関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > セミリタイア
セミリタイア

80年代生まれの人がセミリタイアしたのを見ますと、セミリタイア欲が高まりますね

semiretire-20180319.jpg

年度末特有の業務が集中しているのですが、いってることがコロコロと変わると迷惑を被るわけです。いろいろと提出する書類があるので、それを一気に作成したあとに計画を変えられると発狂ものです。

ストレスが溜まっているせいでアレルギーの症状が酷くなっていて余計に困ってる状況。

こういう状況になりますと、仕事やめたいとセミリタイアについて深く考えたくなるものです。

いつも読んでるブログでも、3月でキムさんがセミリタイアを達成しましたし、昨年はよよよさんがリタイアしたあと大分に移住されてますし。80年代でギリギリ昭和生まれの同年代の人がセミリタイアして素直にうらやましい。

Time is money キムのセミリタイア日記
29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログ

キムさんは北海道に引っ越しするようですけど、福岡で資産を築きましたし、よよよさんは大分で居住。

関東で疲弊している人間からすると、福岡に帰ってセミリタイアを目指す上で、九州はセミリタイア目指す人にとっていい土地なのでは?という印象も持ちます。

とくによよよさんの家賃は結構衝撃的な価格でしたので、福岡の家賃状況やセミリタイアのための金額について考えてみました。

スポンサードリンク
セミリタイア

「お金が自分のために働いてくれる世界」に向かうために把握しておきたい、経済的自由に必要な金額

daac56f3564e1ad781f2e8c049f174f2_s.jpg

引っ越しをして図書館の規模がワンランク上がった感がありまして、自分で購入する本とあわせてハイブリッドで読書をすることができています。

しかし、図書館の本の数が多いというのもの、それだけ利便性が高いので本をかりるのも競争になるんですね。

ある程度の数はかりれていますが、予約した直後5番目で数カ月経過してもまだ回ってこないということもざら。

更に8冊ぐらい置いてあるけど予約したら50番目だったということもあり、とうとう予約可能な冊数の上限に引っかかってしまいました。

そうなるとAmazonで購入する分が増えている現状です。ただ、運がいいのか最近結構当りの本を読めてます。

特によかったと思うのが「世界のエリート投資家は何を考えているのか」

タイトルだけ見ると私がふだん読んでいる投資本という感じで、山崎元氏がお勧めしているとなりますと、投資について書かれた専門的な本という印象になるでしょう。

ところが、この本は投資についてだけではなく、お金に関して総合的に網羅していて、初心者から投資経験者まで納得行ける内容になってるんですね。

投資に関してはまた別の機会に関して書くということで、今回はどちらかというとお金の管理とか節約とかに近い、「経済的自由」を手にするために必要な金額について書きたいと思います。

スポンサードリンク
セミリタイア

リタイアの金額の4%分を毎年使うとして、資産額はどこまで増やせばいいのか?

semiretire-4percent-20171026.jpg

10月中旬に仕事がバタバタした影響で、どうも生活習慣がおかしくなっています。というのも徹夜をしてからというものの、高齢者の生活的に4時とか5時に目が覚めるんですよ。

普段寝る時間は早くなるべく朝型生活しようと考えているので、早めにに寝るんですが、これが4時とか5時とか起きる時間の数時間前に起きてしまって昼間眠い。

おまけにせっかく12連勤終わりの日に寝ようとしたら隣が引越し準備で、朝から物音立てまくって目が覚めるというね・・

本当ぐっすり寝れるようにはやくセミリタイアしたい願望が強くなっております。

ちょうどそんな時期にMMさんがアメリカの早期リタイアした人の情報書いていて興味深く読んでいて以下のような記事を見つけました。

参考記事 >> 米国早期リタイア界の常識「4%ルール」

セミリタイアするとしてまず考えなければならないのって以下の2点だと思います。


  • どこまでお金を貯めるのか?
  • 1か月あたりいくらで生活するのか?

この2つを考える上で、リタイア時に持っている金額の4%分を毎年使うという「4%ルール」って一つの指標になるなと考えます。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。