資産が減少した結果になりそうですね。...

バンガードのヘルスケアセクターETFのVHTで投資をしていますけど、ETFの業種の内訳としては、医薬品30%、ヘルスケア機器22%、バイオ20%、管理健康医療10%という感じ。

もちろん医薬品中心なのは承知ですが、創薬開発は当たればでかいけどリスクもつきもの。

であるならば、医療機器のメーカーに関してフォーカスしたいなと。


先々ロボット手術も普及していくと思いますけど、医療器具の重要性は変わらないですからね。

その意味で気になってるのが医療機器のシェアがジョンソン&ジョンソン、GEの次の3番手のメドトロニックです。

ミネソタ州・ミネアポリス創業ですが、いまはアイルランドのダブリンに本社があり、心臓ペースメーカーなどの世界最大手です。

そんなメドトロニックについて調べてみました。

スポンサードリンク
米国株

スターバックス(SBUX)の株価が100ドルを超えそうな件について

SBLX-coffee-20190731.jpg

米国株をやっていて節目となる株価って100ドルとか1000ドル単位になるかと思います。

Amazonなんかはあっというまに1000ドルから2000ドルまでいきましたけど。

そんな米国株の中で節目が近づいているのがスターバックス(ティッカー:SBLX)

都内や関東圏や福岡の郊外見てるとコメダの攻勢に押され気味なのか?という印象もありますが、過去5年の株価を調べてみても、この1年で急速に上昇して金曜発表の決算も高評価で99ドル台まで来ました。

SBUX-SPY-5y-20190731.png

しばらく停滞していた印象で値動きも追いかけていませんでしたが、「アフター・デジタル」に書かれてあった中国市場での施策を読んでおりますと、色々と試しながら変えていってる印象が残りました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。