FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 投資哲学・投資理論
投資哲学・投資理論

株式にも債券にも資金が流入する状況で今後の投資を考える

cat-money.jpg

株価も債券も割高の状況になりつつあります。

その話題は土曜の米国株セミナーでも話題になったのですけど、講演者の江守氏は「まだ債券も買われているが、これは珍しい。この状態は市場にお金があるということで悪くはない」と言っていました。

モーニングスター主催の米国株式セミナー~米国株の魅力と2020年相場展望~に行ってきました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

昨日、モーニングスター主催でマネックス証券協賛の米国株式セミナー 米国株の魅力と2020年相場展望に行ってきました。米国株式セミナー〜米国株の魅力と2020年相場展望〜だいたい六本木で開催が多い印象ですけど、半蔵門の会場は以前も来たことがあるようなという印象でした。...

要するに市場にお金があふれていて、債券・株式ともにお金を流れる分のマネーがあるということですが、逆に言うとお金が足らなくなったときに不景気になるということでしょう。

じゃあ足らなくなった時にどうなるかというと、片方にしか流れなくという感じになるのかなと。

その意味でインフレが進んだ1970年台アメリカ、欧州、日本というのはもっと調べておきたい対象だと考えます。

その一環として1970年代著名投資家はどうしたのかということで、いまアメリカで上場しているT・ロウ・プライスの創業者の本を読んでいるのですけど、いろんな資産を対象にしつつも債券、株式や金に分散して投資していました。


となると今後分散して投資をするならばなにがいいかと考えてみました。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

問題:J2最終節、勝たないとJ1に昇格できない中、1位の強豪に前半リードされてしまいました。あなたが監督ならどうしますか?

EKHa9mZUEAIcjMj.jpeg

Jリーグが佳境に入っていますが、ひとまずJ2はリーグ戦の日程が終わり、1位と2位のJ1の昇格チームが確定。

そんな中、J2最終節柏13-1京都という衝撃的な結果の試合がありました。

ゴールシーンをまとめたものがありましたけど、5分おきに点が入って柏サポーターもゴール時の歓声が最後の方はやや小さくなっています。

個人的には京都の監督はJ1昇格のために攻めて大敗したのは、最終節の特殊条件の中では仕方ないですし、攻めるしかなかったと考えます。

同じ状況なら99.9%の人が攻めることを選択するでしょう。

ただ、こういうケースは仕事やら投資やらにも当てはまることがあって色々と考えさせられるものもあるなと。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

リスクの心理学から考えると、リスク管理だけでなくメンタル管理も重要

waters-3158413_1920.jpg

先週末出張で移動がありまして、ニューヨークダウが28000ドル突破した中で、リスクについて考えなきゃならんなと色々と考えてました。

来月ボーナス枠でいつもの月より多めに投資しますし。

割と「リスク」についてフォーカスしたい本を読みたいなと考えていた中で、「リスクの心理学」という本を読みました。


著者はキエフ・アリ精神科医で、ストレス管理とパフォーマンス向上が専門で、トレーダー向けのコーチもやってたようです。※10年前に亡くなっています。

「リスクを取る意欲の分析」とか「トレーダーを襲う病的なパターンに対処する方法」が中心で、個人的に求めていたものとはちょっと内容が違ってたんですが、大金を管理するとメンタルの維持が人間の能力を超えるんだろうなと。

同時にプラスの状況か続いている中でのリスク管理の観点から心理的な戦略の重要性が見えました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。