FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > i-mizuhoシリーズ再編に伴い、ファンド10本繰上げ償還・・東南アジア株式は海外ETFで自作しかないか?
海外ETF

i-mizuhoシリーズ再編に伴い、ファンド10本繰上げ償還・・東南アジア株式は海外ETFで自作しかないか?

i-mizuho-tounanasia-20180203.jpg

i-mizuhoシリーズというインデックスシリーズがありまして、オーストラリア株式や東南アジア株式に投資するファンドもあるため、SBI証券で取り扱い開始になったときに、投資をしようかと考えたこともありました。

関連記事 >> i-mizuhoシリーズSBI証券でも取り扱い開始

そんなi-mizuhoシリーズですが、他の格安コストファンドと比べて、みずほ以外への展開が遅れていて、資産規模も他のファンドと比較して小さかったですね。

そしてこのたびブラックロックがi-mizuho再編に乗り出して、10本のインデックスファンドの繰上げ償還と、i-mizuhoブランドもiシェアーズブランドに変更となりました。

公式記事:i-mizuho インデックスシリーズの 戦略的な見直しについて
参考記事:ブラックロックがi-mizuhoインデックスシリーズの戦略的見直しを発表

みずほフィナンシャルグループ名義の本でもNISAで使える的なよいしょも書いてたんですけどね。

関連記事 >> 主要インデックスファンドの総資産額

今年の4月に繰上償還されるを提案されたファンドは以下の10本です(※現時点では提案なので修正しました)。


    i-mizuho 先進国債券インデックス(為替ヘッジあり)
    i-mizuho 先進国インフレ連動債券インデックス
    i-mizuho オーストラリア債券インデックス
    i-mizuho ハイイールド債券インデックス(為替ヘッジあり)
    i-mizuho 先進国株式インデックス(為替ヘッジあり)
    i-mizuho 欧州株式インデックス
    i-mizuho オーストラリア株式インデックス
    i-mizuho 東南アジア株式インデックス
    i-mizuho 中国株式インデックス
    i-mizuho 先進国リートインデックス(為替ヘッジあり)

iシェアーズが乗り出してくるのでi-mizuhoがブラックロック、楽天がバンガード、SBIが一部バンガード、ブラックロックとSPDR、シュワブという感じで住み分けていくことになるんですかね・・

それにしても貴重な東南アジア株式インデックスも繰上償還となりました。

スポンサードリンク

東南アジアへ投資したいという需要はあると考えるんですがね


i-mizuho東南アジア株式インデックスの資産規模は10億をやっと超えたレベルですので、昨今の低コスインデックスファンドの登場でとどめをさされたという感じでしょうね。

とはいえ、1900年から100年あまりの株式リターンがアメリカを上回っているオーストリア株式なんかはまだ2億台の規模。ブラックロックがさじを投げたのもわからないことも。

関連記事 >> 1900年から2006年までの国別株式リターンで、アメリカを上回っているオーストラリアのETF(EWA)を調べてみた

中国や台湾に関しては中国こけるとのリスクが高い国ですから(日本、アメリカ、欧州も影響大ですけど)、人口の増加を考えると東南アジアに絞って投資をするのはサテライトだと面白いんじゃないかと。もちろん政情リスクやテロリスクもそれなりにありますけど。

ただ、新興国株式みるとVWOなんかは台湾含めると45%ぐらい中国に偏ってますので、それを補正するという意味でも東南アジアのファンドあるといいなと考えます。

i-mizuhoがなくなるとすれば、iシェアーズの各国株式ETF使って投資ということになりますね。経費率も0.6%台のものもあってコスト的にお高めですが・・

i-mizuho東南アジア株式インデックスをETFで再現してみた


i-mizuho東南アジア株式インデックスの国別の比率は2017年12月の報告書によると以下の通りです。

    シンガポール 33.7%
    マレーシア 21.5%
    タイ 21.2%
    インドネシア 16.5%
    フィリピン 5.6%
    キャッシュ 1.6%

業種別でみると金融が4割超えるレベルで頭抜けてます。

国別の構成で100%ではないので、キャッシュ分をフィリピンに組み込んでパフォーマンスがどうなるか確認してみました。

iシェアーズにはシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピンの単一国に投資するETFがあるので、それを使ってi-mizuho東南アジア株式インデックスをおおよそ再現したのが以下のポートフォリオ。

tounanasia-port1-20180203.png

次にベトナムないのおかしくね?と考える私のような人間もいるので、ベトナムETF(ティッカー:VNM)含めた6カ国で均等型も作成してみました。

tounanasia-port2-20180203.png

上記2つのポートフォリオをバンガードの新興国株式ETF(ティッカー:VWO、ポートフォリオ3)とS&P500のインデックスと比較してみました。

tounanasia-return-20180203.png

新興国株式のパフォーマンスはやや似通った形になってますが、東南アジアの限定の方がややボラティリティは低い印象ですね。

リバランスありのパフォーマンスをみてみますと・・
tounanasia-performance-20180203.png

VWO単騎のポートフォリオ3よりも東南アジアに絞っている方が過去7年程度の期間ではパフォーマンスがよいですね。ベトナムの有無と均等化は余り差になっては現れてないですね。

単年別で見ると、新興国全体>東南アジアになってる年もけっこうあるんですけどね。

tounanasia-annual-return-20180203.png

大手ネット証券で購入可能なETFで投資する投資をするとどうなるかみてみましたが、魅力のある地域名だけにどこか差別化戦略でインデックスファンドだしてくれたら面白いと思うのです。

ただ、i-mizuhoのなかでは人気があった方とはいえ、3,4年で10億程度しか資金流入しないのをみせられると他の運用会社もしり込みしそうですね・・
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1570-b25167a8
該当の記事は見つかりませんでした。