FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 2020年05月
海外ETF

コロナウイルスからの回復者の比率は、国毎の経済回復への指標と見てよさそう

immunization-4930050_1920.jpg

日本も正常化に向かっている週となりましたが、他の国でもスポーツイベントが無観客とはいえ再開されたりする国も増えてきました。

もちろん中国以外にもロシアとかイランとか数字があてになるのか?と思う国はありますけど、ひとまずは先進国で公表されてる数字は指標にしていいでしょう。

で、ヨーロッパなんかは経済再開してきてるけど、経済再開してる国の状況とかもデータから読み取れないかなと。

Googleは流石の対応で感染者のデータを検索結果でみれるようになってるのでそこから引っ張ってきました。

個人的に回復者が増えてきて経済再開となる指標となるのではないかと思いまして、5/23付けのデータから引っ張ってデータにしてみました。

スポンサードリンク
確定拠出年金

国内株式もわずか3ヶ月でプラスに転じた。確定拠出年金運用状況2020年5月編

girl-3954232_1920.jpg

確定拠出年金が開始されて4,5年経ちました。引き続きたんたんと拠出されたお金を一定額積み立てております。

まだ運用を始めて数年の状況ですが、運用結果の報告を毎月末に報告しています。先月の結果は以下の通りです。

運用開始来でプラスに回復。確定拠出年金運用状況2020年4月編 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

確定拠出年金が開始されて4,5年経ちました。引き続きたんたんと拠出されたお金を一定額積み立てております。まだ運用を始めて数年の状況ですが、運用結果の報告を毎月末に報告しています。...

確定拠出年金は以下の構成比率でひとまず運用をしております。

国内債券 40%
国内株式 10%
外国債券 10%
外国株式 40%

債券対株式が50:50、円建対外貨建が50:50となってます。 今月の成績はどうなっているのでしょうか?

スポンサードリンク
海外ETF

iシェアーズの米国外先進国のモメンタムETF(IMTM)見ると、米国外先進国でもコロナショックに対してモメンタムは効果ありそう

IMTM-ishares-20200524.jpg

個人的に重視してるファクターとして「モメンタム」がありまして、ウォール街のモメンタム・ウォーカーを読んで以来注目しています。

昨年から米国モメンタム株ETF(MTUM)に投資していますけど、1年投資してもプラスの状況でしてモメンタム強いなと思います。

実際年初来からS&P500をずーっと上回ってますし、もうすぐプラスになりそうです。

MTUM-SPY-ytd-20200524.png

これはアメリカだけじゃないか?という意見も出てきそうですが、日本株にも効果があることは個別銘柄編の方でも書かれていました。


コロナの感染が終息しつつある先進国がぽつぽつと出てくる中で、米国外の先進国に関してもモメンタム効果あるのかなと気になりました。

米国外の先進国のモメンタムファクターETFであるiShares Edge MSCI Intl Momentum Factor ETF(ティッカー:IMTM)の状況を見てみたのですが、米国外先進国でも効果はありそうだなと。

スポンサードリンク
海外ETF

直近1ヶ月はコミュニケーションサービスセクターが好調で、意外にもヘルスケアセクターは延び悩み

industry-2630319_1920.jpg

5月も終わりが見えてきまして、欧州の先進国と東アジアではコロナ後を見据えた動きになってきたかと思います。

2月と3月の暴落以来ぽつぽつと業種別や国別のパフォーマンスを見てきましたが、来月は6月で3ヶ月に1回の大きく投資をする月。

であるならば、現状を把握しておきたいなと。

現時点の底から1ヶ月経過したので、SPDRの米国株セクターETF、iシェアーズのグローバルセクターETFのPER、PBRを確認してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

大型連休に突入してる人もいるかと思いますが、海外市場は開いております。思えば去年、連休明けに株価が一時的に崩れてたのを思うと、着実に感染者数が減少は見えてるものの緊急事態宣言の解除判断がGW終了直前になりそうな日本は連休明け警戒が必要でしょうね。さて、いまのところ1ヶ月前の3/23がNYダウの最安値となっています。ちょうど最安値を記録した1ヶ月前にセクター別のPERやPBRを調べたんですけど、そこから株式が結構回...

