FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > セミリタイア
セミリタイア

FIRE志向の20代30代は日本でも増えているような気がする

fire-life-shift-20181218.jpg

忘年会の季節になりました。

あまり数を増やしてほしくないと思うのですが、一番やめてほしいのは月曜日開催。

酒飲むと眠れなくなるタイプの人間なんですけど、寝つきが悪いまま1週間過ごして体調悪くなるので先週は相当しんどかった。

一番飲み会が嫌なのが、幹部社員が酒の席でも仕事の話中心で、おまけに転勤や部の移動可能な人間を探しているような発言をしている節があってほんと嫌なんですよね。

その幹部社員の人員配置の計画が破綻しているので、みな仕事で苦しんでいるのに今度はなにを企んでるんでしょうかね・・

さて、そんな嫌で仕方ない忘年会ですが、いい機会なのは20代の社員と話せること。普段職場だとかしこまり気味の人は結構いますからね。

現実的にFIREと定年退職の中間のセミリタイア狙いで、倹約→貯蓄→投資のサイクルを回す - 関東在住福岡人のまったり投資日記

日曜の夜に家にもおらず客先の出張に備えて前日入りという状況下では、どうしても仕事やるってなんぞやということを考えてしまいます。普段日曜にやってる掃除洗濯家事全般をやりませんし、普段とちょっと違う状況下ではやることが限られてきます。貯蓄と倹約を優先して早期に経済的自立と早期退職を実現するFIREという生き方に関する記事が昨年からちらほら見かけておりました。先週はウォールストリートジャーナルでも記事になっ...

忘年会シーズンなので20代や同年代の人ほど話が盛り上がりやすいのですが、話をしていて思うことがあるんですね。

FIRE(Financial Independence and Retirement Early)思考の人増えてるんじゃないかと。

スポンサードリンク
セミリタイア

現実的にFIREと定年退職の中間のセミリタイア狙いで、倹約→貯蓄→投資のサイクルを回す

fire-retire-20181114.jpg

日曜の夜に家にもおらず客先の出張に備えて前日入りという状況下では、どうしても仕事やるってなんぞやということを考えてしまいます。

普段日曜にやってる掃除洗濯家事全般をやりませんし、普段とちょっと違う状況下ではやることが限られてきます。

貯蓄と倹約を優先して早期に経済的自立と早期退職を実現するFIREという生き方に関する記事が昨年からちらほら見かけておりました。

先週はウォールストリートジャーナルでも記事になっていたので、ブログでもこの話題を取り上げている人が結構いました。

貯蓄と倹約が最優先:40歳引退を狙う米国の若者

FIREはFinancial Independence and Retirement Earlyの略で、節約を重視し家計を最小限に抑えることをスリム、資産を増やし投資収益を大きくすることをファットとタイプわけもされているそうです。

記事中のシルビアさんの目標は40歳までに200万ドル(約2億数千万)貯めてリタイアするために、税引き後の所得の7割を貯蓄に回している模様。

7割という数字を見て三菱リーマンさんを思い浮かべたのは私だけではないでしょう。

ただ、実際の生活は三菱リーマンさんよりも節約に突き抜けていてきつそうな印象を持ちましたね。


  • 食費は月75ドル以下に抑制すべく、茶色いバナナなど廃棄直前の食品を選好
  • 娯楽費節約すべく、Netflixは友人アカウントを借用

ここまで極端な人はアメリカでも少ないと思いますが、FIREというコンセプトに特化したオンラインフォーラムのフォロワー45万人以上だそうで、
近い考えを持つ人は多いんでしょうね。

もちろんこの生き方に賛否両論あるかと思いますが、今までとは労働環境と年金環境が変わる中では、
この考え方が出てくるのは仕方ないと思うんですよね。

スポンサードリンク
セミリタイア

25歳で週休5日の隠居生活を始めた人が語る、なるべく働きたくない人のためのお金の話

woman-1822437_1920.jpg

出張と夏季休暇による九州滞在も終わり関東に戻ってきているわけですが、関東よりも九州の方が(とくに福岡)酷暑ではあったものの、やはり地元の方が気持ちが落ち着くのです。

関東に戻ると仕事場に戻ってきた感じがあってモチベーションが夏季休暇のリフレッシュで上がっていたとしても、週明けの大量のメールなどでげんなりします。

理想をいうと半年だけ働き、半年旅人&プロサポーター的な生き方している村上アシシ氏なんかの生き方はあこがれますが、アクセンチュアでコンサルタント経験を村上氏がもってるからこそできるという側面があります。

半年だけ働き、半年旅人なプロサポーターの生き方 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

サッカーのワールドカップも日曜日に終わりましたが、やはりオリンピックとワールドカップは一度は生で見てみたいと思いますよね。...

ですので、参考になる点は参考にしつつも自分なりの道を探していく必要があります。

参考になる点を探すという意味で帰省中に「なるべく働きたくない人のためのお金の話」という本を読みました。


著者の大原扁理氏は25歳で都内週5休の隠居生活を始めて、いまは台湾に移住し海外でも隠居生活ができるか実験中だそうです。

これまでも数冊出版していて、cubさんのブログでもたまに紹介されていた記憶があり、個人的にどんな生活をしているのか気になり、購入して読んでみました。

「年収が下がるにつれて経済的不安からも解放される」というある意味解脱を経験をした人がお金について語った内容は非常に深く興味深いものでした。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。