FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 国内株式
国内株式

東洋経済調べで、26年以上連続して増収を続けている日本株について調べてみた

renzokuzousyuu-20181107.jpg

10月は世界の株式が同時に下落するような感じになりましたが、やっぱりアメリカが風邪をひくと他はインフルエンザ状態という感じで、日本株や新興国株式は米国株以上の下落となりました。

ただ、この状況下でも日本株の中でも下落幅が小さい銘柄っていうのはあると思うんですよね。

ちょうど東洋経済で連続増収企業についてのランキングの記事が載っていて、下落幅が小さかったりするのでは?と思いました。

最新版!「連続増収トップ363社」ランキング | 企業ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

企業の業績で基本となるのは、言うまでもなく売り上げ(売上高)だ。商品やサービスの販売など、企業の主たる営業活動によって得た収益である。定款によって定められた事業からの収入であり、ここを継続的に伸ばし…

2年前に調べたことはありましたが、そこから2年が経過しています。

上位の顔ぶれは変わってない印象ですが、どういうわけか上位の中で連続増収が2年しか経ってないのに5年加算されたりしている企業も存在します・・連続増収の判定を変えたのでしょうか?

東洋経済調べの24年以上連続増収の日本企業の株価は好調なのか確認してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

経済雑誌を買うのは個人的に興味がある特集の時ぐらいなのですが、yahooの雑誌カテゴリである程度読めますのでそれで満足しているというのが現状です。...

ちなみに今回は株価について調べませんが、20年以上増収を続けている主な企業は以下の通りです。

  • ゼンショー 25年連続
  • ドンキホーテ 24年連続
  • サイゼリヤ 24年連続
  • パーク24 23年連続
  • 西松屋 23年連続
  • スギホールディングス 22年連続
  • エービーシー・マート 20年連続

では、これらの企業よりも連続増収を続けている企業はどんな企業なのか?

また、これらの企業とTOPIXを比較してどうなのかも含めて調べてみました。

スポンサードリンク
国内株式

久々に近所のTSUTAYAに行ってセルフレジを使って思うこと

TSUTAYA-20181024.jpg

歳を取るにつれて流行の音楽を追わなくなるという話ですが、5年ぐらい前まではそんなことないだろうなと思ってました。

ところがここ数年ほんと音楽は固定されたものばかり聞くようになって、古い曲が多くなったんですね。

まぁ、カラオケの年間ランキング見ますと、いまだにモンゴル800やらスピッツのチェリーやらが上位に顔出してるのを見ますと、わたしと同じような人間が多いような気がしますが、

とはいえこれまで追いかけてたアーティストの新盤は気になるもの。とくにミスチルの作品は知り合いがいいといってたので、引っ越してから一回も行ってなかたTSUTAYAに行きました。

宇多田ヒカルの新盤も聞かないままでしたし。

引っ越す前はそこそこ行っていたTSUTAYAでもセルフレジが一部導入されていましたが、普通に対人のカウンターの方を使ってました。

今回行ったTSUTAYAではセルフレジが大半の状況で、初めて使ってみることに。

個人的に使ってみて、セルフレジから無人レジへと移行する過程でいろいろとあるだろうなと思いましたね。

スポンサードリンク
国内株式

ひふみ投信の上位構成銘柄から消えた銘柄がどうなったか見てみた(2018年編)

hifumi-1after-20181002.jpg

ひふみプラスに投資をしているので、ひふみ投信の上位構成銘柄が1年でどうなったかについて先週記事にしました。

NASDAQやTOPIXをアウトパフォームしていましたが、その理由の一つはAmazon、マイクロソフト、VISAが組入れ上位3社という米国株組入れが功を奏したという結果でした。

最近にわかに騒がしいひふみ投信の上位構成銘柄が1年でどうなったか見てみた(2018年編) - 関東在住福岡人のまったり投資日記

最近twitter上なんかではにわかに騒がしくなりつつあるひふみ投信ですが、TATERU株も所有していたようで今月すべて売却したようです。...

前年と比較して上位10社に米国企業が目立ってきていますが、過去1年で6社ほど組入れ上位10社から消えていました。

とくにずーっと組入れトップか2番手だったあいホールディングスが消えたのは驚きでした。

やはり前年と比較すると、上位から消えた会社の株価ってどうなんだろ?と気になるものです。

ひふみ投信の上位構成銘柄から消えた銘柄がどうなったか見てみた(2017年編) - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ひふみプラスに投資をしているので、ひふみ投信の上位構成銘柄が1年でどうなったかについて先週記事にしました。...

ということで例年通り上位から消えた会社の株価を調べてみようと思います。

    あいホールディングス(3076)
    ルネサスエレクトロニクス(6723)
    ローム(6963)
    九電工(1959)
    GMOペイメントゲートウェイ(3769)
    アウトソーシング(2427)

これらの株式の直近1年の値動きを調べてみました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。