FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 2020年03月
投資関連本

ラーメン屋を10年続けてきたプロレスラーの川田利明氏が語る逆説ビジネス学

0231ad1b869e39b0560bb6d27097bc82_s.jpg

新型コロナの影響で都心に出たのはここ1ヶ月で羽田から帰ってくるときの乗換のみという感じですから、似たような行動を取ってる人も多いでしょう。

個人的に1ヶ月に1回はお気に入りの豚骨ラーメンの店に出かけてますので、結構豚骨ラーメン欠乏症的になってます。

一応福岡空港の一蘭で食べてはいるんですが、食べ慣れてるせいもあるか足らんなという感じがあります。

そんなラーメン屋なのですが、行列できてるラーメン屋はさぞ儲かってるんじゃなかろうかと思う一方、行列がこれだけできてるのに店舗を増やさない店も結構あります。

そんなラーメン屋を10年続けてきたプロレスラーが「してはいけない」ことをまとめた「開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える「してはいけない」逆説ビジネス学」を読みました。


著者の川田利明氏は全日本プロレスで活躍し、第12代三冠ヘビー級王者となった人ですが、選手としては引退試合をせずにリングから遠ざかっています。

なぜかというと全日本のゴタゴタや先輩の三沢氏が亡くなることを経験した後に、2010年からラーメンと鶏の唐揚げを看板料理として、『麺ジャラスK』を開店。

2年前からはプロレス界の発展に尽力できる余裕がでてきて、イベントも開催しているそうです。

そんな川田氏が語るラーメン屋のリアルを読むと、好みの店にはそれなりの頻度行かないかんなと思いましたね。

スポンサードリンク
海外ETF

先週末時点での世界各国のPER、PBRをiシェアーズのETF使ってまとめてみました

map-3260506_1920.jpg

先週バンガードのETFのPERやROEを調べてまとめましたが、バンガードのHPの値って更新が1カ月に1回ペースと更新頻度低いんですよね。

大きな下落が起きる前は1年前より明らかに割高水準。バンガードの米国株ETFのPERやROEの現状まとめ - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ティリングハストの株式投資の原則を読んで、最近は個別銘柄やらS&P500や単一国のETFのPERなどを調べて1年経過しました。...

じゃあ対抗のブラックロックのiシェアーズのHPはどうかというと更新は頻繁で、日曜時点でも3/5のデータが反映されています(配当率などは遅いようです)。

先週も結局株価が下がりまして、この傾向は今月中も続く可能性があると思うんですね。

加えてわたしは複数の単一国に投資をしようかと考えているので、金曜日にそこまで下がらなかった現状、先週末の世界各国のPER(株価収益率)なりPBR(株価純資産倍率)を整理しておこうかなと。

iシェアーズは国別のETFがかなり揃ってますので、世界各国のETFのPER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)を整理してみました。

スポンサードリンク
レラティブ・ストレングス

株式もREITも総崩れの中、踏みとどまったのはグローバルヘルスケアETFのIXJのみ。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2020年2月度編

relative-strength-161212.jpg

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。

それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。

概要と検証記事

レラティブ・ストレングスってナンだ!?
レラティブ・ステトレングスその2~検証編~
レラティブ・ステトレングスその3~調査結果の記録~

3,6,12ヶ月リターン計算方法
①3ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から3ヶ月前の月末価格 - 1
②6ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から6ヶ月前の月末価格 - 1
③12ヶ月リターン = 直近月末価格 ÷ 直近月末から12ヶ月前の月末価格 - 1
④3,6,12ヶ月リターンの平均 = (①+②+③)÷3
⑤12か月移動平均 = 12か月分の合計÷12
⑥3,6,12ヶ月リターンの平均がプラス 且つ 市場価格が12カ月移動平均を上回った場合BUY、それ以外はSELL。

前回の結果は以下の通りです。

米国長期債券ETF(TLT,EDV)の価格が再び急上昇。海外ETFのレラティブ・ストレングス改め移動平均投資確認2020年1月度編 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

移動平均線を用いた手法であり株式投資でもモメンタム効果に近いものが得られる投資法であるレラティブ・ストレングス。それを主要な海外ETFの値動きに適用して確認し、移動平均線を見ながら相場の転換点(BUYシグナル→SELLシグナル、SELLシグナル→BUYシグナル)が近いかを確認するのに役立てるというのがこのシリーズの主な目的です。...