個人的な運用の中で重視しているヘルスケアセクターの比重高めが2,3月は功を奏した面もあるのですけど、じゃあ大きく投資する上で状況は把握しておきたいなと。

ということで米国セクター別のパフォーマンスを調べてみたのですが、直近1ヶ月ではちょっと景色が変わり始めてるかなという印象を持ちました。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

世界的にニュースのトーンが年々悲観的になっているのは、投資の逆張りとして参考にしたい

news-1172463_1920.jpg

ニュースが暗い内容ばかりで、バラエティやスポーツも明らかに普段と違う状況が2ヶ月以上続いているため、テレビ見るものがないという人はわたしの親世代でもいます。

ドイツのブンデスリーガが再開されるの見ますと、日本も来月にはできそうというのはありますけど、それまではバラエティなんかも通常営業は難しいでしょうね。

どうしても暗い気持ちになりがちですが、とはいえ長期的に見ると世界はいい方向に向かってるというスティーブン・ピンカーの「21世紀の啓蒙」は上巻まで読むと、コロナは大変だけどもっと昔に起きてたらそれこそ中世欧州のペストみたいになってたのかもしれないなと。


本にも書かれてますけど、もちろんポジティブだけではダメでネガティブな警鐘は必要ですが、過度にネガティブになるのも良くないなと思うんですよね。

もちろんネガティブな予測も考慮するというのは無視しない方がいいでしょうけど。

で、上巻の中に注目すべきグラフが載ってたんですね。

「世界的にニュースのトーンが年々悲観的になっている」傾向があるのです。

スポンサードリンク
投資哲学・投資理論

ACのCM、Google Adsenseの広告単価、駅の広告の動向に注目したい

interaction-1233873_1920.jpg

コロナ関連のニュースは日経とNHKと東京都、東洋経済、日経などのHPで確認しているため、民放のCMの状況は直近1ヶ月競馬中継以外でほとんど見てないんですが2011年のようにACが増えているそうです。

AC広告急増で「より良い社会実現」にパチンコも寄与!?~東京・大阪を凌駕する地域といえば・・・~(鈴木祐司) - 個人 - Yahoo!ニュース

AC広告が激増し,去年の7倍ほどになっている。特に関東・関西・中京などの都市部で極端に伸びている。
その中で興味深いのはパチンコの存在。自粛問題などがあったが、テレビ広告にも影響を与えていた。

USJとディズニー、映画関連が無理ですし、確かにここ数ヶ月自動車関連のCMも見なくなった印象ですね。

逆に今月入ってマックのCMを見ましたけど、コロナを意識した新しいCMでしたし、コロナの影響少ないんだろうなと見ていいでしょう。

子供も学校休みなのもあって、マックとケンタッキーは売上が伸びてるようですし、モスも売上の減少小さいようです。

上記の記事見てて面白いのはACのCMの比率が前年比で大きく伸びてるのが、朝の9時~17時と夜の22時~24時。

この時間帯やってる番組というとワイドショーと夜のニュース中心で、明らかに色々と煽ってる番組に相当クレーム行ってるんじゃないかと思いますね。

逆に朝のめざましとかZIPの時間帯が減ってないのは余計にその傾向があるように見えています。

これがいつ正常に戻るかというとわかりませんが、ACのCM、Google Adsenseの広告単価、駅の広告の動向とかは今後経済に戻るシグナルになるかなと思うので注目したいなと。

スポンサードリンク
国内ETF

山本潤氏のTOPIXより日経平均(日経225)という考え方

Nikkei225-topix-20200520.jpg

「初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略」は大型連休中読んだ投資関連本の中では個人的な感性に合うものでした。

とくにリスクとリターンの計算方法なんかは個人的に好きな部分ですね。

経済危機でも武器になる初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

大型連休向けに本を7冊買ったのですが、9連休折り返し日(5/2)時点で6冊を読み終わってるという状況でして、休日が続きどこにも出かけないとこうなるといういい経験になりました。7冊買う際に数冊は投資関連の本を入れたいと思ったのですけど、Amazonのランキング見てもこれはという本はなかったのですが、投資系ブログで紹介されていた(参考)本を買って読みました。...

