関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > インデックスファンド
EXE-i

楽天バンガードに対抗?SBI証券、EXE-iシリーズで新たに全世界株式、新興国株式のファンドを設定へ。

exe-i.png

つみたてNISA開始に向けて、インデックスファンドはコスト面の競争が激化しておりますが、大きなターニングポイントとなったのは楽天・バンガードの登場だと考えます。

海外ETF1本を100%組み入れたファンドオブETFのインデックスファンドがありと判明しましたから、これで一気にインデックスファンドの低コスト化が進むことになりました。

楽天バンガード関連記事

楽天投信、バンガードのVT(全世界株式)、VTI(米国株)に投資するファンドを新規設定。この流れだとSBI証券も動くのでは?
楽天投信投資顧問、バンガード新興国株式ETF(VWO)を対象とするインデックスファンドを新規設定へ

こうなってくると先行して数本のETFの組合せのインデックスファンド(EXE-iシリーズ)を販売しているSBI証券のEXE-iも動くんじゃないか?と予想しておりました。

やはりSBI証券が動いてきました。

EDINET情報

EXE-iつみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド
EXE-iつみたて新興国株式ファンド

EXE-iつみたてということで、iSharesのコアシリーズやeMAXIS Slimシリーズのように既存のファンド放置のまま新しいファンドを設定という形になりました。

VTに投資する楽天・全世界株式インデックス・ファンドとVWOに投資する楽天・新興国株式インデックス・ファンドへの対抗でしょうね。

各ファンドの詳細を見てみましょう。

スポンサードリンク
インデックスファンド

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」に投票しました。

tohyou-171115.jpg

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017」

今年で4年連続の投票になります。

今年はつみたてNISA効果でファンドの低コストかが進みましたし、新たなファンドも多く登場しましたので、何がトップ3になるかは予想しにくい面もあるかと思いますね。

過去のFund of the Year関連記事


投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014に投票しました
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」に投票しました。
「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」に投票しました。

投票に関しては割とまようことなく3つのファンドに決めました。

ちなみに今回投票したファンドですが・・

スポンサードリンク
野村7資産バランス為替ヘッジ型

株高が続く状況下でのパフォーマンスは?野村7資産バランス為替ヘッジ型資産状況2017年11月編

funds-i.png

数あるインデックスファンドのバランス型ファンドの中で海外資産については為替ヘッジを行う「野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型」

資産の配分は、国内株式、先進国株式、国内REIT、先進国REITが1/6、先進国債券、新興国債券、国内債券が1/9という特殊な構成になっており、為替ヘッジをかけていることもあり、個人的に注目しております。

本シリーズはそんな野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の総資産額推移等を定点観測していくのが趣旨です。

積立投資として資産の核の1成分としたい野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の資産推移がどのようになっているか確認していきます。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。