FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 投資哲学・投資理論
投資哲学・投資理論

ひふみ投信のtwitterを見てると、貯金感覚での投資はどうかと思う

analise-benevides-764017-unsplash.jpg

たまたま先週twitterのタイムラインを見てたら、ひふみ投信がTOPIX以上に下げた報告に対して荒れてるというツイートを見ました。

ひふみ投信のtwitter(レオス・キャピタルワークスの公式)実際見てみましたら「2日間で3%落としている理由をユーザに説明していただきたい」とまで反応があります。どうやらスルーしている状況のようですが。

なおこのタイミングで公式キャラクターがゆるキャラグランプリ出馬用にアカウント作ってたりします。


わたしはひふみプラスに投資をしていますが、ひふみ投信含めて国内の小型株などに投資して、TOPIXと異なる動きをすることを期待しているわけで、2日ぐらいのパフォーマンスで文句を言ってるのはなんだかなと思うんですね。

もちろん上昇相場だろうと大きな調整が発生していようと、TOPIXに3ヶ月ぐらい連続で負けたら文句言われても仕方ないとは思いますが、2日ぐらいで言われてるのはちょっと違うんじゃないのと。

たしかに「ためて・ふやす」がキャッチフレーズですが、ひふみ投信の投資先とか見てるのかな?と。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

西野監督のような采配をする経営者がいる企業に投資をするか?

wordcup-2018-180630.jpg

W杯で日本の最終戦の戦術で賛否両論がありますが、ともあれ16強入りで8年前の南アフリカにおいてきた忘れ物を取りに行く権利を得ました。

個人的に最後の10分以上に負けてるのにパス回しは様々な状況を考えると正しい選択であると考えますが、いろんな意見があるのは仕方ないことでしょう。

わたしはスタメンを見て既に胃が痛くなりましたし、前半同点でありながら胃がキリキリしていました。

試合後もなかなか寝付けなかったのですが、それはパス回しの件やベスト16進出の高揚感よりも、西野監督の決断についてですね。

実際、日経には以下のような記事が出てますし、5chの競馬関連のまとめでは賞賛の声しかありませんでした。

日経の記事 >> サッカー日本代表の西野監督は投資向き指導者
競馬板のまとめ記事 >> 【競馬】ギャンブラーとして西野監督を褒めたいと思う

競馬をやってる人間からしたら、この博打的決断を成功させて賞賛しかないわけですが、自分ならこんな対象に冷静に賭けることはできないなと。

同時に投資をやってる観点から、西野監督のような経営者のいる企業があったとして、投資をするか?ということは考えましたね。

個人的にはこういう経営者がいる企業だったら投資したいと思いますね。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

W杯を見ていて投資でも同様に重要だと考える2点

football-3373557_1920.jpg

コロンビア戦を見ていて後半の同点が続く展開で、わたしのようなストレス耐性のない人間は胃が痛くなった人もいるかと思います。

W杯がなぜ世界で特別なのかは、今回8年ぶりに日本が勝ったことで得られた高揚感を実感するとどんなことがあっても自国のチームを応援するのは万国共通でしょう。

ましてや選手にとっては4年に1回の特別な大会な訳ですから、プレッシャーも相当なもの。実際日本対コロンビア戦で両チームともプレーが浮き足立ってた選手がいましたし、ハンドもその例といえるでしょう。メッシがPKを外したのもまた然り。

個人的には監督交代劇に関する意見は先週書きました。

W杯まであと少しなのでNIKE(NKE)について調べてみました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

W杯間近となってきましたが、日本代表は監督解任がダメな方向に行きかねない状況です。...

もう一つ思ったのは、試合後twitter見てたんですが、未だに特定の選手を叩いてる人がいるのを見ますとなんだかなぁと。

マスコミが叩ける対象をひたすら袋叩きするような状況に影響を受けてるのかもしれませんが、サッカー関連のここ数ヶ月のスポーツ紙含めたyahooに出てるコメント&アクセス稼ぎ用の釣りタイトル連発も含めて、マスコミと特定選手のアンチには軽く引くんですけどね。

結局手のひら返ししたマスコミを見て思うのはこういう媒体に金は絶対払いたくないなと。ニッカンスポーツ、報知あたりは酷かったですし、阪神と同じような感じで釣りタイトル連発していたデイリースポーツ含めて今後購入することは一切ないでしょう。

とここまで愚痴を書いてきたのですが、W杯見ていて投資にも通じるものがあるなと感じたことが個人的に2点ありました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。