FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 投資哲学・投資理論
投資哲学・投資理論

軍事でも投資でも重要なのは戦術、戦略、兵站ではないか?

stormtrooper-1343877_1920.jpg

歴史の本を読むのが習慣となっておりますが、割とテレビの歴史番組に出てくる人の本って読んでなかったりするんですよね。

図書館で本を予約してちょうどスポット的に予約の本がない状況になりましたので、歴史関連の最近出た本を数冊読みあさりました。

その一冊が東京大学資料編纂所教授の本郷和人氏の「軍事の日本史」です。歴史関連の番組に出てくる頻度が高く、声がとんねるずの石橋貴明に似てる人です。


皇国史観は明治時代ではなく対象自体に強まったという点や戦後マルクス主義的な歴史観で階級闘争の研究で軍事の考察がおろそかにされたという点は共感できる一方で、世襲を頑なに否定するのは一概に否定はできないかなという考えです(わたしは世襲からほど遠い人間ですが)。

中世史が専門の教授ですが、本の中で鎌倉~戦国時代を中心とした戦争に必要な要素として、①戦術、②戦略、③兵站を上げていました。

戦う上での要となりますので近現代の戦争でも必要なものですし、これが失敗したから太平洋戦争で日本が負けたというのは間違いないでしょう。

本を読み終わって考えたのは、戦術、戦略、兵站って投資にも通じるんじゃないかと。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

他人に投資をすることを勧めるかというとそれはないかなと思う

436e06ea3e2e4145ef3b04a20c0a1fa4_s.jpg

どういうわけか最近広告の掲載をお願いしますという依頼がちょくちょく来ます。

それがFXの広告の依頼なんですけど、わたしにとってFXはあいまいみーのFXで有り金全部溶かした人ぐらいのイメージしかないですし、そもそも記事にすら書いてないのにこのブログに依頼されても困るのです。

この1件でじゃあ他人に投資を勧めるかについて今日は記事を書こうと思います。

酒の席でも投資の話がでることもあります。

株で儲かってるのを自慢するレアキャラもいますが、基本的には確定拠出年金やってますとか、インデックスファンドをやってますくらいにしか言わないです。そういう人の方が多いかと。

で、そういう場で20代の若い人が投資をしようかなということもありましたが、強く勧める人っていなかったですね。

同じ職場で投資を勧めてなにかあったら困りますからね。

ちなみに元同じサッカーチームで投資トラブルに巻き込まれた元日本代表は、J1チームで出場機会もあったのに、今年に入ってJ1のチームを戦力外でもないのに退団し、シーズン開幕前にJ2のチームに移籍するという出来事もありましたし。

サッカー北京五輪代表の10番梶山と元日本代表伊野波の投資トラブルを見て思う。身内や同僚に投資を勧めるか? - 関東在住福岡人のまったり投資日記

投資を行っていることを周囲に言及している人は、日本人の性格的に少ないんじゃないかと思うんですよね。投資関連のオフ会が盛り上がるのも、周りに投資関連の話をする人がいないというのも大きいでしょう。...

昨今の投資系ブログの増加で、まだ投資してないの?とか煽るブログもありますけど、自分の考えをまとめると人に投資は勧めないかなと。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

ワクチン接種と同じように少しでもリスクを下げるという考え方は投資にも取り入れたい

f37aa5a6ec09e96c19881da2eb2a6c0e_s.jpg

自分の周囲にマスクしている人が少なかったのですが、インフルエンザ流行してるなと先週ぐらいから実感するようになりました。

というのも通勤していて明らかにマスクつける人が急増しましたし、インフルエンザで休む人も目立つようになってきました。

先週人の多い場所にでかけることがありましたけど、流石に人が多いのでマスクをつけて行きました。

同じフロアのある朝、部員が会社に来てなくて連絡もなく騒ぎになっている別の部署があったのですけど、結局インフルエンザだったということがありましたし。

やっぱりワクチン打たないといけないなと今回の流行を見て思いました。とはいえワクチン接種でも感染する可能性がありますけど。

ワクチンに関しては大手新聞記者でもおかしな内容を発信しています。


厚労省の役人の真偽は置いておいて、感染の拡大を防ぐという意味では、ワクチンが必要なんじゃないかと考えます。

同時にこのtweetを見て、リスクについて考えさせられました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。