FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF
海外ETF

コロナウイルスからの回復者の比率は、国毎の経済回復への指標と見てよさそう

immunization-4930050_1920.jpg

日本も正常化に向かっている週となりましたが、他の国でもスポーツイベントが無観客とはいえ再開されたりする国も増えてきました。

もちろん中国以外にもロシアとかイランとか数字があてになるのか?と思う国はありますけど、ひとまずは先進国で公表されてる数字は指標にしていいでしょう。

で、ヨーロッパなんかは経済再開してきてるけど、経済再開してる国の状況とかもデータから読み取れないかなと。

Googleは流石の対応で感染者のデータを検索結果でみれるようになってるのでそこから引っ張ってきました。

個人的に回復者が増えてきて経済再開となる指標となるのではないかと思いまして、5/23付けのデータから引っ張ってデータにしてみました。

スポンサードリンク
海外ETF

iシェアーズの米国外先進国のモメンタムETF(IMTM)見ると、米国外先進国でもコロナショックに対してモメンタムは効果ありそう

IMTM-ishares-20200524.jpg

個人的に重視してるファクターとして「モメンタム」がありまして、ウォール街のモメンタム・ウォーカーを読んで以来注目しています。

昨年から米国モメンタム株ETF(MTUM)に投資していますけど、1年投資してもプラスの状況でしてモメンタム強いなと思います。

実際年初来からS&P500をずーっと上回ってますし、もうすぐプラスになりそうです。

MTUM-SPY-ytd-20200524.png

これはアメリカだけじゃないか?という意見も出てきそうですが、日本株にも効果があることは個別銘柄編の方でも書かれていました。


コロナの感染が終息しつつある先進国がぽつぽつと出てくる中で、米国外の先進国に関してもモメンタム効果あるのかなと気になりました。

米国外の先進国のモメンタムファクターETFであるiShares Edge MSCI Intl Momentum Factor ETF(ティッカー:IMTM)の状況を見てみたのですが、米国外先進国でも効果はありそうだなと。

スポンサードリンク
海外ETF

直近1ヶ月はコミュニケーションサービスセクターが好調で、意外にもヘルスケアセクターは延び悩み

industry-2630319_1920.jpg

5月も終わりが見えてきまして、欧州の先進国と東アジアではコロナ後を見据えた動きになってきたかと思います。

2月と3月の暴落以来ぽつぽつと業種別や国別のパフォーマンスを見てきましたが、来月は6月で3ヶ月に1回の大きく投資をする月。

であるならば、現状を把握しておきたいなと。

現時点の底から1ヶ月経過したので、SPDRの米国株セクターETF、iシェアーズのグローバルセクターETFのPER、PBRを確認してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

大型連休に突入してる人もいるかと思いますが、海外市場は開いております。思えば去年、連休明けに株価が一時的に崩れてたのを思うと、着実に感染者数が減少は見えてるものの緊急事態宣言の解除判断がGW終了直前になりそうな日本は連休明け警戒が必要でしょうね。さて、いまのところ1ヶ月前の3/23がNYダウの最安値となっています。ちょうど最安値を記録した1ヶ月前にセクター別のPERやPBRを調べたんですけど、そこから株式が結構回...

個人的な運用の中で重視しているヘルスケアセクターの比重高めが2,3月は功を奏した面もあるのですけど、じゃあ大きく投資する上で状況は把握しておきたいなと。

ということで米国セクター別のパフォーマンスを調べてみたのですが、直近1ヶ月ではちょっと景色が変わり始めてるかなという印象を持ちました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。