fc2ブログ

関東在住福岡人のまったり投資日記

関東在住の三十路福岡人が海外ETF、インデックスファンド等の投資について語ります
MENU
【スポンサーリンク】
Top Page > 海外ETF > バンガードETF > 2014年度NISAのロールオーバーの手続きを開始しました
バンガードETF

2014年度NISAのロールオーバーの手続きを開始しました

NISA-rollover-20181006.jpg

NISAのロールオーバーの手続きは今月からできたはずとうっすらと覚えていたのですが、ここ2週間忙しくてメールを見た記憶がない状況。

なんとかこぎつけた3連休中に2014年分のロールオーバーの手続きを進めました。

わたしはSBI証券を使ってますけど、ロールオーバーに関しては以下のサイトにまとめられています。

NISAロールオーバー/課税払出しのお手続き方法

売却する選択肢は書いてありますが、2014年分だけ売却のやり方はできんのかなと読んでいて疑問には思いました。

ちなみに非課税期間内にロールオーバーするにしろ、売却するにしろ以下の期限があります。


  • 非課税期間内に売却する→2018/12/25(火)までに売却が必要です。(約定日ベース)
  • すべて課税口座に払い出し→特定口座に払い出したいが、未開設の場合は開設が必要。
  • 2019年のNISA口座にロールオーバーする→お手続き書類の請求と返送が12/7

課税口座に払い出しの場合は特定口座を開設していれば特定口座、一般口座選択した場合は手続きはありません。

一方で、ロールオーバーをする場合にも、年末時点で同一の証券会社にNISA口座が開設されている必要があります。

今回行った手続きに関してまとめてみました。

スポンサードリンク

SBI証券でのロールオーバー手続きの進め方


SBI証券で手続きを行う場合は、ログイン後に口座管理→口座NISA→ロールオーバーで進むとロールオーバーを行う画面に来ます。

kokyakujyouhou-20181006.png

現状の自分の特定口座とNISA口座がどうなっているかを確認して上の2つが問題なければしたのロールオーバー/課税払い出し銘柄選定へを選んで次に進みます。

rollover-20181006.png

次の画面で各銘柄のロールオーバー/課税払出しを選択できます。

選択肢に「NISA預り」「特定預り」「一班預り」があり、デフォルトは「NISA預り」になってます。個別に設定は可能ですし、一括設定も可能になってます。

申し込みを行った後は、数日後書類が送られてきますので、これを返送して完了です。12月上旬期限ですので、ロールオーバーをするのであるならば、11月中には返送まで終わらせておいた方がいいと考えます。

ロールオーバーの手続きでNISA口座の年度別のパフォーマンスも確認できることを今更知る


ロールオーバーの手続きをしていて気づいたのですが、NISA口座の年度別パフォーマンスって、NISA管理口座で配当を含めた年度別のパフォーマンスって確認できるんですね。

いままで外国口座と配当金のメールが来たときに電子交付書面のPDFを確認していたので見てなかったんですよね。

今更知ったのかという話なのですが、NISA投資5年のうち2017年と2018年分のNISAは、まだ投資して1年経ってない部分があるのですけど、2014年から2016年の3年分はそれなりに時間が経過しています。

債券の比率も高いのもあるのでしょうけど、為替の影響は大きいなと。

1ドル120円台の期間があった2015年の時価評価額(評価損益)のパフォーマンスはよくないなと。まぁ、ロールオーバーしてもどう転ぶかわかりませんが、非課税は大きいので引き続きNISA枠を使っていきます。

株高の恩恵も受けてるのもあるのでしょうけど、今回ロールオーバーした2014年分のNISAはいまのところ、2019年のNISAで追加投資の枠は発生しそうにありません。

NISAの制度は使い切った方がよいと考える


つみたてNISAを始める人もいるでしょうけど、現状の税制の動向で聞こえてくるニュースを見るとこのまま既存のNISAを使い続けた方がよいと考えて、ロールオーバーを選択しました。

というのも来年2019年に消費税の増税が予定されていますが、それ以外に株式の配当や売却益への増税を検討というニュースもときどき聞きますからね。

正直、新聞に対して軽減税率を適用しない方が先だと考えますが、株式関連の税制も今後変更される可能性は高いと思います。

NISAが登場したのも配当課税が10%→20%になったのが契機ですし、まだ5年経ってないのに、ジュニアNISAとつみたてNISAと3つの制度が並立している状況。

近い将来配当課税の制度が変更された場合、また新しいNISAβ的な制度ができるんじゃないかと

先週の三菱UFJ国際投信でNISAの恒久化について質問してみましたが、恒久化の要望は出してるけど、金額とかつみたてNISAの金額増額などの話はわからないとのこと。

三菱UFJ国際投信のブロガー・ミーティングに参加してきました - 関東在住福岡人のまったり投資日記

eMAXISシリーズの三菱UFJ国際投信がブロガー・ミーティングを開催するということで昨日参加してきました。...

このまま行きますと、5年経ちますと2014年分を特定口座に移すことになるので、そのときに新しい制度を含めて魅力的な方を選ぶというのがよいのではないかというのが、個人的なNISAに対するスタンスです。
スポンサードリンク
↓よろしければ応援・シェアお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ
フォローする

更新情報を受け取る
follow us in feedly
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://garboflash.blog.fc2.com/tb.php/1826-ba34ddbf
該当の記事は見つかりませんでした。