FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 資産状況 > 年始恒例 資産運用開始6年経過後の総資産推移を確認してみた
資産状況

年始恒例 資産運用開始6年経過後の総資産推移を確認してみた

sousisan-20180103.jpg

資産運用を開始して6年が経過しました。この間三十路に突入して色々と仕事でもプライベートでもあったわけですが、なんとか生き残ることができました。

今年で資産運用7年目に突入したわけですが、去年のように甘くはいかないと気を引き締める一方で、分配金再投資を開始しようと考えている基準の総資産にかなり近づきました。

昨年のような株高は望めないとしても、仮に円安が進んだりすると今年中の到達もありえそうなんですよね。トランプ政権になってから1ドル114円あたりにバリアが張ってあるようにもみえますけど。

ともあれ昨年終了時点で目的地までどれくらいなのか?昨年の資産増加幅はどれくらいと把握しておくことで、先の展望を考えるのにも役立ちます。

せっかく時間が取れる正月休みに資産の増加額を集計して表にしてみました。

昨年の記事 >> 資産運用開始5年経過後の総資産推移を確認してみた

さて、集計結果はどうなっているのか?

スポンサードリンク

総資産推移

sousisansuii-20180103.png

現金資産と投資資産を色分けしております。

昨年の株式市場は国内、先進国から新興国に至るまで好調でしたので、その風にのって赤の投資資産は一気に増加となりました。

投資資産の増加は2014年なみの大きさなのですけど、この時は為替が120円とかになった影響も大でした。比較的為替が落ち着いていた2017年に関しては株高の影響がかなり大きいウェートを占めています。

一方の現金部分もかなり増加した結果となりました。これは10月頃まで出張連発状態で、往復1500円とか2000円以上の交通費の出張が多かったのです。

ただ、それを通常の収入で賄えてしまったため、出張旅費がそのまま貯まっていく結果に。一気に現金部分も加速的に増えました。

このため現金部分は2017年に4割切るかと思われたのですけど、現金:投資=42:58ぐらいの比率となりました。投資部分はいずれ6割超えるでしょうけど、引き続き現金部分の増加は継続させていきたいですね。

分配金収入推移

bunpaikinsuii-20180103.png

次に分配金の推移。為替ではなく増配の効果が抜群で一気に伸びました。

ただ、今年でNISA5年目となります。ロールオーバーするかしないかで結構違うのは、税率が10%から20%に上がった2014年の減少を見ても明らか。

この判断をどうするか、将来のことも考えて決めたいと思います。そもそも120万の現行NISA以外の制度も今後どうなるのか不透明な感じになりますし。

つみたてにジュニアと数年おきに新しい制度ができているのを見たら、また別の制度が誕生しそうな気がしますけどね。

海外ETFの運用5年経過で、昨年夏頃に運用開始来の分配金の合計金額がボーナスの額面を超えました。有事の際の弾となる部分ですから、引き続き雪だるま方式で投資→増やすという感じで進めていきたいと思います。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1533-873c384b
該当の記事は見つかりませんでした。