FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > 資産状況 > ポートフォリオ > リスク資産は前月比3%増。2018年4月終了時点資産状況
ポートフォリオ

リスク資産は前月比3%増。2018年4月終了時点資産状況

portfolio-198.jpg

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)が昨年以来売れていますし、人生100年時代とか、定年80歳とか意識されつつある時代なのかなと思います。

とはいえ会社で遭遇した事例を見ると働くってなんぞやと思う事例がありました。

人づてに聞いた話なのでやや誇張も含めれてる印象でしたが、定年まで2年を切った人が病気で倒れたそうなんですね。ほんとうに命に係わるレベルで、なんとか手術は成功していまは入院中。

いまのところ本人は復帰予定で、本人が望めば定年後再雇用の資格があるのですけど、仮に自分がそういう状況に置かれた場合にどうするかなと考えさせられました。

退職金は満額出る状況で病気を抱えてまで仕事をするのかなと。

もちろん家庭の事情とかいろいろとあるのかもしれませんが、仕事内容を聞く限りとても楽ではない。今後どうするのか今後の動向を見守りたいです。

自分の身体を大事にしないといけないと思うと同時に、仮に20年後自分にとっての仕事ってどういう立ち位置であるべきかを今後は考えていかないなと思いました。

まぁ、理想はそれまでに十分な資産を築いていればリタイアもというスタンスは視野に入れておきたいですね。

さて、本題に戻りまして2018年4月終了時点の資産状況を確認してみます。

スポンサードリンク

2018年3月終了時点のポートフォリオ


portfolio-20180501.png
port180501.png

為替が円安方向に動いたため、リスク資産、総資産ともに増加となりました。

リスク資産は約3%増加で、総資産に関しても2%程度の増加となっていますが、1月のピークにはまだ遠い状況です。

1月は前月比でボーナスの金額に匹敵するレベルで上がっていたのは今を思うと上がりすぎだなと思いますね。

各リスク資産の比率としては、先進国株式の比率が年始の比率に近づいてきました。

先進国債券の核になってるバンガード米国トータル債券市場ETF(ティッカー:BND)が、米国金利の上昇の影響で節目の80ドルからは遠い状況が続いています。

円安が進みましたが、先進国債券の比率が下がってる状況を見ますと、来月の夏のボーナス枠での投資は債券の比率を増やしておこうかなと。

とはいえ株式も1月末の高い状況はまだ超えてない状況ですので、株式への投資の比率はそこまで下げなくていいのかなとも考えています。

ボーナスの査定には期待しておりませんが、可能な限り投資できるよう家計も含めて1カ月いろいろと考えたいと思います。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1661-d27842ab
該当の記事は見つかりませんでした。