関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 読書 > 意外と音楽業界の将来はポジティブ?ヒットの崩壊を読んで
読書

意外と音楽業界の将来はポジティブ?ヒットの崩壊を読んで

hitnohoukai-170208.jpg

今の30歳前後の世代は小さい頃にシングルが20曲以上ミリオンセラーとなる時代を経験し、宇多田ヒカルがデビューしてまたたくまにスターへと上り詰めたのを小学生~中学生として見てきました。

そのためCDTVを楽しみにしながら見ていた時代と比較して、現在のオリコンの年間ランキングを見ておりますと何か違和感を感じる今日この頃です。

そんな昨今の音楽業界の現状を関係者に取材をし、それをまとめたのが柴那典氏のヒットの崩壊 (講談社現代新書)です。最近、経済誌なんかでも紹介されているのを見る印象です。

著者も書いていますが、様々な角度から取材を重ねて音楽業界の実情を解き明かすルポルタージュの印象でした。取材対象はある意味90年代のCDの売上ピーク時の象徴である小室哲哉から、いきものがたり水野良樹、オリコン、ビルボードジャパン、フジテレビ等の関係者へ行っています。

本を読み終わって音楽業界に関しては読む前と比較してポジティブになりましたね。

スポンサードリンク

タイトルとは異なり音楽業界は割とポジティブな印象を持った


確かにCDの売り上げが下がり、配信に関してもぱっとしない印象で先行きが見えないという印象がありました。しかし、ライブ市場に関しては活況が見られます。

カラオケランキングをみましてもCD売上全盛時を経験した40代から30代、20代と全く違うのですが、逆に百花繚乱という感じで色んなジャンルに広がっていて多様性があって面白いという著者の意見は一理あるなと思いましたね。

結局、これまでのように複製して売り出すパターンや大量の宣伝でごり押し的なヒットを作る手法がダメになったといっていいでしょう。ある意味月9が低視聴率なのはその象徴とも言えるのかなという気がしますね。多分これはドラマのキャスティングとかにもじりじりと波及していくんじゃないかと思います。

ヒット曲という意味でアニメ発のものもありましたが、最近の深夜アニメの売上をたまに見るとCDと同じ道をたどりそうな気配もちょっとあるような気がします。ただし、作品の舞台との連携等色々と変化があるように見えますけどね。

ヒット曲=CDが売れた曲ではなくなる


私と同世代のいきものがたりの水野良樹への取材で言及がありましたが、今後はCDが売れた曲=ヒット曲というかんじじゃなくなるんだろうなと。

例としていきものがたりの「ありがとう」が上げられてましたが、AKB48でもCDの売り上げは他に売れたのもあるけど「恋するフォーチュンクッキー」の知名度が高いように、老若男女皆が口ずさむような曲がヒット曲と定義されるようになるというのはなるほどと思いました。

確かに私が小学校か中学校の時か忘れましたが、帰宅途中の小学生がSPEEDの「White Love」歌ってんのを見たなと。こういう風に歌われる曲がヒット曲ってなるのかもしれませんね。指標化しにくいでしょうけど。

ある意味10代、20代のカラオケランキングで上位に顔を出しているボカロ関連とマクロスFってコンテンツは、今の20代~30代前半に与えた影響で2000年代後半の象徴するものなのかもしれません。来年続編出すマクロスは大変でしょうね。

2016年宇多田カムバック、SMAP解散で今後はどうなる?


2016年は90年代後半から2000年代を引っ張ってきた宇多田ヒカルがカムバック、SMAP解散と音楽業界で大きな出来事がありました。アメリカのiTunesチャートでもTOP3に入ったアルバムを聞きましたが、独特の雰囲気といいますか、母の死の思いが入った曲が多い印象でした。

この本に書かれてあるように、結局BABYMETALやPerfumeあたりにも共通するのですが、日本のアーティストが海外マーケティングを行う場合は、外国からとりいれたものではなく、日本独自に発展させたアーティストの方がいいのかもしれません。

水野良樹が洋楽ではなくCD売上全盛時の頃の曲から影響を受けたと言ってましたが、これから出てくる若い世代から世界に進出して活躍できるアーティストが出てくるかもしれないとポジティブに受け取りました。ただ、フェスとかテレビ局の大型音楽番組の増加はちょっと過熱している感がありますけど。

読みやすい厚さの本ではありましたが、今回の内容以外にも音楽史とかに言及した著者の本があれば買いたいと思いました。

スポンサードリンク
よろしければシェアお願いします
フォローする
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1188-16d34ec2
該当の記事は見つかりませんでした。