FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 国内株式
国内株式

ひふみ投信が10年近く投資してる銘柄について調べてみた

hifumi-longterm-20190110.jpg

正月明けから2018年のデータやら資産の集計を行ってるんですけど、昨年とくにパフォーマンスが悪いなと思うのは「ひふみプラス」。

2月から国内の小型株は崩れてパフォーマンスが冴えない状況になりました。

一時+70%程度までいきましたが、いまは+30%を切りそうな状況。昨年末の上場延期といい踏んだり蹴ったりな1年でした。

【悲報?朗報?】ひふみ投信のレオス・キャピタルワークス、上場予定5日前に上場延期 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

いつのまにか日経平均が20000円にタッチしそうなレベルまで下がってきていて、PERで見ても割安水準といってよさそうなレベルまで来ています。相場が荒れ始めたこのタイミングでひふみ投信のレオス・キャピタルワークスは来週の12/25に上場予定になっていました。...

TATERUやら大塚家具に投資したりと?な部分もありましたが、じゃあこのひふみ投信が10年近く投資している銘柄ってどんなの?と素直に疑問に思いました。

まぁ、ファンドの販促の関係で新しいのを取り入れないと行けない面もあるかもしれませんが、長期で投資している銘柄をもっと重視しても良いんじゃないかと。

ひふみ投信 第10期運用報告書(決算日 2018年10月1日)

ひふみの10期運用報告書から、10期まで投資を続けている銘柄をまとめている記事を見つけましたので、組入期が2期までの8銘柄について調べてみました。

スポンサードリンク
国内株式

【悲報?朗報?】ひふみ投信のレオス・キャピタルワークス、上場予定5日前に上場延期

181ba368.jpg

いつのまにか日経平均が20000円にタッチしそうなレベルまで下がってきていて、PERで見ても割安水準といってよさそうなレベルまで来ています。

相場が荒れ始めたこのタイミングでひふみ投信のレオス・キャピタルワークスは来週の12/25に上場予定になっていました。

ひふみ投信のレオス・キャピタルワークスが来月上場するので、スパークスの事例から今後を展望してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先週カルロス・ゴーンの逮捕の陰にすっかり隠れてしまいましたが、ひふみ投信のレオス・キャピタルワークスが、来月12/25に東証マザーズに新規上場を承認されました。...

ところがなんと今週に入って上場の延期が発表されて驚きましたね。

募集株式発行及び株式売出しの中止に関する取締役会決議のお知らせ

平成30年11月19日及び平成30年12月4日開催の当社取締役会において、当社普通株式の東京証券取引所マザーズ市場への上場に伴う募集株式発行及び株式売出しについて決議いたしましたが、当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について投資家保護の観点から深掘りすべき事項が発生し、平成30年12月20日開催の当社取締役会において、当該深掘りに時間を要するものと判断したことから、募集株式発行並びに株式売出しと、それに伴う上場手続きの延期を決議いたしましたので、お知らせ申し上げます。
なお、今後の上場手続きの再開時期につきましては、当該深掘り事案の結果を踏まえ、状況を慎重に見極めたうえで総合的に判断する予定です。


最初、この報道がでたときは株価が下がっていたので、レオスの親会社のISホールディングスあたりが延長を申し入れたのかなと思いました。

レオスのHPには記載がでていましたが、ISホールディングスのHPにこの情報が出たのは昨日でしたし。

ところが昨日出てきた情報を整理しますと、主幹事のみずほ証券から「コーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の有効性について投資家保護の観点から深掘りすべき事項が発生」という指摘を受けて延期になった模様。

ひふみプラスに投資をしている身からしてもちょっと心配になりますね。

今回上場の件について個人的に考えたのは以下の3点ですね。

スポンサードリンク
国内株式

ひふみ投信のレオス・キャピタルワークスが来月上場するので、スパークスの事例から今後を展望してみた

HIFUMI-mothers-20181127.jpg

先週カルロス・ゴーンの逮捕の陰にすっかり隠れてしまいましたが、ひふみ投信のレオス・キャピタルワークスが、来月12/25に東証マザーズに新規上場を承認されました。

新規上場承認に関するお知らせ

レオス・キャピタルワークス株式会社(代表取締役社長:藤野 英人、https://www.rheos.jp/)は、本日、株式会社東京証券取引所(以下、東京証券取引所)より、当社株式の東京証券取引所マザーズへの新規上場を承認されましたことをお知らせいたします。
東京証券取引所への上場日は2018年12月25日(火)を予定しており、同日より同取引所にて当社株式を売買していただくことが可能となります。

小型株が不調になったいまのタイミング?と思いましたが、ひふみに関して参考にしているブログでは昨年から「上場も選択肢の1つ」と発言していたようで、昨年の米国株など外国株の組入れ同様、結構前から計画していたんでしょうね。

ひふみ投信定期積立経過報告

ですから今回書きたいポイントはここではありません。私が個人的に気になったのは「上場も選択肢の1つで視野に入れている」という部分でした。
記事の文脈ではあくまでも資金調達方法のひとつとして上場も選択肢にあるというもので、いずれは上場したいと考えているわけではないようです。

調べてみると、今年の8月に普通株式1株を100株に分割していますので、それも準備の一環だったかもしれません。

株式の分割に関する基準日設定公告

ほかに資産運用をしている会社の上場ってあんのか?と思って調べたらスパークス・グループがありました。

実際上場したらどうなるかも含めて、ひふみ投信の今後を考えてみました。

スポンサードリンク
このカテゴリーに該当する記事はありません。