関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 海外株式 > 米国株 > 次世代ビジネスモデルが評価されていたヘルスケア産業の米国上場企業
米国株

次世代ビジネスモデルが評価されていたヘルスケア産業の米国上場企業

helthcare-technology-20180201.jpg

現状の運用方針としては株式はディフェンシブにということで、特定のセクター(生活必需品、ヘルスケア)の比重を高める方針ですすめています。

生活必需品セクターに関しては、自分が使わないものもありますが、アメリカの企業の製品でもスーパーなんかでみかけるので、ある程度企業名をきくとわかることが多いですね。

ただ、ヘルスケアセクターに関してはよく知らない企業もありますし、風邪ひいたときや発疹がでたときに塗る薬なんか、こんな名前の製薬会社あるのか?ということもあります。

個人的にグロースの部分もあるヘルスケアセクターは今後のAI時代でどう変わるかを知りたくて、ヘルスケア産業の次世代ビジネスモデルについての書籍で記事にまとめました。


関連記事 >> ヘルスケア産業の次世代ビジネスモデルと最新戦略とは?

この中で次世代ビジネスモデルとして4つのタイプが上げられていました。

  • リーンイノベーター
  • 患者サービスイノベーター
  • バリューイノベーター
  • 新デジタル医療企業

じゃあ実際にこれらのモデルにとりくみ始めている企業ってどこよ?ということで、情報整理すつために、書籍のなかで名前が上がっていた企業をまとめてみました。

スポンサードリンク

リーンイノベーター

名前のあがっていた4社はいずれも製薬企業の要素が強かったですね。
    アラガン(ティッカー:AGN)
    テバ(ティッカー:TEVA)
    バリアント(ティッカー:VRX)

取り組みも製薬特化の方向性を示していました。

AGN-TEVA-VRX-SPY-VHT-5y-20180201.png

株価は次世代の戦略をとりこんでいいのかと考えて、S&P500とバンガードのヘルスケアセクターETF(ティッカー:VHT)と過去5年の期間で比較してみましたが、ヘルスケアセクターが全般的にガクッと下がった2015年下落傾向な状況ですね。

やはり薬価の問題や特許切れの問題が大きいということでしょうね。

患者サービスイノベーター


次に患者サービスイノベーターで上げられていてた企業をみてみましょう。

    ノバルティス(ティッカー:NVS)
    ジョンソン&ジョンソン(ティッカー:JNJ)
    バイオジェン(ティッカー:BIIB)
    アストラゼネガ(ティッカー:AZN)

バイオジェンのようなバイオ医薬品企業もありますが、医薬品の製造をなお重視しているが、付属サービス、アルゴリズム、解析法などを開発して、差別化を図ろうとしている企業です。

NVS-JNJ-BIIB-AZN-SPY-VHT-5y-20180201.png

同様に株価をS&P500、VHTと比較してみましたが、リーンイノベーターのような大負けしている企業はないですけど、ETFと比較するとやはり値動きが上下に激しいですね。

ジョンソン&ジョンソンの安定感はさすがといったところか。

バリューイノベーター


次にバリューイノベーターをみてみましょう。

    ボストン・サイエンティフィック(ティッカー:BSX)
    メドトロニック(ティッカー:MDT)

医療機器メーカーが中心で、患者および臨床アウトカムの改善を重視する方向です。

一部製薬企業もこのカテゴリとありましたが、例としてあがっていたボストン・サイエンティフィックにしろ、メドトロニックにしろ医療機器メーカーでした。

BSX-MDT-SPY-VHT-5y-20180201.png

この2社はS&P500やVHTにそん色ないパフォーマンスを見せています。これから先、ロボット医療が普及して、ロボットアームなどを使っての手術も増えていくと考えるのですが、医療器具というのはかなり強さを維持できるのではないでしょうか?

新デジタル医療企業


最後に新デジタル医療企業ですが、Amazonやらアップルやら、Google、IBMあたりの名が上げられていましたが、この企業が?という3社をピックアップしてみました。

    フィリップス(ティッカー:PHG)
    アテナヘルス(ティッカー:ATHN)
    クアルコム(ティッカー:QCOM)

PHG-ATHN-QCOM-SPY-VHT-5y-20180201.png

S&P500とヘルスケアに負けておりました。業種が違うとVHTに連動していないですね。

個別株で投資するには難易度は高めか


書籍で取り上げられているので、株価にも次世代ビジネス戦略の評価が反映されて・・と考えましたが、そういうわけでもなかったですね。医療機器メーカーは面白そうな印象をもちますけど・・

当り外れもありますし、特許切れの影響が大きかったりしますので、個別株で投資するには難易度は高めかなと考えます。

バンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(ティッカー:VHT)で小型株も拾っていく方が安全かなとあらためて思いました。

記事を書き終わった2日後にヘルスケア関連でビックニュースが!


Amazon、バフェット氏とJPMorganとともにヘルスケア企業立ち上げ

米Amazon.com、ウォーレン・バフェット氏の持株会社Berkshire Hathaway、銀行持株会社のJPMorgan Chaseは1月30日(現地時間)、3社の米国の従業員向けヘルスケア企業を立ち上げると発表した。
 米国には日本のような国民皆保険制度はなく、従業員の医療保険を企業が負担することが多い。新企業は、こうした負担を削減し、かつ従業員の満足度を高めることを目的とする非営利企業になるとしている。

Amazonがヘルスケアにも手を出そうとしている雰囲気がありましたけど、まさかバークシャーとJPモルガンと組んでくるとは。

おかげでバンガード・米国ヘルスケア・セクターETF(ティッカー:VHT)は前日比マイナス2%となりました。

CVSヘルスあたりは影響大なんじゃないですかね?
スポンサードリンク
よろしければシェアお願いします
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1566-d4bf2997
該当の記事は見つかりませんでした。