関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 海外ETF > ウィズダムツリー > SBI証券でウィズダムツリーのETF10本が取り扱い開始されていた
ウィズダムツリー

SBI証券でウィズダムツリーのETF10本が取り扱い開始されていた

wisdomtree-etf.jpg
更新日:2017/3/11

自社で開発する独自のインデックスが強みのWisdomTree社。
株式投資、通称赤本や緑本でおなじみのシーゲルもこの会社に関わっているらしいです。そんなウィズダムツリーのETFが10本ほど、5/1にSBI証券でも購入可能となりました。購入可能になったのは以下の10本です。


    DEW・・・米国ならびに先進国市場、新興国市場から選定された時価総額が20億ドル以上の会社のうち、配当率が高い会社に投資する。
    DFE・・・ヨーロッパで設立され、年5百万ドル以上の現金配当を支払っている上場企業のうち時価総額が下位にあたる会社に投資する。
    DFJ・・・日本で設立され、年5百万ドル以上の現金配当を支払っている上場企業のうち時価総額が下位にあたる会社に投資する。
    GULF・・・年5百万ドル以上の現金配当を支払っている中東地域の会社に投資する。
    JGBB・・・米国短期国債のロングポジションと日本国債に対するショートポジションを立てることで、日本の金利上昇局面でリターンを追求すると同時に、米ドルに対して為替ヘッジを行う。
    DXJC・・・日本の資本財セクター、米ドルヘッジあり
    DXJF・・・日本の金融セクター、米ドルヘッジあり
    DXJH・・・日本のヘルスケアセクター、米ドルヘッジあり
    DXJR・・・日本の不動産セクター、米ドルヘッジあり
    DXJT・・・日本のIT・メディア・電気通信サービス、米ドルヘッジあり

印象として独自のインデックスの指数に基づくETFが多い気がします。
後は、若干経費率が0.6%ぐらいと高めだなぁという印象。
ちょっと別の回で他のETFと比べてみたいなと思います。
で、気になったのはやたら多い米ドルヘッジされた日本のETF。
これの推移の差がどうなのか見てみます。

スポンサードリンク
DXJC,DXJF,DXJH,DXJR,DXJTの5つを比較してみます。
いずれもデータを調べたんですが、生成されたばっかのようです。

wisdomtree.png

不動産と金融が好調のようです。

どんな企業含まれてるのか上位5つの銘柄見てみました。
DXJC・・・トヨタ、ホンダ、ファナック、新日鉄住金、日産
DXJF・・・三菱UFJ、住友三井、東京海上、オリックス、中央三井トラスト
DXJH・・・アステラス製薬、武田薬品、大塚製薬、第一三共、エーザイ
DXJR・・・三菱不動産、三菱地所、住友不動産、ダイワハウス、大東建託
DXJT・・・ソフトバンク、キャノン、日立、KDDI、NTTドコモ

う~ん普通にその分野の企業を選んでいるって感じがしますが。ただ、日本のETFでもこういうのはあまり聞かないので、それを海外ETFであるっていうのが結構面白い点ではあると思います。
その他のファンドも追って色々と比較してみようと思います。

ウィズダムツリーETFのまとめ記事

米国ETF売買手数料無料「ゼロETF」対象のウィズダムツリーETFについて、メリットやおもしろいと思うETFをまとめてみた
スポンサードリンク
よろしければシェアお願いします
フォローする
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/118-680bb87f
該当の記事は見つかりませんでした。