FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 投資哲学・投資理論
投資哲学・投資理論

今がリスク資産にとって最悪の時だった場合、投資方針をどうすべきか?

justice-2071539_1920.jpg

株価が冴えない状況になってきましたので、ポートフォリオに関して変更を示唆するような記事も見かけるようになってきました。

ただ、まだ10%くらいの下落ですので現時点程度の下落で戸惑っているようだと、本当に20%とか30%を超える下落になった場合に精神衛生上非常によろしくないような状態になるポートフォリオであるならば、運用方針の根本から見直す必要があるでしょうね。

そんななかレイ・ダリオの興味深い発言を見つけました。

レイ・ダリオ:今はリスク資産にとって最悪の時

ブリッジウォーター・アソシエイツのレイ・ダリオ氏は、現在が資産保有において最悪の時期だと話している。
ディフェンシブでバランスのとれたポートフォリオを心がけるよう説いている。
「失業率は低く、中央銀行は金融政策を引き締めている。これは価格構造に反映される。だから、今は資産保有にとって最悪、リスクの高い時期なんだ。」

リーマンショック以降の金融緩和で株式だけではなく、不動産や債券、金あたりにも資金が流入した時期が続いた状況です。

ですので、通常の株価の調整時に守りの役割をする、債券や金も厳しい時期なんじゃないかという指摘は一理あると思います。とくに金は2000年代に相当上がってますし。

もちろん過去のデータを見る限りは資金の流出先があるはずなので、すべてダメはなかなか起きない可能性の方が高いのではないでしょうか。

では、レイ・ダリオの言うとおり今がリスク資産にとって最悪の時だった場合どう対処すべきか?

自分なりに考えてみますと、以下の2点かなと。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

株価が下がった時こそ読み直したい、バフェットの参謀チャーリー・マンガーの名言10選

charliemunger-20181017.jpg

株価が下がったときに何をしたらよいかを考えると、やはり歴史に学ぶことではないかと思うのです。

もちろん過去と同じ動きをするというわけではありませんが、歴史は韻を踏むものだと思いますので、過去の暴落時の状況がどうだったかとか、データを見ることは気分を落ち着けるうえでも重要だと思うんですね。

2月の調整時はウォーレン・バフェットの格言を調べてまとめましたが、ほかの人物はどういう言葉を残してるのかなと気になりました。

株価が下落した時こそ再確認したいバフェットの格言12選 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先週までのマイナス10%前後の下落ですが、2017年のゆるゆると上昇していく相場に慣れ始めたころに冷や水を浴びせたものとなりました。あらためて、長期的視野で投資をするにはどうしたらよいのかを考えさせられるいい機会になったなと。関連記事 >> NYダウや日経平均が大きく下がっても気にせずに、長期的視野で3倍×3倍でお金を増やす投資を意識するとはいえ下落して実際の金額をみると毎月の給料分は飛んでいるため、いい気分では...

バフェットというと参謀のチャーリー・マンガーになるかなと。

マンガーの投資術を去年読みましたがバフェットよりもアクティブな投資姿勢の印象です。

バフェットの右腕マンガーの投資哲学、思考とは?マンガーの投資術を読んで - 関東在住福岡人のまったり投資日記

読書が趣味の一つとなっておりますが、どうやって本を探すかというと、①売れているか、②twitter上で話題に上がっている本を調べて、よさげならば買う or 図書館という感じです。中にはこの著者とタイトルどうなんだろ?と思ってgoogleで調べてみることもあります。...

とくに読書に関する記載は共感できるものがありましたが、それ以外にはどんな言葉を残しているのか?

とある本に37もの名言がありましたので、その中から個人的にいいなと思ったものを10個選んでみました。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

GAFA以後の世界で生き残るための武器で重要なのは、「好奇心」と「平均回帰」ではないかと思う

medieval-1753740_1920.jpg

3連休中にマイクロソフト関連の本を読んでいたのですが、マイクロソフトが実施している働き方改革のアップデート版みたいな内容が書かれてたんですね。

これを読むと会社の評価や働き方はどんどん変わっていく流れであることは間違いなく、適応するのも結構大変じゃなかろうかという印象を持ちました。

まぁ、可能であるならばさっさと仕事なんかやめてセミリタイアしたいものですが、それは現実的ではないわけで。

セミリタイアしたいといっても現実的に考えて、あと10年はいやいやながらも働かなければならない想定ぐらいでいたほうがよいかと思います。

そのヒントになる項目としてはGAFAの10章に書かれていたことが参考になるかと思います。

GAFAに続く5番目の騎士となりそうな米国企業はどこか? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

Google、Apple、Facebook、AmazonのGAFAを4騎士に見立てた「GAFA 4騎士が創り変えた世界」を読みましたが、本の中では各社のリスクについても言及されています。とはいえ4社のなかでもAmazonはリスクが小さいんじゃないかという印象を持ちましたが。...

著者のスコット・ギャロウェイ氏はこれまで9社ほど起業していて起業家マインドが強く、自身も30代までに最初の結婚、髪、20代は犠牲にしたと書いてます。

とはいえむしろその20代の反省も含めて、大学生含めた20代向けにGAFA以後の世界で生き残るための武器としてあげられている項目は、30代以降でも耳を傾ける必要があるんじゃないかと。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。