ドル建てで先月はどうだったのか確認してみます。

スポンサードリンク
海外ETF

株式市場の状況から今後数カ月の投資方針と、今月の投資対象(VIGI,VYMI)について考えました

d3a6c335ccf4f04cfd936331ced7744a_s.jpg

1カ月前は相場にやや不気味さを覚えると書いたのですが、1カ月で景色一変で直近5年で見ても恐怖指数が高いレベルになるほどの状況です。

単勝断トツ1番人気の馬を買うときに似たような相場で、不気味さを覚える - 関東在住福岡人のまったり投資日記

コロナウイルスの問題で株価はそれなりに下がるだろうと考えていたのですが、どういうわけかニューヨークダウも29000ドルを回復して、日経平均も24000円にタッチしそうな状況です。昨年秋頃から上昇が続いてるのを見ますと、一抹の不安を覚えるんですよね。もちろんジェレミー・シーゲル大先生が「ポートフォリオの株式:債券=6:4は古い、低金利下では株式:債券=7.5:2.5」というのは、「永遠のブル」と言われる人だからこそ説得...

金曜日のアメリカ市場はそこまで下がらなかったなという印象ですが、急反発というのはなかなか起きにくくなってきたと思います。

ダイヤモンド・プリンセス号と同じ会社が保有しているクルーズ船「グランド・プリンセス」の問題が発生しているようですし、なんだか欧州とアメリカは中国から2カ月、日本から1カ月遅れてる印象なので、これから影響拡大の可能性はあるでしょう。

年始に投資方針を書いたように、夏冬ボーナス時とその中間(3月、9月)に配当再投資と書いてますので、今週からボチボチ投資を行います。

相関性を考慮して分散を意識したい2020年の投資方針 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

2020年ということで、年末にかけて今年の投資方針をどうしたものかと検討していました。2019年はサクソバンクでの投資、個別株投資、4半期毎の配当再投資の本格化と新しいことをやったという実感があるのですけど、今年はそこまで変えない方針です。...

2020年度のNISA枠を10万以上残しているので、これを使うという手も考えたのですけど、これはひとまず取っておいて先に延ばそうと思います。

同時に先週1週間じっくり考えまして、3月中は以下の方針で投資をすることにしました。

スポンサードリンク
バンガードETF

バンガードの4本(BSV,BIV,BLV,VXF)も経費率ダウンへ。オールウェザー・ポートフォリオを構築したい人には朗報?

BIV-BSV-BLV-VXF-vanguard-costdown.jpg

正月にバンガードのETF56本がコストダウンするということを記事にしましたが、VWOやVTなどの主要なETFは2月末にようやくコストが改訂されました。

バンガードからのお年玉?VTやVWOなどETFやファンド56本の経費率削減を発表 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

バンガードが年末に公式サイトでVTやVWOなどVanguardのETFやファンド56本の経費率削減を発表しました。バンガードジャパンには一切ニュースは載っていなくて、12/26の記事のようですけど、以下のtweetみるまで気づきませんでした。...

どうもバンガードの公式などで発表された後、改訂までに時間差があることが昨年から見受けられますが、さらに4本(BSV,BIV,BLV,VXF)ほどコストダウンされるようです。

Vanguard、VXF などのコストを引き下げ

Vanguard trims fees on four US stock and bond ETFs | ETF Strategy

The funds include one US equity ETF targeting mid and small-cap stocks, and three fixed income ETFs providing exposure to the short-, mid-, and long-term segments of the USD bond market.

3/7朝時点では対象ETF4本は、まだコストは改訂されていないようです。
vanguard-BLV-20200307.png
私のポートフォリオのコアの1つである、バンガード・米国長期債券ETF(ティッカー:BLV)もコストダウンするようなので整理してみました。

スポンサードリンク
投資関連本

ナシーム・ニコラス・タレブの「身銭を切れ」を読むと、身銭を切ってリスクを取ることの大切さがわかる

skin-in-the-game.jpg
新型コロナウイルスの問題が騒がしくなっていますけど、テレビの無責任さなどを見ておりまして、いまこそ「身銭を切れ」ということが重要なのかなと思いました。

株式が大きく下がったタイミングでもいいかなというのもあります。

ということで1ヶ月以上前に読みながらなかなか書けなかった「身銭を切れ」の書評について今日はまとめたいと思います。

著者は「ブラック・スワン」「反脆弱性」のナシーム・ニコラス・タレブです。

本書は前作の反脆弱性の続編的な一冊で、リスクについて一家言あるタレブはリスク(責任)を負わない立場から口出しをする人間が増えていること、そしてその存在が社会システムにどれほど不可逆な影響を与えるかを手厳しく批判し、いつものように皮肉交じりの辛辣な口調で切っています。