著者の山本氏が本の中でポートフォリオを紹介していますが、個別銘柄+ETF3本というシンプルなもの。

3本のうち、S&P500とNASDAQに関してはグローバル経済の中心と言うことで納得いくものでしたが、もう1本のETFは国内株。

ならばTOPIXかというと日経平均(日経225)をチョイスしていました。

個人的にTOPIX>日経平均(日経225)という意見の方が多いという印象があっただけに、このチョイスは意外だなと。

スポンサードリンク
米国株

日本発AI技術者集団プリファードネットワークス(PFN)、「順当にできることはGAFAがやる。穴を突かないといけない」

learn-or-die.jpg

大学時代に単位を取った数学をもっと突き詰めればなぁというのは、それがいま投資なんかでも役立つのがわかったからというのもあります。

とはいえ遊びほうけてて時間の無駄の極みだったけれども、多少なりもプログラミングをやったり、卒論で携わった分野の知識は役立ってると思いますね。

Pythonもかじったおかげで投資の集計には一部使ってますし。

そんなプログラミングや計算科学の分野を学生時代から極めて、日本初AI技術者集団として有名な会社として「プリファードネットワークス(PFN)」があります。

創業者がわたしと年齢の近い人なのですが、最近創業者2名が書いた「Learn or Die」を読みました。

企業方針としてもディープラーニングの研究と開発を行うにはこうでないといけないなと思いましたし、交通システム、製造業、バイオ・ヘルスケアの3つの重点事業領域を中心に、様々な分野でイノベーションを実現することを目標に掲げているので頑張って欲しいなと。


いまのところトヨタ、ファナック、みずほ、日立の国内企業だけでなく、インテルやマイクロソフトとも戦略的協業を行っていて資金調達もうまくいってるようです。

本としてはまさに「来たれ技術者」という側面もあると思うので、理系の学生にとくに読んで欲しい内容だと思います。

で、そんなプリファードネットワークス(PFN)の創業者が巻末の「巷で言われてることを疑い、可能性の抜け穴を探せ」の中で書かれてることが個人的に非常に印象に残りました。

スポンサードリンク
月次分配金歴

債券ETFの分配金は先月の急増から一転3月に逆戻り。2020年5月度分配金報告

tukiijibunpaikin.jpg

コロナによる緊急事態宣言も明らかに感染者の減少が見られて、東京周辺と大阪周辺以外に関しては解除となりました。

一時感染者の増加が顕著だった福岡なんかも解除されたのを見ますと封じ込めの施策はある程度いい方向に行ってると思いますね。

福岡の場合は関東や関西と違って人口の多い北九州と福岡が離れてるのもあるので抑えられたのはあるでしょう。

そして、北海道や福岡でもある程度感染者が出たのは繁華街で広がる傾向は間違いなくあるかと。

満員電車が言われますけど、それだったら福岡県南部でもっと感染者出てるはずですし、もっとわかりやすいのが東京都。

【多摩地域30市町村】新型コロナウイルス感染症情報まとめ

23区から西の三鷹、調布、府中あたりから八王子までを見ても1万人当たり1.5~2.5人という感じで、八王子や立川に至っては1人以下。

東も千葉との境の江戸川区は感染者30人程度なのを見ますと、都心の特定地域に問題があると思うんですよね。

となると特定地域以外を段階的に解除してく形になるんじゃないかと。

いまは居酒屋や牛丼チェーン以外の飲食店が20時に閉めてますけど、東京都も都心以外は段階的に21時、22時という感じで延ばしていく施策がいいかと考えます。

ブンデスリーガも再開されましたが、個人的に無観客ならば来月くらいからスポーツ再開してもいいと思うんですけどね。

3月初旬の無観客なのにスタジアム外に多数集まったバレンシアサポーター(しかもその試合は4点差以上で且つ必要があった)のようなことはないでしょうし。

さて本題に戻りまして、今月の分配金は以下の通りです。

スポンサードリンク
海外ETF

5/14時点での世界各国のPER、PBRをiシェアーズのETF使ってまとめてみました

map-3260506_1920.jpg


東アジアではコロナ収束傾向が鮮明になった国が増えてきていて、感染者数が桁違いの欧州でも経済再開に向けて舵を切る国が増えてきています。

一方で、新興国で感染者が広がりつつある傾向もあるのは気にかかるところですが。

さて、世界各国のPER、PBRをまとめて始めて2ヶ月経ちました。

今週終了時点での世界各国のPER、PBRをiシェアーズのETF使ってまとめてみました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

聖金曜日で4/10はNY市場がお休みでした。ブラックロック(iシェアーズ)のETFの数値は前日終了時点の数値が載っているので、金曜日が休みなら土日集計するのにいいタイミングとなります。...

株式は4月に大きく回復しましたがその後は頭打ち傾向。

とくにアメリカのコロナの状況が酷いだけに、アメリカ経済が元に戻らないと他の国はきついでしょう。

2ヶ月経って状況も変わってるように思われますので、このタイミングで再度調べてみました。

スポンサードリンク
該当の記事は見つかりませんでした。