FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住のアラサー福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
スポンサードリンク
Top Page > オススメ本 > 投資関連本 > もうインデックス投資でいいんじゃねという気がしてくる。インデックス投資は勝者のゲームを読んで
投資関連本

もうインデックス投資でいいんじゃねという気がしてくる。インデックス投資は勝者のゲームを読んで

common-sense-investing-20180601.jpg

バンガードの創業者である、ジョン・C・ボーグルの本は、マネーと常識をブログを始める前に読んだ記憶があります。


とはいえ、5年以上前になりますので内容的にも忘れている点があるというのが正直なところです。

そしたら、パンローリング社からインデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法という改訂版が出てきました。


データも最新化されているようですし、当時の今後10年の予測が、今回は2017年から今後10年の予測にアップデートされていますので、買って読んでみました。

バンガードの創業者ジョン・C・ボーグル「米国株のリターンは今後10年で年6%程度まで下がる」 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

バンガードの創業者である、ジョン・C・ボーグルのインデックス投資は勝者のゲーム──株式市場から確実な利益を得る常識的方法の最新版を読み終えました。...


一番印象に残ったのは今後10年で米国株式のリターンが年6%程度まで下がるという9章で、これに関しては先日記事にしました。

それ以外にも印象に残った点はありましたのでまとめてみました。

スポンサードリンク

とにかく低コストのインデックスファンドの優位性を説く本


本の中心となるのはとにかく低コストのインデックスファンドの優位性を説いた形となっています。

インデックスファンドに特化したポートフォリオこそが、株式市場のリターンから公平な分け前を効率的かつ確実に獲得する唯一の投資戦略であると。

そして各章の間に「私の言葉だけを信じる必要はない」ということで、マンガーやバフェットがボーグルやインデックスファンドを称える言葉が掲載されています。

とはいえなかには以下のような、ボーグルが他者に突っ込んでいるパターンも含まれています。

ジム・クレイマー「生涯にわたって銘柄選択をしてきたが、インデックス運用を推奨するボーグルの主張を聞くと、彼を打ち負かそうとするよりも、彼に賛成したくなると認めざる得ない。ボーグルの知恵と常識は、この常軌を逸したような株式市場への投資方法を見出そうとする者たちには絶対不可欠なものである」(いまのところ、クレイマー氏は自身のアドバイスに従ってないようである)

「市場全体に対する価値に応じて各銘柄を保有することで最大限の分散が図られる。後知恵に惑わされ、過去を曲解し、勘に頼り、同じゲームに取り組むほかの投資家を出し抜こうとする。市場に打ち勝とうとする者のほとんどが悲惨な結果に終わる。」(シーゲル博士が1994年に著した第一版から印象したものである。彼がここ変わりするのは自由だと思うが。)

11章平均回帰


11章の平均回帰についても印象に残りましたね。

昨日の勝者は明日の敗者ということで、モーニングスターのレートでいいものを買っても10年後に同じレートのものは14%にしかすぎず、ファンドのパフォーマンスは平均に下記するということを説明しています。

だからこそインデックスファンドを選びなさいということになるのですけど、平均回帰については個別株に関しても該当するんじゃないかと思うんですよね。いまいいからといって好調さが先まで続くとは限りませんし、企業として成熟すると成長も緩やかになっていくでしょうし。

それと平均回帰は仮に株価が大きく下落したときに、いずれ平均に回帰すると考えて投資を継続するのに役立つ思うんですよね。


レイ・ダリオは「経済は機械のように動く」と言ってますし、長期投資をするうえでとても重要な考えじゃないかと。

ETFとセクター投資について


最後に自分の投資手法で使ってるETFとセクター投資についてボーグル自身は否定的でしたね。賢明なる投資家にはインデックス運用にとどまるように強く求めると書いています。

バンガードがETFを増やしている方針にも不満があるのかもしれません。

ただし、ETFに関しては取得後長期にわたり保有し、トレードを行わない限り悪いことではないとも言及しています。

また、各セクターETFへの投資に関しても、今日もっとも人気のあるセクターファンドとは直近のパフォーマンスが優れていても、そのような成功は平均回帰して続かないと。

ディフェンシブセクターである米国バンガード生活必需品ETF(ティッカー:VDC)ですらバンガードのサイトではリスク5になってるのは不思議と思っていましたが、ボーグルの考えが反映されたものなんだろうなと思いました。

VDC-risk-20180601.png

とはいえ本を読み終わった限りでは、ほかのETF同様セクター別投資するにせよ長期でホールドしたほうがよいという解釈もあるなと思いました。

まとめ


洋書の翻訳だけに難しい文章になってる感もありますが、積立投資を行うのであれば読んでおいて損はないかと思います。

地方銀行はコストの高い投資信託を売る傾向に変わりはないので、その前にわれわれの親世代に読んでおいてもらいたい本でもあります(私の親は某選べば〇銀からなぞの投資信託売られてます)。また、投資を始める前に読むのも個人的にはお勧めしたいですね。

個別株とかETFに投資をしている人でも読むと、インデックスファンドでいいんじゃないかという気がしてくる本でもあります。

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

2 Comments

yazirobe777 says...""
こんばんは

パンローリング社にしては1800円+税なので内容通り低コストですね。(笑)
つい購入してしまいました。

内容は強力なアンカーで読むと確かにインデックス投資でいいんでない・・・になります。(イデコで世界株と世界債券を半々持てば終わりな感じです。訳者もそんな運用でしたっけ・・・)
株と債券のアセット、これからの見通しなど自分と近い考えなので勇気つけられます。また、計算は安全の母というのは納得です。

だだ、米人投資家向きの本なので制度や税制は日本違うのと勧めるインデックスファンドも日本ではアメリカにくらべまだコストが高く、批判的なETFの方がまだコストが安い物が多いのでその点は考慮が必要だと思います。

F銀で投信の話は似たケースは多いでしょう。叶うならその前には一読すべき本でしょう。
天神のF銀本店ビルを見てこの立派なビルのコストはどこからくるのか考える必要はありそうです。



2018.06.07 22:26 | URL | #- [edit]
garboflash says...""
yazirobe777さん。コメントありがとうございます。

たしかにパンローリング社の書籍の割には低コストですね。最近は4000円台の本は減っているようですけどね。

>だだ、米人投資家向きの本なので制度や税制は日本違うのと勧めるインデックスファンドも日本ではアメリカにくらべまだコストが高く、批判的なETFの方がまだコストが安い物が多いのでその点は考慮が必要だと思います。

ウォール街のランダムウォーカーなんかもどうしてもアメリカの制度を前提に書かれているので、その辺を考慮する必要はあるでしょうね。

>F銀で投信の話は似たケースは多いでしょう。

資源価格が下落した数年前にオーストラリア関連を売りつけてたんですよね。一応eMAXISも取り扱っているようですが、親にとっての息子と同じような世代に勧誘させたりしているのでなんだかなぁと思います。
2018.06.09 07:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1690-5f6c8a95
該当の記事は見つかりませんでした。