タレブはオーストリア学派の思想が強く極端に個人の自由の追求とそれに伴う自己責任を引き受けることを重視しているのですが、書いてあることはもっともだと思うことばかり。

投資にも通じる印象に残った点を個人的にまとめてみました。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

GAFAのスコット・ギャロウェイがHAPPINESS(ハピネス)で唱える、バブルがはじけそうなときにすべきこと

soap-bubble-1958841_1920.jpg

今週から全国の小中高の臨時休校というニュースが出た翌日にこの記事を書いてますが、こうなると図書館もどうなんのかな?と思うんですね。

先週本を借りにいったら、高齢者のたまり場的なスペースがありましたし。

仕事がようやく1か月くらい落ち着きそうなので年休消化(強制有給の可能性も無きにしも非ずですが、年度末の仕事がある状況多分ない)で本でも読もうかなと思ってたんですけど、図書館休館とかなると困るなぁと思ってます。

一応対策としてAmazonで4冊ぐらい購入しましたが、出張でそれなりに消化するんですよね。

そんな中、「ニューヨーク大学人気講義 HAPPINESS(ハピネス)」を読みました。


著者のスコット・ギャロウェイ氏はニューヨーク大学教授でマーケティングを教えていて、ニューヨークタイムズの役員などの経験もあります。

本人曰くこれまで9社ほど起業していて戦績は3勝4敗2分らしいですが、ベストセラーのGAFAの著者でもあるので、成功者から見た人生戦略について持論を述べています。

Appleに関して贅沢品としてのセックスシンボルとまで書いたエッセンスが文章全体に散らばっていて、GAFAみたいな本を期待する人にとっては期待外れかもしれませんね。

ただ、その中で気になる項目がありまして、「バブルがはじけそうなときにすべきこと」は起業家と投資家両方を経験した人ならではで参考になるかなと。

スポンサードリンク
米国株

2月初めの米国株の上昇に不気味さを感じてたので、米国株の下落は妥当かなと思う

man-3915438_1920.jpg

先週は株価がかなり下がったなぁと思わせる1週間でした。

ただ、個人的には2月初めころは株価があがるのに不気味さを感じていて、ニューヨークダウの最高値2/12の前日に以下のようなことを書いてました。

単勝断トツ1番人気の馬を買うときに似たような相場で、不気味さを覚える - 関東在住福岡人のまったり投資日記

コロナウイルスの問題で株価はそれなりに下がるだろうと考えていたのですが、どういうわけかニューヨークダウも29000ドルを回復して、日経平均も24000円にタッチしそうな状況です。...

まさに1番人気がぶっ飛んで波乱になった状態がいまの相場かと。

先週医療関係の身内と話す機会があったのですけど、2009年の新型インフルに近いけど騒ぎすぎという話だったので、さすがに1週間でここまで下がるのはちょっと行きすぎな感はあります。

とはいえ株価の上昇続いてNYダウ3万ドルとなってバブルへGOとなるよりは、株価が多少下落した方がいいかなと思うところがあり、今のところ株価の下落はあまり気にならないですね。

スポンサードリンク
EXE-i(SBI)

SBI・バンガード・S&P500の勢いは続くが、それ以外は株安の影響大。EXE-i&SBIインデックスシリーズ2020年2月度終了時点総資産額推移

exe-i.png

信託報酬が低コストでインデックスファンドであるETFを複数組み合わせることにより、『従来にはないインデックスファンドの“かたち” 』をご提案するということで6年前に運用開始されたSBI証券のEXE-iシリーズ。

そんなEXE-i&SBIインデックスシリーズの総資産額推移等を定点観察するのが本シリーズの趣旨です。

2月終了時点の資産のまとめは以下の通りです。

スポンサードリンク
野村7資産バランス為替ヘッジ型

2018年12月以来の前月比純資産減。野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型の資産状況 2020年3月編

funds-i-7hedge.png

本シリーズは野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の総資産額推移等を定点観測していくのが趣旨です。

積立投資として資産の核の1成分としたい野村インデックスファンド・内外7資産バランス為替ヘッジ型の資産推移がどのようになっているか確認していきます。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。