FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > セミリタイア
セミリタイア

来年のボーナスは間違いなくかなり減る想定で考えます

1026851_s.jpg

月曜日にボーナスの査定が出ました。わたし個人的にはかなりよい評価で、増えてることを期待となるわけですが・・・

金額的には夏からマイナス。会社の売上の資料は10月くらいに見たんですけど、やはり4月5月の落ち込みが大きい印象を持ちました。

なので評価が上がってたおかげでマイナス幅も1割減らないレベルで済んだので仕方ないって感じなのですが、会社の年度の売上見ても前年比マイナス1割。

とくに見てて思うのは部門別で見るとコロナ渦で好調なのと不調な部門の格差がすさまじいこと。

わたしの部門はその中間よりやや下ぐらいなんですけど、こりゃ来年はボーナスかなり減ることを想定して動いた方がいいなと。

同時に景気関連で遅効性の影響が出てくるんじゃなかろうかと思うんですね。

スポンサードリンク
セミリタイア

人生を最適化するようお金を使う場合、45歳から60歳の間に資産のピークに達する

965607_s.jpg

個人的に節約→投資という流れを続けておりまして、それとは異なりお金をいかに使うかを説いた「DIE WITH ZERO 人生が豊かになりすぎる究極のルール」の内容は興味深かったですね。


年齢に合わせて「金、健康、時間」を最適化することと経験に金を使うことは40代が見えてきただけにほんとよく考えないといけないなと思ってるので、余計に考えさせられましたね。

で、個人的にもう1点印象に残ったのは「資産のピークがいつになるか」という点。

著者のビル・パーキンスは45~60歳が資産を取り崩すポイントと提唱します。

この定義ってセミリタイアとかFIREとも相性がいいと思うんですよね。

スポンサードリンク
セミリタイア

ねんきん定期便を見ると、現時点での想定では月5万を超えている

2998089_s.jpg

11月になりまして今年も年金定期便が届きました。

昨年、年金2000万問題とかありましたけど、結局なんだったんだ?という感じで騒がれることがなくなりました。

いずれコロナもそんな感じになるんでしょうね。

で、ねんきん定期便には「今後の加入状況に応じて年金額は増加します」と書かれてますが、個人的には今後なくなるかというと維持はされてくるかなと。

「逃げられない世代」に書いてあった想定では、減るのは間違いなく、70歳年金支給開始で、現役時代の50%の所得を確保するためには現役時代の15%~25%の収入を確保する必要あるとのこと。


個人的にはこれくらいの想定で、他の資産も貯めていく必要があると思うんですよね。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。