FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > バンガードETF > SPDRの米国株(SPTM)や米国外先進国株(SPDW)をバンガードのETF(VTI、VEA)と比較してみました
バンガードETF

SPDRの米国株(SPTM)や米国外先進国株(SPDW)をバンガードのETF(VTI、VEA)と比較してみました

VTI-SPTM-VEA-SPDW-20180715.png
SPDR S&P500 ETF(ティッカー:SPY)などでおなじみのステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)からあらたに低コストのETFの取扱いが大手ネット証券でも始まりました。

ステート・ストリート(SPDR)から超低コストETF18本が登場したので、iシェアーズやバンガードのETFとコストを比較してみた - 関東在住福岡人のまったり投資日記

ここ数年バンガードやiシェアーズの米国籍のETFで、新規取り扱いの開始がない状況が続いていますが、第3勢力的な立ち位置であったステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ社(SSGA)が動いてきました。米国上場の「超低コストETF」18本の新規取り扱い開始となりました(※マネックス証券とSBI証券では確認済)。...


S&P500 ETFや米国セクターETFでもバンガードやiシェアーズの後塵を拝していただけあって、コスト面では両社を超えるレベルのETFも購入可能になっています。

米国高配当株式や新興国株式に関しては、iシェアーズとバンガードとSSGAの3つ巴状況ではあるのですが、iシェアーズの低コストETFであるコアシリーズの一部は日本の大手ネット証券では取り扱いがないETFもいくつかあります。

そのため米国短期債ETFなんかは、バンガードとSSGAの一騎打ちみたいな状況です(今後、iシェアーズのETFの取扱いが増えるとみつどもえになるのでしょうけど)

今回取り扱いが開始になったSPDRのETFのうち、米国株のSPDRポートフォリオ米国トータル・ストック・マーケット ETF(ティッカー:SPTM)や米国外先進国株のSPDRポートフォリオ先進国株式(除く米国)ETF(ティッカー:SPDW)はバンガードの同種のETFよりもコストが安くなっています。

ただ、コストが安いからといってコスト以外の差が埋めがたいものであれば、飛びつく必要は全くありません。

バンガードとSPDRのETFでどの程度ちがいがあるのか?米国株と米国外先進国株のETFを比較してみました。

スポンサードリンク

米国株ETF(SPTM、VTI)を比較

SPTMとVTIの詳細比較


まずは米国株ETFから。SPTMは米国トータル・ストック・マーケットですから、比較対象はバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(ティッカー:VTI)です。

経費率などの項目を比較すると以下の通り。

ティッカーSPTMVTI
経費率0.03%0.04%
保有銘柄数27663603
配当率1.57%1.25%
PER25.7826.34
総資産額$2.32B$100.34B
※B=Billion(10億)

銘柄数、配当率も差がありますね。銘柄数に関してはこれだけ分散していたらあまり関係ないかもしれませんが。

では、ETFの中身はどうなっているのか?

SPTMとVTIのセクター構成比較


2つのETFのセクター別の構成比率を調べてみました。

SPTM-sector-20180715.png
VTI-sector-20180715.png

構成のセクター別の比率でほとんど差のない状況ですから、投資対象は同じといっていいでしょうね。

ちなみに構成上位10社を比較しても同じですし、比率で2%を超えているアップル、マイクロソフト、Amazonの3社の順番も変わりなしという構成でした。

SPTMとVTIのパフォーマンス比較


だいたい同じパフォーマンスになるのではないかと想像できるわけですが、とりあえず運用期間が2000年からということで焼く18年ぐらいの期間で見てますと、リーマンショック後からVTIの方がパフォーマンスがよいです。

SPTM-VTI-18y-20180715.png

ただ、過去10年で見るとパフォーマンスはほぼ一致でした。

SPTM-VTI-10y-20180715.png

比較する限りコストが0.01%程度の差であれば、いまVTIに投資してる人はわざわざ乗り換えなくてもよいレベルなのではないかと考えます。

米国外先進国株ETFを(SPDW、VEA)を比較

SPDWとVEAの詳細比較


次に、SPDRポートフォリオ先進国株式(除く米国)ETFも調べてみました。SPDWは米国外先進国株式ですから、比較対象はバンガード・FTSE先進国市場(除く米国)ETF(ティッカー:VEA)です。

経費率などの項目を比較すると以下の通り。

ティッカーSPDWVEA
経費率0.04%0.07%
保有銘柄数16853881
配当率2.51%1.80%
PER15.7115.76
総資産額$2.84B$70.99B


経費率の差は0.03%と多めで、配当率もSPDRの方が高い。

銘柄数はVEAの方が倍以上になっていますが、PERはほぼ同じ値でした。

SPDWとVEAの国別構成、セクター構成比較


では、ETFの中身を比較してみましょう。投資対象が米国外先進国で国の分散を行っているので、国別とセクター別の構成を見てみます。

SPDW-country-20180715.png
VEA-country-20180715.png

国で比較すると日本の組み入れ比率が1%くらい違いますが、ほぼ差がない状況。順番もオランダと香港が入れ替わってるぐらいです。

SPDW-sector-20180715.png
VEA-sector-20180715.png

セクター別の構成はほぼ差がないという結果でした。

SPDWとVEAのパフォーマンス比較


SPDWには小型株が組み込まれてるので、パフォーマンスに差はないと予測されますが、過去10年でパフォーマンスを調べてみました。

SPDW-VEA-10y-20180715.png

ややバンガードのVEAの方がパフォーマンスがよいという結果でした。ただ値動きは同じなのでこの2つのETFもコストと資産規模以外はさほど差のないといっていいのではないかと。

まとめ


SPDRの米国株と米国外先進国のETFをバンガードのETFと比較してみましたが、パフォーマンスなどの差はほとんどないという結果になりました。

資産規模や出来高の差はあるので、同じパフォーマンスならコストでという印象をSPDRのETFからは感じます。

とはいえバンガードもコスト面では黙っていないでしょうから、近いうちに経費率値下げがあるんじゃないかと。だから、コストが安いからといってすぐに乗り換えはしなくてもいいんじゃないかと考えます。

SBI証券とSSGAはEXE-iつみたてシリーズでつながり深いのですが、マネックス証券のゼロETFみたいな売買手数料無料をやるとしたらSPDRのETFだったら面白そうですけど。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1738-2186e014
該当の記事は見つかりませんでした。