FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > オススメ本 > 投資関連本 > エネルギー産業の会社の変革は必須。エネルギー産業の2050年を読んで
投資関連本

エネルギー産業の会社の変革は必須。エネルギー産業の2050年を読んで

energy-2050-utility3-20180209.jpg

数年前の毎週末雪が積もってた年以来の寒い日が続く状況で電気代が上昇中です。

さすがにここまで上がるんか?レベルに達しているため、何かよい方策はないかと来年に向けてという意味でも色々と実験中です。

こういう状況になりますと、電気代もう少し安くならないのかなと。

環境面に優しいということを考えて太陽光という話が一時期盛り上がりましたが、九州の台風の通り道の山の斜面に設置しているのを結構な場所でみたため、本当に環境面に優しいエネルギーってなんぞや?と考えます。

そんなエネルギー関連の書籍で、東洋経済に載っているAmazonの書籍ランキングでも上位に来ているエネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジが気になったので買って読んでみました。

この本の肝は東電の社員2名を含めて、電力はどのように変わるのかを利用者側、事業者側の双方の観点から解説しており、今後の原子力発電のあり方についても言及しているところですね。

現状火力でまかなえてたとしても、台湾や中東でなにかあったときに石油が輸入できない事態は十分に想定されます。

関連記事 >> 石油の「埋蔵量」は誰が決めるのかを読んで

以前書きましたが、投資のポートフォリオ的なものをエネルギー政策として構築する必要があるんじゃないかということを再認識させてくれた本でもあります。

個人的に印象に残ったのは以下の3点です。

スポンサードリンク

電気事業のあり方に影響を与える5つの要素


今後の電気事業のあり方に影響を与える要素として5つ上げられていました。

  • 人口減少
  • 脱炭素化
  • 分散化
  • 自由化
  • デジタル化

すでに自由化に関しては進みつつあるのですけど、人口減少については過疎化でインフラの持続性の問題が起こること、そして脱炭素化は世界的な潮流となっているため、日本にとっては国をあげて対策が必要になるなと。

対策案として分散化の項目に該当する分散型電源の普及になります。日本の太陽光発電の現状も公平に書かれていてわかりやすかったです。

蓄電技術の向上と分散型電源が指数関数的に普及は期待できるという記載は納得できました。日本企業はソーラーではなく蓄電技術にビジネスがあるのではないかなと。

あとは、デジタル化の面では家電が消費量を表示できたり、電力が必要な場所への送電とかIoTがらみの技術が進むと、生活面での利便性は将来的に変わるなぁという印象をもちましたね。

2050年のエネルギーの未来


巻末のあとがきに2050年のエネルギー戦略が書かれていました。

  • 既存の基幹エネルギーをBER、再生可能な分散型新エネルギーをDER、貯蔵系をSとし、2050年にはBERの減少分をDER+Sで補完し、さらに拡大して対応する。
  • ピークの対応はIoTの技術活用とEVの蓄電機能を活用して対応する。

個人的には納得のいく内容でした。2050年に人口減少は進むとはいえ、予測では9700万人いるわけで、ヨーロッパの主要国よりも人口が多いわけです。

一気に国のエネルギー政策を変えるというのは多方面に影響が大で現実的ではないでしょう。2050年ぐらいを目標にエネルギーのポートフォリオを変えながら変えていくのが良いのではないでしょうか?

電力・ガス会社はビジネスの変革が必須


この本では、電力会社や電化が進む公算が高く影響を受けそうなガス会社は、製造会社からサービス提供会社への変革の必要性の提案がされています。

電力会社でも電力を売るのではなく、利用者が求めるサービスを提供するようなサービス提供会社に変わるべきと。

分散型電源の拡大と蓄電技術の向上が進むとなるとそれが現実的な解でしょうね。

となると国内外の公益事業セクターの企業は合併や業種転換を含めてかなり変わっていくでしょうし、変わらないと生き残れない可能性が高い会社も結構あるんじゃないかという印象をもちました。

インフラは生活で必要不可欠なものですし、そういう意味では日本でも合併で規模が現状よりもでかい会社ができたり、サービス提供会社への転換する可能性を頭の片隅に置いておきたいですね。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1573-dcea3095
該当の記事は見つかりませんでした。