FC2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > セミリタイア > 年金が減額されると仮定して、副業なり投資なりで将来的に確保したい収入は月7万~8万円?
セミリタイア

年金が減額されると仮定して、副業なり投資なりで将来的に確保したい収入は月7万~8万円?

coins-1523383_1920.jpg

残業規制や作業効率化を求められる状況が年々強くなってますので、これから先に収入増というわれわれの親世代とは異なるライフプランが必要となりそうな状況です。

一つの収入だけでは確保できないからこその副業をしよう、投資をしようという話になってきます。

ここで気になるのが、実際のところ年金以外でどれくらい必要なのか?という話なのです。

年金破綻でゼロと煽る人もいますが、それはちょっと現実的ではないような気がするんですよね。ゼロになったらいくら日本でも暴動が頻発するでしょう。

元経済産業省完了の宇佐美氏著書「逃げられない世代」によると、年金の減額は間違いなく、現役時代の3分の1強の収入しか得られないと著書で述べています。

「逃げられない世代」は、20代30代が将来の年金や安全保障について考えるきっかけとなる本 - 関東在住福岡人のまったり投資日記

最近は投資系のブログでも日本オワコン的な感じのことを書いてるブログがあるようですが、これは投資だけでなく経済関連でもそういう本や意見って出てますよね。本を売るにはブログ同様にタイトルで煽らない売れないわけで、Vやねんタイガース的な日本復活という意見から、日本はアメリカに侵略されてしまったとか、このままではハイパーインフレと極端でもっと中立的にみれんのかと思います。まぁ、それぞれ意見を言ってる人のバ...

もちろんインフレ率や積立金の推移などを加味しないと年金の財源は単純に語れるものではないのですが、宇佐美氏は70歳年金支給開始で、現役時代の50%の所得を確保するためには15~25%確保する術を持っておかないと説いています。

収入源の確保という意味で、人口が減って人手不足は確保するので高齢者になっても確約できる場はあると書いてありましたが、寿命が90ぐらいまで伸びるといっても、いまの70代を見ると働ける健康状態をキープできるかというとやや疑問。

となるとあらかじめ稼いで資金を確保しておいたり、投資なりで収入を確保するというのも解の一つになるかと思うのですが、ではいくら確保するかというと7万~8万という数字が見えてきます。

スポンサードリンク

平均的な手取り収入や給与年収から算出する年金収入


現役期間の可処分所得のうち何%を年金としてもらえるかという指標の所得代替率は60.9%ですが、出生や死亡の前提が変化した場合でも法律で50%を加減とすると定めています。

とはいえこの所得代替率50%というのは一般会計から毎年の税金の投入ですので、32%まで下がるため、現役時代の3分の1程度ではないかと宇佐美氏は想定しています。

じゃあ日本の平均的な手取り収入はというと35万円弱。

これが夫婦世帯で計算すると、額面で男性が521.1万、女性が279.7万ですので共働きであれば、源泉徴収を除いた手取り率80%で計算すると640万となります。

所得代替率が32%ですので、単身でだと月々11万、平均的な共働き世帯で月々17万となります。

現役時代の15~25%程度収入から考えても7~8万は一つの目標値となりそう


高齢者世帯の平均支出は家計調査によると25万円だそうです。

現役時代の半分の収入と考えますとあと共働きで25万まであと8万になりますし、単身世帯も平均的な手取り月収が35万となると11万なので残り7~8万。

宇佐美氏は本の中で現役時代の15~25%を確保せよと書いてますが、この比率を当てはめると単身だと5.25万~8.75万、共働きで8万~13万。

共働きですと1人あたりに換算すれば半分になりますので、それを考えると月7万~8万あたりが一つの目標値になるかと考えます。

もちろん各家庭によって条件も変わってくるでしょうし、セミリタイアするのであるならば前倒ししてもっと多くの金額が必要になります。

とはいえこういう金額が見えてくると副業なり投資なりでの目標金額も明確になるんじゃないでしょうか。

投資の配当や取り崩しで目指すとなると数千万は必要か。


いまの20代や30代が60歳や70歳になるころの副業となる仕事はなにがあるかというとわからないという話になります。宇佐美氏の意見では90歳ぐらいまで寿命が延びるとの見解です。

となると確実に続いてそうなのは投資になるかなと。

仮に配当で目指すとすれば月7万~8万だと年率3%の配当だと2800万~3200万が目指す総資産になるかなと。

配当をまったく考えずに取り崩していくとなると、仮に70歳から90歳で月8万必要と見積もれば1920万。だいたい2000万になりますね。

これが70歳リタイアの仮定ですので、従来の60歳となるともっと必要になるでしょう。

また、リスク資産は3割~最悪半分という可能性もあるので、バッファとして現金部分も積上げておくという考えも有りでしょう。

資産運用は着実に積上げていくものですから、個人的な願望のセミリタイア目指すなどの条件を入れてくと、少なくともまずは数千万→5千万を目指すということになるかなと。

今回記事のために計算してみますと7年近くの運用で、ひとまずの目標値までそれなりに近づいてきたのが実感できました。

まずはピラミッドを上へ上へと大きくしていくように、資産を増やしていきたいと考えます。

資産運用はピラミッドを作るイメージで進めたい - 関東在住福岡人のまったり投資日記

先週ボーナスが振り込まれましたが、私は毎月初めとボーナスが入った時には銀行の通帳に記入しに行きます。無論休日引きこもらず運動するというのもかねているわけですが、もっている口座の残高をある程度把握するという目的もあります。ちょうど週末に記入して帰ってきて整理していると5年前の銀行通帳が出てきました。銀行通帳に関してはここ5年投資に回した金額の方が多いのですが、それでも増えています。過去の通帳も見てみま...

スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1765-831b127a
該当の記事は見つかりませんでした。