FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > セミリタイア
セミリタイア

40代からのライフシフトとセミリタイア

lifeshift-semiretire-20190912.jpg

年末年始とゴールデンウィークと夏季休暇に関しては帰省しているので、仕事の関係で数か月に1回は帰省しているとはいえ期間が長くなると色々と考えることがあります。

個人的には仕事が嫌で仕方ないタイプですし、関東はお金を稼ぐ場所という認識でしかないため、セミリタイアも含めて色々と考えていきたいです。

とはいえ資産が大きくなったもののいますぐセミリタイアできるかというとそれは心もとないものですので、現実的には40代も働くということは視野にいれないといけません。

40代のキャリアどうするかと考えた上で、50歳まで働くということを考ると40歳まであと5年あるとはいえ備えておかないといけないなと。

ということで40代からのライフシフトという本を読みました。


著者である徳岡氏の経験、選りすぐられた9名の事例などを紹介しながら解説してありまして、80代まで働くとかはさすがにどうかと思うものの、生き方としてこういうのは参考になるかなと思いました。

ただ、事例で紹介された人たちは幹部社員になるような人であったり、人事の部署にいた人やメーカー系の企業にいた人が多いので万人に通じるという感じではないかと。

個人的には会社にとどまろうが、フリーランスになろうが、セミリタイアしようが鍵になるのは「変化への対応」かなと感じました。

スポンサードリンク
セミリタイア

1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法で一番重要なのはお金の5つのレイヤー

yoga-2176668_1920.jpg

イギリスの経済学者ケインズは1930年の講演で、「2030年には人々の労働時間は週15時間になる」と予測して、90年が経過しました。

働く時間が減ると余暇が重要になるという話を当時行っていたのは、働き方改革が進むご時世に驚きです。

その考えから派生してベーシックインカムと絡めた話に持っていた「隷属なき道」などが出版されましたけど、フィンランドなどの実験を見ておりますとやや実現性が後退した印象があります。


ならば仕事のストレスを減らして少しでもおだやかに暮らせるといいなという方向へ徐々に行きたいと考えています。

その方針にぴったりな「1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法」を見つけたので読みました。


著者は山口揚平氏で「新しいお金の教科書」など投資やお金に関する著書多数です。

21世紀は資本主義→時間主義→記帳主義→信用主義?新しいお金の教科書を読んで - 関東在住福岡人のまったり投資日記

年明け早々にPCを購入したりしたのと、年始早々仮想通貨でフラグを立てる人がいてその後にコインチェックの事象が発生したりとお金の価値などについて考えさせられることが複数ありました。...

前作同様資本主義がやがて記帳主義を経て信用主義へと変わり、信用が重要になるという重複部分もそれなりにあったかという印象です。

個人的には20代の人ほど読んでおいて損はないと考えますが、一方で考えることを重視する方なので解がなく抽象的すぎる面もあるように思えました。

ただ、個人的にこれはと思ったのが「お金の5つのレイヤー」「2020年前後の変化のまとめ」という2つの図です。

スポンサードリンク
セミリタイア

NECの新卒報酬1000万のような給与体系が増えると、FIREする人も増えそう

a07b5f651345261141104b67dfed0aa0_s.jpg

新人が入社してきて3ヶ月経過したわけですが、ここ数年新人社員の数が増えてきてる印象ですね。

だいたい新入社員の人数は景気と会社の業績に連動しているのは明らかですので、景気が悪いとか実感できないという話はなんかおかしいと思います。

わたしが入ったタイミングは就職氷河期抜けた時期でしたし、まだ20代でなにもわからなかったときにリーマンショックがあって大変だったにも関わらず育ててくれたという意味で恵まれていたと考えます。

同時に、いまの20代の人たちはわたしたちよりもさらに大変なんだろうなと思いますね。もちろんやりたい仕事のために、フリーランス的な生き方も寛容になっていくというメリット面もあるでしょう。

そんな中、NECが新卒研究者に1000万とか、NTTは1億円というニュースが話題になっています。

NECは新卒1000万、NTTは1億円 研究者待遇、世界基準に :日経ビジネス電子版

日本企業が最先端のエンジニアや研究者の待遇改善に乗り出している。NECは優秀な新入社員には年収1000万円以上を支払う制度を導入。NTTはスター研究者に年1億円の報酬を出すことを明らかにした。

1億円というのはNTTとか可能な会社は限られてると思いますが、1000万というのは採用する会社はそれなりにあるんじゃないかと。

もちろん給与体系の見直しで組合との折衝はめんどいので、いきなり海外拠点勤務とかにする可能性もありそうですが。

で、このニュースを聞いて思ったのは、さっさと稼いであとはFIRE(経済的に独立して早期退職)する人も増えるんじゃないかと。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。